異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

人に好かれる条件は、『常に笑顔で、人を否定する発言をせず、怒鳴らず、穏やか、気配り上手、自分の意見を言ってるようで言っていない人』なんだそう。。。

 

人に好かれる条件は、

『常に笑顔。怒らない、怒鳴らない。

 人を否定しない。侮辱しない。

 穏やか。気配り上手、思いやりがある。

 自分の意見を言ってるようで言っていない人』等。

 

 

他にも好かれる条件はまだまだあるけれど、

上記に書いたことに、

1つもクズ太郎は当てはまらない。

 

『常に無表情か、怒った顔。

 自分の思い通りにいかないとすぐに怒る。怒鳴る。

 人を否定する。面と向かって侮辱発言をする。

 常に人のあらを探している。

 自分の思ったことだけが正しいため、

 常に自分の意見を押しつける。

 拒否権、選択権などの権利を持っているのは、クズ太郎だけ。

 他人の権利は一切認めない。』

等、驚くほど真逆だ。

 

これを書きだしただけでも、

私はとんでもない妖怪と関わっていたんだなと

改めて驚いた。

 

 

 

 

 

人といる時、

ピリピリした状態の中にいたくない。

 

すぐに癇癪を起し怒鳴る人は、

自分の中の判断があり怒鳴るけれど、

他人から見ると、それが何か一切不明。

 

怒鳴るタイミングの法則があるようで、

実はあまりない。

そのくせ、『空気が読めない』等と言い、

こちらにとんでもなく高度な要求をしてくる。

もう、ついていけない。

 

 

 

 

 

一緒にいるだけで気分が悪くなる。

とにかく精神力を消耗する。

 

これでイケメンならば、

まだ顔を見れば目の保養は出来るため

いくらかは消耗した精神力も回復できるけれど、

クズ太郎のような破壊的な不細工は、

顔を見るとさらに精神力が消耗されるのみ。

 

そこに存在するだけで、罪なのだ。

 

『存在が罪』

こんな言葉をどこかで聞いたことがあるけれど、

それこそ、

『そんな人いるの?

 もしいるとしたら、どんな人なんだ?』

と思っていたけれど、

いた。

 

ゴミクズクズ太郎だ。

 

あいつは、存在自体が罪だ。

 

 

さようなら、ゴミクズクズ太郎。

そろそろ、いい加減、

故郷の地獄に帰っておくれ。。。