『(小さなことで幸せ感じてたらダメなんだよ!大きなことで幸せ感じないと)って何それ(笑)少年???』。。。

 

『もう、体力もないから色々出来ないんだよ。

 ちょっとしたことで満足しないとダメなんだ』と

何度言っても無駄。

 

『小さなことで幸せ感じてたらダメなんだよ。

 大きなことで幸せ感じないと。

 だからあなたはダメなんだ』と馬鹿クズ男がその度に言う。

 

 

 

あぁ、、、、、、、、、

だから、クズ男に(私の相手は無理)と言ったんだ。

 

そうそう。いるんだよ。こういうゴミ男。

 

『元彼が束縛が激しくて嫌だった』とか、

そういうことを言うと、『俺はそういうことはしない男だ』と

言っておいて、付き合うと同じ嫌なことをする男。

 

 

『そういうこと、されたくないって言ったでしょ!』と怒ると、

『そういうことをさせるあなたが悪い!

 元彼の気持ちが分かったよ。

 あなたに原因がある!』と男は言う。

 

『あっそ。じゃあいいよ。別れよう』と言うと、

泣いて、『束縛はもうしない』とすがりつく。

 

こういう奴は何度言っても同じことをする。

 

私が人と付き合うのが嫌いな理由の1つが、

自由がなくなるから。

恋愛の刑務所に入った気になる。

『愛してる』、『大事なんだ』等という聞こえのいい言葉で相手を拘束し、

相手の自由をどんどんどんどん奪っていく。

 

たった1度の人生なのに、つまらない。

自分の貴重な時間を捧げるほど、目の前にいる男に価値はあるのか?と

考えることもあった。

 

『付き合うって何?』、

『どうして人は付き合うの?』、

『なんで人は結婚するの?』等と周囲の人に質問し、

引きつった顔をよくさせていた(笑)

 

でも、いまだに理由が分からない。

 

じゃあ、なぜ今付き合っているのか。。。。。

 

男よけ?

これ以上、変な男が寄ってこないように。

病気でブスなおばさんが一人でいると、格好の餌食になるようで

とにかく、男の世界で負けている不細工変態男が寄ってくる。

 

彼氏もいないのに『いる』と嘘をついてもばれる。

田舎はなぜかばれる。

 

 

彼は、

『俺のこと、男よけに使ってくれていいよ。

 これ以上、嫌な思いをしているのを見ていられない。』と言い、

私の条件を全部飲んだうえで付き合ってくれている。

 

だから、束縛してこないし、結婚も求めてこない。

とても楽だ。

そうそう、こういうのを求めてたんだよと気楽でいい。

 

 

 

 

 

『小さなことで幸せ感じてたらダメなんだよ。

 大きなことで幸せ感じないと。

 だからあなたはダメなんだ』とクズ男に言われたことがあると友人に言うと、

 

『?????

 生活って平凡で退屈だよね?

 

 (大きなこと)って滅多にないし。。。

 っていうより、(大きなこと)って何?

 あまりにも抽象的で分からない。

 

 (大きなこと)ってさ、

 女からすれば、子供を産むことが大きなことだったり、

 子供の小学校の入学式に出席した時、

 (あんなに小さかった子が、こんな風に。。。)って

 感動して満足することもあるし。

 

 でも、これって男性からすると、女ほど感動しないみたい。

 旦那に言っても、(そうだね。大きくなったね)って

 親戚の子供が大きくなったくらいの反応だからさ。。。

 同じ1人の子供のことを見ているのに、

 見てる期間も同じなのに、同じ家で暮らしているのに

 それで、感じ方が全然違うんだよ。

 

 人によって(大きなこと)は違うよね。

 

 

 必要なことって、日々のちょっとした変化に気がついて

 それに感動したり幸せを感じて満足することだと思うよ。

 

 そういうことが出来ないと、生きるのが辛いと思うけど。

 毎日毎日、何かすごいことがあるわけじゃないし』と友人が言う。

 

 

『私は病気で制限があるから、そういうことを言われるのかと思ったけど、

 そういうわけでもないんだ?

 健康な人でもそういうのはあるんだね?

 クズ男が、

 (あなたは病気を理由に小さくまとまってるだけ。

  健康な人は違う)とか言ってたんだよ。』と私が言うと、

 

 

『はぁ? 

 健康とか病気とか関係ないから(笑)

 人間なら、誰でも小さなことで満足しないといけないことは

 多々あるよ。

 ほんっとクズ男って何も分かってないんだね。。。

 

 

 こんなことを言ったらあなたには申し訳ないけど、

 病気のせいで出来ないことがある方が

 気持ち的に楽だと思うんだ。

 だって、病気って本人の意思に反してどんどん悪くなっていって

 何も出来ない状態にするでしょ?

 で、(自分でコントロールできない病気のせいだから仕方ないか)って

 思えるじゃない。

 

 でも、健康だと(健康で動けるのに自由がない。なんで?)って

 思ってね、(仕方ない)って思えることがないから辛い。

 

 健康なのに、時間はあるのに、

 子供がいてとか、旦那の世話があるからとか

 そういう理由で、ほんとに自分がしたいことが出来ないことがあるのね。

 

 結婚する前は、結婚に憧れて、可愛い子供がいることに憧れてって

 あったけど、それらが現実になると

 なんか、思ってたのと違う。

 

 結婚は生活だから、現実で夢じゃないから。

 このために、私は自分が他にやりたいこと出来なくなるの?って思ったり、

 このまま歳を取るだけなんだと思うと、

 むなしくなることはあるよ。

 

 結婚って病気と違って、

 結婚することは自分で決めれるし、

 結婚相手も自分で決めれるし、

 子供を持つことも自分で決めれるでしょ?

 そうすると、後悔しても全部自分が悪い。

 責任をどこかになすりつけたくても、それが出来ないから辛い。

 

 

 はたから見れば、くだらないかもしれないけど、

 ママ友同士で格付けしあってるのも、

 そういう心のむなしさを埋めてるだけだと思う。

 

 主婦って寂しいのよ。

 世間に取り残された感じがするの。

 

 例えば、私とあなたは同世代だけど、

 結婚して旦那子持ちの私と、

 結婚していないあなたって、ちょっと違うでしょ?

 

 たまに羨ましく感じるよ。

 結婚せず1人の方が良いのかなと思うこともあるの。

 でも、世間の『結婚しないのは罪』的な考えに

 どうしても逆らえないし、責められるの怖いから、

 (私は一生独身を貫きます)って出来なかったんだよね。

 

 

 何が幸せなのか、それを決めるのは本人でしょ。

 自分が自分を不幸と思ったら、もう終わりでしょ。

 他人から羨ましいと思われても、

 本人が満足できないのであれば意味ないし。

 

 それと、大小って、それも他人が決めることじゃなくて

 本人が決めることじゃない。

 

 この先弁護士になれたところで、

 10年以上浪人して、やっとなった人なんて

 見てて(可哀想)とか、

 (10年以上浪人したらさすがになれるよね。。。)としか

 思わない。

 逆に、よく10回以上同じ失敗してるなと怖くなる。

 

 クズ男が弁護士になって満足していても

 周囲の人はあきれると思うよ。

 

 本人が、(俺は大きなことを成し遂げたんだ!)って満足していても

 (負け惜しみか?)とか、あまり良いようには思わないよね。』、

 

 

『それと、人間ってどんどん体力なくなっていくから、

 ちょっとしたことで幸せ感じれる人の方が

 人生楽しく出来ると思うよ。

 

 何かしてないと満足しない人って

 常に、『何か良いことないかな』とか言ってるけど、

 (自分でどうにかしろ)って思わない?

 

 こういう人って、遊びに行っても何しても

 『つまらない』、『こんなものなんだ』とか平気で言うんだよね。

 

 クレクレ病。

 『俺(私)を楽しくさせてくれ』、

 『満足させてくれ』、『すごい人にしてくれ』とか

 ほんとにめんどくさい。

 

 クズ男って、クレクレ病だよね?

 

 だいたいさ、こういう人が言う、『大きなこと』って

 意外と小さいというか、笑えるよね?

 

 弁護士になるってことが『大きなこと』だとしても、

 現実でしてることが『30代でバイト浪人生』って。。。(笑)

 

 20歳くらいの学生さんがすることを30代のおっさんがやって

 『大きなことをしてる』になるの?

 

 人として歩むべき道思いっきり踏み外してる

 痛々しい人だと思うけど?』と言っていた。

 

 

(大きなことで幸せ感じないとダメなんだ)

こんなことを言った人はクズ男だけで、

私の周囲にいる人は、

(小さなことで幸せ感じるようにならないと

 人生楽しく出来ないよ)と言っていた。

 

余命いくばくもない人も

(空ってこんなに青いんだね)、

(風ってこんなに気持ちいいんだ)と

普段、当り前にあり過ぎてどうでもいい気がつかないことで

楽しそうに嬉しそうに語る。

 

 

 その気持ちは分かる。

 

私も体が少しづつ元に戻ってきた時、

1人で歩けることが嬉しくて、

トイレに一人で行けるのも嬉しかったし、

洗面所に一人で行き、歯磨きできるのも嬉しかった。

一人でお風呂に入り、

何か買いたいものがあれば、お店まで歩いて行く。

会社に勤務し、歩いて通える。 

 

全てが嬉しかった。

 

 

このことを伝えた時、

『何言ってるの?

 そんなことで嬉しいとか幸せ感じてたらダメよ』と

社員Rさんに言われた。

 

この方、だいぶ考え方がクズ男に似ている。

そりゃ、クズ男のことを褒めるだろう。

たまに(クズ男の母親ってこの人か?)と思うことがあるくらい

似ている部分がある。

 

 

『でも、一生歩けなくなるかもしれないって言われてたから、

 歩けるようになると、結構、それだけで嬉しく感じるものですよ』と

私が言うと、

 

(このバカは何を言ってるんだ?)というひどい顔をして

社員Rさんが何か言っていた。

 

50代のおばさんともなれば、

自分に病気がなくても、周囲に病気で苦しんでいる人はいるはずだ。

そういう人たちがいて、きちんと向き合っていれば、

その人の病気のこと、その人の辛さを通して何か感じることはある。

 

若い時に何も考えれなくても、

歳を取れば取るほど、『目の前にいるのは未来の自分』と思うようになり、

病気や介護が必要になった時、

どうすればいいのか不安になるため、

そういう人たちの話を一生懸命聞くようになる。

 

 

『そんなことくらいで』とか、

『病気自慢?』等とひどい言葉を言うのは若者で、

 

『明日は我が身ね。怖いな。。。』と思うのが、

歳を取った人の思うことではないのか?と思っていたため、

正直言って、あの会社のおばさんたちの意見は的外れに感じ

奇妙な感覚を覚えた。

 

 

『人の辛い話を完全に他人事として聞けるのが若者。

 未来の自分かもしれないと不安を感じながら話を聞くのが

 歳を取った人。』と私の知っている50代以上の人は言っていた。

 

『人の話は、ぼーっとして聞かずに、

 問題が起きた時、どう対処しているのか聞いておいた方が良いよ。

 

 話を聞く人が多ければ多いほど、

 色々な対処方法を学べるから、自分がそうなった時さほど焦らない。

 

 人の話を聞いてない人は、(なんで私だけ)とかパニックになって

 ちゃんと対応出来ずに、トラブル起こして周囲に迷惑かけるんだよ。

 

そういうダメな人にならないためにも、

 (自分には関係ない)なんて思わず、しっかり聞きなさい。』と

教えられたことがあるが、

やっぱり、こういうことを言える人がいいな。

 

 

私は(この人は大変な思いをしている人なんだ)と感情移入して

話を聞いてしまうけれど、対処法とかそういうのまで

きっちりしっかり聞いていないこともある。

 

自分の足りてない部分に気がつき、

的確なアドバイスをくれる人がどうしても私には必要だ。

 

 

クズ男は、

『俺はそういうことが出来るよ。

 あなたは俺の言う通りにしておけばいいんだよ』と言っていたが、

あの自信はどこから来るのだろう。

 

(的確なアドバイス)等、クズ男には絶対に無理。

そんなことが出来るのなら、10年以上も司法浪人しないだろう。

『先生』等と呼ばせないだろう。

『恥ずかしいと思わないから司法浪人してることを堂々と言える』等

絶対に言えないはずだ。

 

 

問題が起きたら逃げる。

『罪にならないから悪くない。謝らない』と言い、

絶対に反省しないし謝罪しない。

お金を要求する。

支払いしていないことを『可愛がられているから』と

都合の良い言い訳をして正当化する等々。

 

ただの卑怯者だろ。

 こんな人間が、(的確なアドバイスが出来る)って?

まず、それを堂々と言ってる時点で、自分がアドバイス出来ないダメ人間だと

気がついてないのだから、もうそんな奴の言うことは

一切聞く気にならない。

 

 

 

卑怯でダメな人間ほど、

『大きなことをしたい!』と言うってあれ、

ほんとだった。

 

 

っていうか、

(大きなこと)ってなんだよ?(笑)