間抜けな俺様男の話。。。

 

とある会社に、人を怒鳴りつけ従える、

まるで、ゴミクズクズ男のような男がおりましたとさ。

 

 

その男、誰になんと注意されようとも

決して態度を改めようとしない困った男だったそうな。

 

 

ある日、堪忍袋の緒が切れた上司が、

 

『お前!いい加減にしろ!!!!』と怒鳴ったらしい。

 

すると、

『俺のこと怒鳴るとか、いい度胸ですね。

 いいですよ。

 こんな会社辞めてやるんで。

 

 前から辞めようと思ってたんで、

 会社作ったんですよ。

 

 そっちをやるんで、今日限りで辞めます。

 

 あ、皆もこの会社嫌だよね?

 良かったら、俺の会社にどうぞ。

 ここより好待遇で採用するよ』と偉そうに言い、

その男、その日で退職したんだとさ。

 

 

ところが、待てども待てども

誰からも転職の相談がなかったそうな。

 

男はおかしいと思って、

元いた会社の人に連絡を取ったらしいが、

誰も転職しようとしなかったそうな。

 

 

 

そこで彼は、やっと自分が嫌われていたことに気がついたそうな。

今まで自分の言うことを皆が聞いてくれたのは、

言うことを聞かないと怒鳴られて嫌な思いをするから

だから、聞いていただけだと理解したんだとさ。

 

 

さらに、『それは正論だ』と言われるのは、

実は悪いことだということにも気がついたんだそうな。

 

 

 

 

 

でも、自分の悪い部分に気がついた時には

時すでに遅し。

 

 

自分の周囲には人っ子一人残っておらんかったそうな。

 

 

ゴミクズクズ男、

お前もいずれ、この男のような経験をするんじゃろうか。

 

 

人の振り見て我が振り直せ

 

 

これ、ほんとうに大切。

わしも失敗せんように、

肝に銘じておこうと改めて思ったんじゃ。。。。。