『クズ男は、あなたを良くしようとなんて一切思っていなかったよ。』。。。

 

『クズ男、ホントに腹立つ。

 なにが、

 (俺があなたを良いように導いてあげます)

 (もっと甘えていいよ。

  もっと頼っていいよ)だよ。

 

 見た目、とんでもない不細工のくせに、

 メールになると、イケメンでも言わないような

 くっさいセリフ書いてきて、ほんとに気持ちが悪かった。

 

 それに、どうにかしようと思うなら、

 ちゃんとやれって話でしょ。

 

 人のやってること邪魔するだけ邪魔して、

 あいつ、絶対に許せない!』と愚痴を言っていると、

 

 

『クズ男って、初めから、あなたを良いようにしてあげようなんて

 思ってないよ。

 

 クズ男の望みはね、一目置かれること。

 

 (クズ男って素敵、頼りになる、頭が良いのね)って

 言われたかっただけ。

 

 『俺は人を支配して意のままに動かすのが好きだ』って

 言ってるんでしょ?

 ○○症候群の人だね。

 彼ね、親に虐げられていたんだと思うよ。

 

 両親は共働き。

 一緒にいれる少しの時間もかまってもらえない。

 怒鳴られる。

 意見を言っても聞いてもらえない。

 こういう人だったんじゃないのかな?

 

 いつか、親が自分にしたように、

 自分も人を怒鳴って恐怖で委縮させて

 自分の意のままに操れる人間になりたいと思ってた。

 これが彼の願望なんだと思うよ。

 

 

 クズ男は、出来ることがとても少ないでしょ?

 車でどこかに連れて行くだけ。

 このことだけで、人から尊敬されて一目置かれて

 特別扱いされる人間になろうとするなんて馬鹿げてるけど、

 クズ男にはこれしかない。

 

 

 馬鹿で何も出来ない人だと思って近づいたあなたが、

 想定外に自分より上の人間で太刀打ちできない。

 

 困ったクズ男は、あなたから力を取って、

 自分の下にするしかないと思った。

 だから、ピアノの音源も作らなかったんだよ。

 

 これで、失敗したあなたを見て、

 あなたが困れば困るだけ

 クズ男は、内心大喜びしていたはずだよ。

 

 嬉しそうに

 『そうなったのは、あなたに能力がないからです!』って

 言ったんでしょ?

 これ、クズ男が親に言われてたんじゃないかな?

 

 『なんでも親のせいにするな!

  お前が馬鹿だから出来ないんだろう!』って

 怒鳴られてたんだと思うよ。

 

 『そうなったのは、あなたに能力がないからです!』って

 あなたに言えて、クズ男は、大満足だったはずだよ。

 

 その証拠に、それを言っている時の得意げな顔。

 困っているあなたへの侮辱発言。

 自分のした行動への反省が一切なく、

 謝罪も一切ない。

 あなたの失敗、不幸を喜んでいたとしか思えない行動と発言。

 

 

 でも、それでもめげずに何かをやっているあなたに

 常に恐怖を感じているのは見て取れる。

 

 

 『あなたはスタートラインに立ってるんだし、

  やりたいこと出来てるんだから良いでしょ!

 

  俺は、スタートラインにすら立ってないんだよ!』って

 2014年の10月11月に怒鳴ったって言ってたけど、

 

 これ、あなたに恐怖を感じてたんだよ。

 どうしても、あなたを潰しきれない、

 あなたを敵に回してしまったかもしれない恐怖。

 もしかしたら、あなたが攻撃をしてくるかもしれない。

 

 そう思うと怖いから、

 『あなたはちゃんとしていらっしゃるから良いですよね?

  僕は、何も出来ていないダメ人間なんです。

  勘弁してください』って意味で、

 

 

 『あなたはスタートラインに立ってるんだし、

  やりたいこと出来てるんだから良いでしょ!

 

  俺は、スタートラインにすら立ってないんだよ!』って

 言ったんだよ。

 

 

 俺的にはね、クズ男のことは許す必要ないと思う。

 

 だって、自分の心の闇を自己処理出来ず、

 他人を使って自分を癒そうとする大馬鹿野郎だからね。

 

 やられたことをやり返していいと思うよ。

 

 泣けば済む、怒鳴れば済むって、

 子供じゃないんだから。

 

 反省できない、謝罪もできない、

 大人としての態度も取れない。

 こういう人にはね、現実を教えてあげることも必要だよ。

 

 何かする気なら、力貸すよ。

 俺、口だけの男って嫌いだから。

 

 ショック療法的に、1発がつんと何かするのもいいと思うよ。

 治療の一環としてね(笑)』と言っていた。

 

 

『それって、クズ男って、

 私のこと怖いと思ってたってこと?』と私が聞くと、

 

『その通り。

 

 (俺は誰も怖くない)って言ってたみたいだけど、

 外出中、男に絡まれると、あなたに押しつけて逃げたよね?

 

 彼は、自分の弱さも卑怯さも分かってるはずなんだよ。

 逃げずに話しているあなたを見て、

 恐怖を感じたはずだよ。

 

 自分が出来ないことをしているあなたが怖かったはずだよ。

 

 だから、余計に怒鳴るようになったんだよ。

 

 (誰に口きいてるのか分かってるの!?)とかそうだね。

 こういうの聞いてどう思った?』と聞かれた。

 

 

『(俺は誰よりも優秀)って言われた時、

 様子見しないとダメかなと思ったし、

 

 (誰だと思ってるの?)って言われた時、

 後ろに誰かすごい人いるのかな?

 調べたほうがいいかな?って思った。

 

 だから、すぐに

 (うるせーんだよ!)って怒鳴れなかった。

 

 もしかしたら、私のつながりのある人に

 迷惑をかけるかもしれないと思うと、

 とりあえず、様子見しようと思って黙ってた』と私が言うと、

 

『それそれ、術中にはまってるね(笑)

 

 (俺(私)はすごいんだよ)って言われると、

 いったん、様子見するよね?

 

 下手すれば、敵に回したくない人まで相手にする必要が

 出てくるから、周囲を探るよね?

 

 そうすると、クズ男は、これを言えば

 とりあえず、相手は黙るって学習してるから、

 だから、こうやって平気な顔をして

 自分を盛って話すようになったんだよ。

 

 そして、相手が自分のかなわない相手だと思えば思うほど、

 妄言が増えていくんだよ。

 

 

 (俺は皆に好かれてる。今まで誰からも嫌われたことがない)って

 どれだけあなたに恐怖を感じてたんだろう(笑)

 

 なっさけないな、クズ男って。

 

 生徒会長って言ったのも、

 どうしても、あなたに『クズ男すごい』って

 思われたくてついた嘘だろうね。

 

 幼稚園児みたいな人だね(笑)

 これくらいの嘘は許してあげれば?

 それくらい、あなたにかなわないと思って

 怖くて、思わずついてしまった嘘なんだから。

 

 でもね、自分の弱さでついた嘘がばれて、

 まずいと思った挙句、

 『今後連絡を控えてください』はアウトだね。

 

 どんなに『これまでありがとう』って言っても無駄。

 『ありがとう』の前に言うことあるよね?

 

 『ごめんなさい』だよね?

 こういう人は、許す必要ないよ。

 

 一生許さず、愚痴を言い続けてOK。

 

 もし、愚痴を言い続けることを『ダメだ』って言う人がいたら、

 その人の前では言わなければいい。

 そういう意見が合わない人はいるし、

 意見の合わない人との会話は、ただの時間の無駄だからね。

 

 愚痴言いたければ俺に言って。

 いつまででも聞くよ。

 おじいちゃんおばあちゃんになっても聞くよ。』と言われた。

 

 

 

 

 

有り難い。

こういう人がいるから、救われる。

 

 

それにしても、クズ男は、

ホントにゴミだったな。

 

 

 

f:id:bolla:20171104224648j:plain

 

『ばーか!』って、

それ、まず自分に言えよ、ばーーーーか!