『今度、東京に旅行に行ってくる!』とどや顔で言ってくる人がいるが、そういう人は、私にどう思ってほしいのだろうとずっと疑問に思っていること。。。

 

田舎に来てから、不思議なことはたくさんあるが、

これもその一つ。

 

東京に旅行に行くと言う人が、いちいち

『私~、今度~東京に遊びに行ってくるんだ~』とか

『私~、東京に旅行に行ってきたんです~』と

上から目線、どや顔、得意げ、自慢して言ってくる人がいる。

 

初めは、

(東京に旅行に行けるから楽しみなのかな?)とか、

(東京に遊びに行ってきて相当楽しかったんだろう)くらいにしか

思っていなかったが、

 

その後、何度も何度も、『東京に行ってきて~』としつこい。

しかも、その時、嫌味を言う時の顔をする。

 

だんだん、(何か私に伝えたいことがあるようだ)とは思ったが、

何が言いたいのか不明。

 

 

私は東京に住んでいたことがあるし、

東京にいた頃、主な観光地には行きつくした。

 

『田舎の人って、驚くくらい色々言ってるよね?

 東京が地元だと、逆にそんなに行かないよ』と東京人に言われたことがある。

こんなことを人から言われるくらい、

色々行っていた。

 

 

20代の頃、すでに病気にかかっていて

いつ倒れて外出出来なくなるか分からないため、

『体が動くうちに遊びつくすぞ!!!』と思っていたため、

毎日のように飲みに行き、週末は必ずどこかに行っていた。

 

そのおかげで、今外出がほとんど出来ない状態でも

何も感じない。

それに、東京に住めばわかるが、

東京にいるととにかく体力を使う。

 

朝の通勤ラッシュはきつい。

電車の乗り換えだって、JRから大江戸線など、

ホームからホームまでの移動で数分かかる。

夏は(ここは砂漠?)と思うくらい暑い。

とにかく、暑い。

朝、8時くらいなのに、玄関を開けた瞬間『もわっ』とした

空気に包まれる。

外は完全サウナ状態。 東京は天然のサウナ。

ものの数分で汗が噴出する。

駅に着くころには汗だく。

さらに満員電車に乗って汗だく。

会社に着いた頃には、ひとっ風呂浴びたみたいな状態になる。

 

東京の地下街は、とにかく空気が悪い。

夏は余計に空気がこもるし暑い。

歩きにくい。

体力がある時ならいいけれど、

体力がない時に東京に住むのは大変だ。

その大変さを理解しているから、

(もう東京に戻るなんて無理)と医者から止められなくても自ら思う。

 

 

もう東京は満喫したため、戻りたいとは思わない。

何処かに行けるのならば、気温のちょうどいい過ごしやすい地域に行きたい。

 

 

東京にこだわりがない。

住んだこともある。

なのに、なぜ、『良いでしょ!?』と自慢されないといけないんだろう?

それを言われて、私が、

『むきーーーーっ!!!!(怒)

 私だって、東京に行きたいのに!!!!』と嫉妬で怒ると思ってるのだろうか?

 

今は、ネットでなんでも買える。

ほとんどの物が買える。

だから、わざわざ東京に行く必要がない。

ネットが無理なら、東京にいる友人に頼んで送ってもらえばいい。

今の時代、わざわざ出向く必要なんてない。

 

 

私が東京に1度も行ったことがなくて、

『絶対にいつか東京に住むんだ!』と言って、

東京のガイドブックを買い、

東京について調べまくっている人ならば、

『良いでしょ~、私、東京に旅行に行くんだ~』と

自慢してくるのも分かる。

 

『いいなぁ、私も東京に行きたい』と羨ましがらせたいだけだろうと

思うから、相手のお望み通り、相手が引くぐらい、

『いいなぁ、いいなぁ、私も行きた~い!!

 ○○さん、羨ましすぎだよ!!!』と大袈裟に言ってやる。

 

けれど、全く羨ましくない。

 

旅行ということは、数日しか行けないわけで、

数日であそこやらあそこに行けないだろうし、

ホテルへのチェックイン、アウトの時間を考えると

色々大変だ。

ゆっくり出来ない中で、スケジュールをこなすのはきつい。

 

せっかく東京に行くのに、可哀想にとしか思わなかった。

 

相手が何が目的で自慢してくるのか不明のため、

『良いですね』と適当に笑顔で言ってみたが、

相手は、私が負け惜しみで言ったと思ったようで、

勝ち誇った満足した顔をしていた。

 

まぁ、あの程度で満足するほど普段つまらないのだから

仕方がないだろうと思い、相手の思う通りにしていたけれど、

 

『私~、東京に旅行に行ってくるんだ~』って

何の自慢にもならないどころか、ダサいから言うのやめた方がいいのでは?と

思う。

 

田舎で、昭和の感覚だから仕方がないが、

ほんと、『東京に行くことがすごいこと』って何時代だよ。

疲れる。。。

東京って外国なのか?と思うくらい

なぜか特別な感じで話しているけれど、

東京って日本だよ。日本。

 

 

 

せめて、『フランスに行ってきます!』とか、

『これ、イタリアのお土産です』とか言って欲しい。

 

そういえば、社員Sさんが、自分の子供が外国に旅行に行ったとか

何とか言っていたが、あの時も、

(私の子供すごいでしょ!?)みたいな顔してたな。

私の顔をじーーーっと覗き込んで、

(どう!?まいったか!!!!)みたいな感じだったが、

ごめんなさい。まいりません。

外国行ったことあるし、住んだことあるし、

全然羨ましくないっす(笑)

 

 

むしろ、

(可哀想な人だな。こうやって自慢して、人のことを傷つけることくらいしか

 やること、楽しみがないのかな)と、なんだか悲しくなってくる。

 

 

そうなんだよな。

田舎のおばさんと話していると、イライラすることもあるけれど、

悲しくなったり寂しくなったり可哀想になったりする。

 

 

『東京に行くことがすごいことって。。。(涙)』、

『子供の自慢するくらいしかないんだな。。。(涙)』とか、

悲しくなる。

 

 

よっぽど、人生つまらないんだろう。

やることがないから、他の人のことが気になって潰したくなるんだろう。

 

『なんかいいことないかな』とか、

『何か楽しいことない?』と聞いてくる人に、

『これどうですか?』と言っても、全て却下される。

 

こういう人たちの共通していることは、

自ら何かをして楽しむのではなく、

『俺様(私様)を楽しませろ』という某国の将軍様的な考えなんだよね。

 

人が与えてくれる物は飽きるのが早い。

自ら見つけた楽しみしか長く継続することはない。

残念ながら、自ら楽しみを見つけれない人もいるが、

そういう人は、死ぬまで、『何か楽しいことないかな』と

言い続けている。

そして、他人が熱中していることを非難して馬鹿にする。

 

そうして、ずっと悪口を言いつづるおばあさんになる。

こういう人って、とにかく顔つきが悪い。

汚い茶色の肌にシミがいっぱいあって、

目が鋭く、口がひん曲がっていて、常に人を睨みつけている。

 

ああいうおばあさんになるんだろうなと思うと、

他人事ながら可哀想になる。