場の空気を読んだり、人を立てるために『知らなかったです~』等と言い、よいしょしているのに、『え!?そんなことも知らないの!?』という奴、邪魔だなと思ったこと。。。

 

たいして知識もないのに威張っていたり、

ただ歳を取ってしまっただけの人がいたり、

そんな困った人、残念な人もいる。

 

 

そして、そのような人を無下に扱うわけにもいかない時、

仕方がないから、その人が得意げに言ったことを、

 

『さすが○○さんですね!』等と適当によいしょしながら

話をすることがある。

 

あまりにも面倒な人だと、

 

『あの人、いい加減、自分の無知さに気がついて

 大人しくなってほしいよね』と愚痴を言うこともあるが、

 

そうやって、どうにかするしかないことも

多々ある。

 

 

そんなある日、

『へぇ、○○さん、さすがですね。

 私たち、知らなかったですよ。』等とよいしょしていたら、

ある男性が、

『え!? あなたたち、こんなことも知らないの!?

 これってね。。。』と説明をし出した。

 

 

皆知ってるよ。。。。と一気に場がしらける。

 

 

それを『皆が知ってる当たり前のこと』としてしまうと、

そのお年寄りの立場がなくなる。

 

お年寄りは戸惑った顔をするし、

どんどん場が張り詰めた空気に変わっていくし、

もう、どうしよう。。。と思っていたら、

 

『○○さん、ちょっと。。。』と1人の男性がその男性を連れ出し、

説教していた。

 

きちんと教えれる人がいて良かった。。。と

ホッとしたと同時に、

クズ男も同じようなことをするバカだったなと思った。

 

 

人を立てるために、

あえて自分が知らない無知な人間を演じることもある、

ということを、クズ男は知らない。

 

 

『こういうことってあるよね?』と聞いても、

『なんでそんなことをする必要があるの?

 知ってるなら、(知ってます)で良いじゃない。

 

 あえて、知らないふりをする意味が分からない』と

クズ男が言っていた。。。

 

 

あのさ、お前に関わってきた人たちのほとんどが、

お前のために、馬鹿なふりをしてくれてたんだと思うんだよ。

 

『人を馬鹿にする人』っているんだよ。

お前とか、上司Pとか、ヒステリックババアとか

いじめるババアたちとか。

 

こういう人たちは、自分より上の人間が許せない。

『許せない』と言っても、平均点以下だから、

上の人間が腐るほどいる。

 

その中でもいじめやすい潰しやすい人を

怒鳴ったりいじめたりして潰す。

 

 

『こういう人たち嫌いだから関わりたくない。

 こういう人がいると、環境も人間も悪くしかならないからね。

 

 あの会社がいい例だよね。』とクズ男に話した時、

 

『あなたはあの会社が悪いとかダメって言うけど、

 どこが?

 そんなこと言ってるの、あなただけだよ』と

クズ男が言っていた。

 

『それ、本気で言ってるの!?』と驚いて聞くと、

『そうだよ。何??

 大袈裟に言ってたのがばれて、恥ずかしいの!?』と

クズ男がニタニタ馬鹿にした顔をして言っていたが、

 

違う。

 

お前のバカっぷり、

死んでも直らないバカっぷり、

バカすぎて話にならないバカっぷりに驚いてるんだよ。

 

世の中には、こんなに恐ろしいほどのバカがいるのかと

驚いているんだよ。

 

ブラック企業の認識が出来ないってどういうことだ?

と思ったが、要は、優良企業を知らないということだ。

 

人間が、良い物を良い、悪い物を悪いと判断できる理由は

その逆の物をきちんと知っているから。

 

 

クズ男には、何度も、

『物事は表裏一体だから、片方だけを知ってても意味ないよ。

 クズ男みたいに、失敗を失敗と認識できない人は成功できないし、

 幸せ不幸を知らない人は、人を幸せに出来ないよ。

 悲しみを知ってるから喜びを感じれるとか、

 クズ男はそういう、人間が自然に知ることを一つも知らないよね?

 

 だから、誰とも話が合わないんだよ。

 私の言ってることも理解出来ないんだよ。

 

 クズ男みたいな人と関わりたくない理由は

 他にもあるけど、クズ男は私には不要』と何度も言ったが、

その度に、泣きそうになるか怒鳴るか、

まともな対応をしたことは1度もない。

 

 

クズ男が60歳か70歳になったころ、

いったいどういう老人になっていて、

周囲がどう思うのか、これは興味がある。

 

クズ男の40代は、

ヒステリックババアとかいじめババアたちと同じ暴れっぷりだろうけれど、

体も脳も老化しきった時、

いったい、どうなっているのだろう。。。