『喜びや悲しみなどの感情を知らない人間は、他の人間の感情を理解できるわけがない』という話。。。

 

 

『痛みや悲しみを知ってるから、人に優しくなれる』とか、

『喜びや楽しみを知ってるから、人にも与えられる』とか、

よく聞く話だし、そうなんだと思っていたけれど、

 

クズ男や、あの会社の人たちと関わり、

(どうなんだろう?)と思うこともあった。

 

 

自分が嫌な思いをしたから、他人にも同じ痛みを与えてやろうと

必死にいじめるおばさん。

自分が1番でないと気が済まず、

努力をすることは一切せず、嫉妬心のままに嫌がらせをする人たち。

 

そんな人たちを見ていて、

小学生の頃に戻った気分になる。

 

 

クズ男に、『これは違うよね?』と話すと、

タニタ笑い

『あなたってそういうことをされる人なんだ。

 俺、そういう人、きらーい』と言う。

 

??????

 

クズ男と話していると、

学生時代に習うあの道徳っていったい何なんだ?と思う。

教師によっては、

『道徳の授業は退屈だからやらない』とか、

クリスマス会などの準備の時間にあて、

まともに教えないこともある。

 

 

 

 

 

 

クズ男といる時、ひたすらつまらなかった。

 

何処かに連れて行ったんだから、いいよね?とか。。。

 

 

よく、男は行動で、女は感情と言うが、

ほんとに、それがよく出ていた。

 

『どこかに行った』という現実で満足するクズ男と、

『誰と行ったか』で嬉しさを感じる私。

 

 

何処かに連れて行ったという事実でクズ男は満足していたが、

嫌いなクズ男の機嫌取りのためだけに

体調が悪い中無理して外出した私は、

ただひたすら不愉快だった。

 

 

人が何で楽しみ、何で喜ぶのか、

こういう理解のない人間が、

人にこのような感情を与えることは出来ない。

 

 

仕事で、

『自分が良いと思えない、感動できない物を

 人に勧めるな。

 まず、自分が感動する、嬉しいと思う、楽しいと思えないと

 ましてや他人にそんな感情を与えることは出来ないぞ。

 

 人の気持ちを考えながら仕事をしなさい』と言われたことがある。

 

業界によっては、研修期間中、

このようなことを聞くこともある。

 

音楽関係についている人も、

『まず、自分が感動する物じゃないと

 人に聴かせられない』等と言っていたが、

きちんとしてる人たちは、そうなんだろう。

 

 

基本的に、人は歳を取ると脳が老化し

感動しなくなると聞いたことがあるが、

歳を取っても意欲的で、

感受性の豊かな人がいる。

 

そういう人と話をした時、

(こういう人になりたいな)と思った。

 

 

嫌なことがあっても、どうにか自己処理し、

人を恨まず罪のみ憎む。

自分の好きなことのみに打ち込み

穏やかに過ごしているその人たちを見ていて、

目指すべきはこういう人だと思った。

 

 

『皆、俺みたいになればいいのに』とクズ男が

偉そうに言っていたが、

クズ男は、トランプ大統領やミサイル王子みたいな人間だ。

 

あの2人のせいで、戦争が起きそうな雰囲気があり、

世界中で混乱している部分があるのに、

クズ男のような性格の目立ちたがりの幼稚園児のような人間が、

たった2人トップにいるだけで、

周囲の人を地獄に突き落とす。

 

 

クズ男に、

『いつもクズ男だけ平和で、

 周囲の人は地獄だよ。』というようなことを言ったことが何度かある。

 

その度に、泣きそうな戸惑った顔をして、

『どういうこと!?』と言っていたが、

こういうこと。

 

 

お前は、トランプ大統領かミサイル王子で、

世界中の振り回されている人たちが、私たちね。

 

お前みたいに皆がなればいいって?

なったら、地獄だよ。

 

 

私はクズ男みたいになりたくないよ。

 

あの老人たちみたいな、穏やかで広い心を持っている

素晴らしい人間になりたい。

 

 

宗教やるより、

よっぽど人柄の優れている人生の先輩に関わっている方が、

心の闇が浄化される。。。。