異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

クズ太郎と同じようなことを言っている奈良の市議会議員にびっくり。。。

 

 

 

 

 

 

奈良市議会議員の松下さん。

発言が、これまたクズ太郎に似ていて恐ろしい。

 

『東大法学部を出て●●になる予定だった。』とか、

『30歳で総理大臣になる予定だった。』とか。。。

 

 

クズ太郎と同じで

『目標は大きく掲げないとダメでしょ!

 小さなことで幸せ感じてたらダメなんだよ!

 大きなことで幸せ感じないと!!!』

というタイプなんだろうか。。。

 

やっぱり、こういう人は怖い。

 

自分が悪いことをしても、

一切罪悪感など感じていないようだし、

結局責任転嫁。

 

『真剣に考えているなら、

 どの政党に属しているのかきちんと分かるはず。

 ちゃんとポスターを見るはず』等、

見落とした市民が悪いと市民に全て責任転嫁。

 

 

これはひどい

人間の心理を逆手に取って悪さをしたとしか思えない。

 

人間が一瞬で得る情報量には限界がある。

 

 

 

選挙用のポスターを

有権者がわざわざポスター前に立ち、

多数の時間を割いて見るわけがない。

 

有権者が求めていることは何か、

自分のターゲットの年代は等

きちんと決めた上で、

名前、政党、何をするつもりなのか、

これらを印象付けるために大きく書く。

人がポスターを見る時、見る癖があるため、

その視線の動線を意識し、重要なことを書いていく。

 

 

 

 

 

一応書いておいた方がいい情報は、

小さめの字で、あまり人が見ない場所に書く等、

色々考えて1枚のポスターを作る。

 

『ここに○○と書いておいたでしょ!!!』

と松下議員は言っているけど、

そんなところ、人は見ないよ。

 

それに、人は大きな字にまず目が行くため、

細々と書かれている物は見落としがちだ。

 

そして、日本人は性善説で物を考えるところがあるため、

(大切なことは大きな字で書いているし、

 多少見落としたところで、不利になることはないよね)

と思ってしまう。

 

これって、確信犯だよね。

後でクレームをつけられても、

『ここに書いてるでしょ!!見てないあなたが悪い。』等と

反論するために書いているだけで。

 

 

 

色々言い訳をするより、もしそれが違うなら、

『市民の皆様を騙すような結果になり、

 大変申し訳ございませんでした。』

等と謝罪をすれば、市民の怒りも少しはおさまるだろうに。

なんで謝らないんだろう???

あのような言い方をすれば、

余計に怒りを買うだけなのに。

 

なぜ、クズ太郎のようなタイプは、

謝罪するということをしないのだろう。

謝罪しないから、

いつまでもグダグダ言われることになるし、

恨みを買うし、怒りを買うのに。

 

この松下議員のした行為は法に触れないらしいため、

クズ太郎なら、

『この人は法に触れてないから責められる必要はない。』

とでも言うのだろう。

 

クズ男の考えは、

『法に触れさえしなければ、何をしてもいい』

 

きっと、この人のことも何も思わないのだろう。

それとも、

『俺は何をしてもいいけど、この人はダメ』と

あのバカなセリフを言うのかな。