『人の善意を信用し過ぎた』ってなんだそれ???と思ったこと。。。

 

 

これは、『優先席』の延長くらいの解釈で

やったことなんだろうか???

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

非難を受け、

座席確保の置き紙を置いた人がテレビの取材に答えていたけれど、

 

『これは、あくまでも(お願い)だったんです。

 

 (足の悪い人が乗るので

  席を譲ってほしい)とお願いをして、

 それで了承を得ていたんです。』等と言い訳をしていたけれど、

 

面と向かって『お願いします』と言われて、

『嫌だ』と言える日本人は

どれくらいいるんだろうか????

 

 

クズ男は、

『俺ははっきり言えるから、

 嫌なら(嫌だ)と言える』と偉そうに言っていたけれど、

 

(これはおかしい気がする)と思っても、

周囲の目が気になり、

はっきり、

『この行為はおかしいですよね』と

言える人は少ないと思う。

 

ある意味、

弱者を武器にした脅迫行為じゃないかと思ってしまう。

 

 

老人、病人、障がい者、妊婦など、

『何をしても許される』と勘違いし

傲慢になり、自分勝手な振る舞いをする人がいるけれど、

 

自分の体が、人に迷惑をかけていることを

きちんと理解出来れば、

そんなに自分勝手な行動は出来ないのではないかと思う。

 

 

『足が悪い人もいたから』か。。。

 

私も足が悪くて

遠出することが出来ないから、

移動の大変さなどは分かるけど、

 

足が悪い人は、

そもそも、遠出するなって話だと思うけど???

 

体が弱くなったからと言って、

全て出来なくなったと思うのもまずいのかもしれないけれど、

あれもしたい、これもしたいと欲深いのは

どうなんだろう。

 

人は元気な時ほどなまけて何もせず、

体が不自由になってから、

『あれやっておけばよかった。

 これしておけばよかった』と後悔し、

色々やろうとするけれど、

それじゃあ、遅いよねと思うし、

あれしたいこれしたいと思うより、

 動かなくても出来て満足できる趣味を持っておくこと、

潔く諦めることを覚える方がいいのではないかと思ってしまう。

 

 

それに、花見って、近場でも十分出来ると思うけどな。。。

 

花見がしたいと思っても、

人が多く集まる場所に行くなんて、

私なら無理だな。

 

人酔いするし、

人が多いとぶつかって転んで怪我をする危険性が出るし、

花見の場所を長々と歩くのも足に悪い。

 

 

それに、通勤時間の混む時間に、

花見に行くために電車に乗る必要があったんだろうか?

 

私は電車に乗る時、

混む時間はさける。

田舎と言っても、

朝の通勤時間の電車は混む。

 

立ちっぱなしは辛いため、

混む時間はさけるし、

遠出をするのなら、タクシーを使う。

 

花見に行くのに、

タクシー等を手配することは出来なかったのか???

 

 

 

 

 

 

体が不自由だからと言って、

なんでも許されるわけではない。

 

私は体が悪い期間が何十年と長いため、

弱者なら弱者なりに気をつけなければいけないことがあるんだと

普段の生活から学んだ。

 

 

だから、今回のように

『敬老者』と自ら(敬え)と言ってみたり、

(老人は席を譲ってもらえて当然)と

ふんぞり返る行為は、どうしても理解できない。

 

 

弱者はどんな態度を取ろうと

優しくしてもらえるわけではなく、

謙虚な姿勢があるから優しくしてもらえる。

 

 

介護施設や病院にいて、

ふんぞり返っている患者や介護対象者は嫌がられる。

 

仕事だから、相手も嫌々ながら世話してくれるけれど、

『いつもありがとう』、

『こうしてもらえて助かります』等と謙虚な姿勢でいる人は、

大切にしてもらえる。

 

 

(してもらって当然)という態度が

人の心理にどう影響するのか、

クズ男と関わることでよく理解した。

 

 

『俺は皆に好かれている。

 (↑嘘、ホントは皆に嫌われている)

 

 俺は何をしても許される。

(↑これも嘘、ホントは皆に嫌がられている)

 

 だから、あなたも俺を好きになって信用して

 俺の言うとおりにしろ!』と怒鳴るクズ男といて

 

(これは耐えられない!

 いくら、障がい者とはいえ、

 障がい者本人がこんな傲慢クズなら

 世話をするのが苦痛になる。

 

 そりゃ、介護疲れで相手を殺して自殺するよね。。。)と

思うこともあった。

 

 

働いている人たち、

介護をしている人たち、

障がい者の子育てでうつ病になっている母親等、

どうしても、障がい者の世話から逃げることが出来ない人の

悩みを聞いていて、

当時から、

『この人たちはすごい。

 我慢強いし、人としても出来てる。

 私が同じ状況になった時、

 同じように対応できるのか???』と思っていたけれど、

 

クズ男や、

あのブラック企業キチガイおばさんたちと関わり、

『私には無理だ』と思った。

  

たった数人の非常識な精神異常者と関わっただけで

情緒不安定になり、

いまだに嫌な思いをしている。

 

 

あんな自分勝手な人のことまで

理解して優しくする必要があるのかと

疑問を持つようになった。

 

 

 

今回の件でも思ったけれど、

自分の体の弱さを武器に人にどうにかしてもらおうとせず、

やはり、身の程わきまえないといけない、

弱者側が守るべきルールもあるんだと改めて思った。