『学んだことは誰にも奪われない』っていい言葉だ。。。

 

クズ男、同期の豚、あの会社の人たちは、

腹が立つ度に、面と向かって嫌なことを言ってきていたけれど、

言われる度に、

 

(こんなこと言うなんて、

 『俺(私)は、無知なばっかで~す!』って

 自ら暴露してるようなものだし、

 人を馬鹿にしている言葉や

 汚い表情をしている人たちの方がどうかしてると思うし、

 

 何も得することはないのに、

 なぜ、嫌がらせするんだろう?)と不思議だった。

 

 

馬鹿にされて勉強や仕事をすることをやめる人もいるけれど、

誰かを潰したところで

自分の能力が上がるわけじゃない。

自分が20点の人間なら、

何も努力しないなら、ずっと20点の人間のまま。

 

 

『ばーか』と言われて、

言われた人が馬鹿になるわけでもない。

 

何がしたいんだ?この人たちは。。。と

ずっと疑問だった。

 

 

あるCMで、

『学んだことは誰にも奪われない』と言う言葉があったけど、

 

(そうだよね!

 馬鹿にされたからって、ホントに馬鹿になるわけじゃないし、

 覚えたことが、(馬鹿)って言われる度に

 1つ1つ記憶から消えていくわけじゃない。

 

 言いたい奴には、好きなように言わせておけばいい!

 自分はやりたいと思ったことを一生懸命やるのみ!)と思った。

 

 

『学んだことは誰にも奪われない』

 

たった一言、とても短い言葉だけど、

全てが詰め込まれた言葉。

 

人をいじめても、自分の能力は上がらない。

誰かが不幸になっても、自分は幸せにならない。

誰かが仕事で失敗しても、自分の仕事が成功するわけじゃない。

誰かが。。。。。。。。

 

こんなたくさんのことが、

たった一言のこの言葉に詰め込まれている。

 

これなんだ。

こういうこと。

 

 

 

 

 

 

人ってさ。。。って語ればきりがないけど、

こういうことを踏まえたうえで、

たった一言で、人に何かを思わせられる人。

 

こういう人が私は好きで、

私の頭の中にある、整理のつかないことを

一言で、一瞬できれいに片づけてくれる人。

こういう人が好きで求めていた。

 

 

 

『俺はそういうことが出来る人です』とクズ男は言い、

いつも、私に残飯を投げつけてきた。

 

会社でもそう。

クズ男は、いつも汚物を周囲にまき散らし、

周囲の人に片づけさせる。

 

 

 クズ男、

私たちは、お前の汚物処理・残飯処理班じゃないんだよ。

いつまでも、人に汚物処理させるのやめてくれ。

汚物をまき散らすのやめてくれ。

冗談は顔と体型だけにしておくれ。