『バカほど知識をひけらかし、賢い人は知らないふりをする』というのを聞いてことがある。だから、クズ男をただのバカとしか思えなかった。。。

 

(知識自慢はバカのすること)とずっと教えられているため、

知識自慢する人が嫌いだ。

 

あの会社には、そういう知識自慢をする人が多かったし、

知識が多い方が賢いと思っている人がいた。

 

そして、『ねぇ、これ知ってる?』と聞き、

相手の能力をはかろうとする。

 

 

いつも疑問に思う。

Aのことについて質問した時、

質問者がAについて100%の知識があれば、

回答者の理解度が何パーセントなのか、正確に把握することが出来るが、

その質問者の認識が甘かった場合、

正確な判断が出来ない。

 

 

クズ男は、いつも『俺がお前より上だ!』と思わせようと必死で

『これ知ってる!?』、『じゃあ、これは!???』と

質問攻めにするが、

(それ、中学生でも知ってる。

 東京の学生なら、小学生でも知ってる子は知ってることだな。。。)と

内心あきれていた。

 

 

田舎は学習のスピードがとにかく遅い。

私の学生時代ですら、東京の進学校から田舎の学校に来た教師が、

『田舎の生徒の学力の低さに驚いている。

 これで、偏差値○○とかほんとか!?と驚くけど、

 所詮偏差値とは、その学校の生徒の平均が(どうしたこうした)』と

言っていた。

 

田舎で偏差値70台あっても、

都会の偏差値70台の人とは違うらしい。

 

 

有識者から教わったことがあったが、

そのからくりを知り、

(田舎で多少出来がいいからと威張ったところで

 所詮、井の中の蛙、田舎侍ってことね)と思った。

 

クズ男は、ほんとに田舎の乞食侍。

汚い、下品、ばい菌、頭悪い。。。

自分の菌で脳みそおかしくしたのか?というくらいおかしい。

 

 

『俺が分かってないってほんとに!?

 絶対!? 絶対なんだね!???』とクズ男はよく怒鳴り散らしていた。

 

 

『俺は学生時代から優秀で』って、

(田舎の学校で1番って言っても、意味ないよ。

 それに、クズ男が通っていた小中校は、

 全て、その田舎の中でも、中の下か、下の上くらいのレベルじゃないか。。。)

 

『俺はあの会社で一目置かれてる』って、

(『あれくらいの仕事は他の会社では、絶対に評価されない。)等と

 陰で悪口を言われている。

 誰も一目置いてないし、それに、ブラック企業で一目置かれてもね。。。)

 

 

この他にも、

『いや、、、、田舎での評価、学生時代の評価は当てになりませんよ』と

思うが、クズ男にはそれが全て。

見てる世界、触れてきた世界が狭すぎて、小さすぎて、

自分が愚かで滑稽なことをしていることに気がつけない。

 

 

ある日、

『今日は、野菜の本が届くから早く帰らないと行けないんだ!』と

クズ男が言っていた。

 

あぁ、誰か野菜に興味のある人がいて

その人に『すご~い!なんでも知ってるんですね!』と言わせるために

また先回りして勉強する気なのかな。。。

呆れる、めんどくさいやつ。。。と思いっきり軽蔑してしまった。

 

クズ男がいつまで経っても何もないのは

こういうことだろう。

 

どんなことでも『俺が1番』でいないと気が済まない。

そして、無理やりつけた知識を公衆の面前で披露する。

 

 

驚くのが、

『この前上司Bに、(上司Bは○○(英単語)ですね)って言ったの。

 そしたら、(○○(英単語)って何?)って上司Bが言うから、

 (○○って意味です。上司Bの苗字じゃないですか)って言ったんだけど、

 上司Bがぽかんとしててさ(笑)

 あの人、バカだから何も知らないんだよ(笑)』

とクズ男が馬鹿にして笑っていたが、

 

 

その英単語の意味と、上司Bの苗字は正確には合ってない。

苗字の漢字2つあるうちの1つが、英単語の○○にかぶってはいるが、

上司Bの苗字は○○ではない。

 

 

自分の知識をひけらかすことに一生懸命過ぎて分かってないクズ男が怖い。

そりゃ、上司Bもポカンとするだろう。

上司Bも可哀想だな。

こんなバカに馬鹿にされてと思った。

 

 

『その英単語と、上司Bの苗字って関係ないよね?

 上司Bも対応に困ったと思うけどな。。。』と私が言うと、

『え!?違うよ!

 上司Bは知らないことが多すぎなんだよ!

 あの人バカなんだよ。知らないの!?』とクズ男が言っていた。

 

上司Bのことは知らない。

興味がない。

だから、上司Bが馬鹿でもどうでもいい。

 

その英単語は日常会話で使うことはほぼない。

日本語でだって、そんな単語、小学生の時に使ったくらいか。。。

 

馬鹿のくせに賢ぶりたい知識ひけらかし系の人は、

相手が求めていないことを言う。

 

『そんなの私は知らなくていい』と言うと、

『知らないことがばれたのが恥ずかしいんだね』等と馬鹿にしてくるが

なんだ、それ(笑)と内心笑ってしまう。

 

脳みそを有効利用したいんだよ。

自分にとって使わない不要なことを覚えて

覚える領域を使いたくないの。

 

お前さ、容量決まってるPCになんでもかんでもインストールするか?

容量決まってるなら、自分にとって必要な物しか入れないんじゃないのか?

 

容量の使い方がへたくそな人は、

いつまで経っても必要なことを成し遂げられない。

だから、クズ男は長期浪人をしている。