自分の発言を、なぜダサイと自ら気がつけないのだろう。。。

 

20代の頃、仕事を始めると、

学生時代には聞いたことがない言葉を聞くことが多い。

 

今なら特別な言葉ではないと分かるけれど、

社会人になりたての私にとっては、

大人になったような、仕事が出来る人になったような、

色々な思いがあり、無駄に覚えたての言葉を使っていた。

 

 

子供の頃、大人の会話を聞き、

学校では普段聞かないような言葉を聞き、

大人が使う言葉を無理やり使う子供のような感じだ。

 

ある一定の年齢になると、

その言葉がどうでもいい、普通の言葉だと気がつき、

得意になって使っている自分を自ら恥じ、

それらの言葉をあまり使わないようになった。

 

 

 『頭の悪い人間ほど、

 難しい言葉を使って、自分を賢く見せようとする。

 それは、愚か者がする愚かな行為だ』と言う人がいたけれど、

ホントに、その通りだと思った。

 

 

クズ男、上司P等、

得意になって色々言うけれど、

ホントに滑稽だった。

 

 

 

 

 

 

ことわざ等をわざわざ使ったり、

色々な知識を披露したり。。。

 

20代なら分かる。

そういう言いたがりの時期はあるし、

私もそんな時期があったから分かる。

 

 

でも、色々な人と関わるうちに、

それが、とんでもなく恥ずかしいことだと分かり

自ら言うのをやめた。

 

 

自画自賛すること、

難しい言葉をわざと使うこと、

知識で人をぶん殴ることが、

どれだけ愚かで滑稽なのか、

なぜ、クズ男や上司Pは30代にもなって気がつけないのだろう。

 

『俺の言うことを聞いていれば、

 良いようになる!』とクズ男が言っていたけれど、

それは違う。

 

クズ男と真逆のことをした方が、

よりよい人生になる。

 

クズ男と関わり、

クズ男の言うことを聞くことは、

人生をダメにすること、不幸になること。

 

クズ男、いつになったら、

自分で自分が情けない愚か者だと気がつけるんだろうね???