『田舎の友達と東京で会いたくない。恥ずかしいと思う気持ち分かるよ』という話。。。

 

『田舎の友達が東京に来た時、

 ほんっとに嫌な思いしたんだ。

 

 声でかいし、訛ってるし、

 一応本人はおしゃれしてるつもりなんだろうけど、

 どこかダサくて田舎臭するし、

 一緒にいて恥ずかしかった。

 

 あれ以来、理由をつけて2度と東京では会ってない。

 

 田舎の人って、『東京にいる人に負けてない!』っていう

 意味不明な感情ぶつけてくるけど、

 そういうことをしている時点で負けてると思うのね。』と

友人が言っていた。

 

『それに。。。

 人って(一緒にいるの恥ずかしい)って思うのはダメだって

 分かってはいるけど、でもやっぱり恥ずかしいと思う。

 

 (あの人たちの仲間)って思われたくない。

 

 田舎にいると、ほんとに仲良いとかそういうのどうでもよくて、

 (たくさんの人と仲いいふりしてるのが良い)みたいな、

 (常に誰かと繋がってたらいい)みたいなところがあったけど、

 

 東京に来て、量より質って思った。

 

 田舎の繋がりは質より量。

 東京は量より質。

 

 どんなにたくさんの人と仲良くても、

 その人たちがダメならダメ。

 関わる人数が少なくても、

 人に恥ずかしい気持ちを持たず安心して紹介できる

 質のいい人とだけ関わりたいと思うようになったんだ。』と

友人が言っていた。

 

 

言ってること、分かる。。。

すごく分かる。。。と思っていると、

 

『だから、別に(人を差別したり恥ずかしいと思うのはダメだ)って

 自分のこと責めなくて良いと思うよ。

 

 だってさ、あなたのことを悪く言ったクズ男や

 同期のおばさん、会社の人たちも

 あなたの何かを嫌だと思って嫌ったんでしょ?

 

 差別とか恥ずかしいなのか分からないけど、

 お互いが嫌だと思ってるのに無理して関わる必要はないし、

 それに、田舎の人って面と向かって侮辱するからね。。。。

 

 私もそれが嫌で、地元の人とはだいぶ前から疎遠になったよ。

 田舎にいるとなんでだか知らないけど、

 平気で面と向かって嫌なことを言うようになるでしょ?

 

 で、言われてるこっちがひたすらに我慢するでしょ。

 なのに、こっちの気持ちは無視して、

 ひどいこと言いまくるからね。。。

 

 あなたの田舎の人をコケにする感情、

 よく分かるよ。

 もし可能なら、田舎の人と縁切った方が良いと思うよ。

 

 私も一時期、今のあなたみたいに心の中ドロドロになって

 地元の友達のことすごい悪く思ったことあったから。

 

 それこそ殺意とか平気で持ったよ(笑)

 言われたこととかされたことをふと思い出しては、

 (あんのやろー!人が下手に出てりゃつけあがりやがって!

  潰す!!!)みたいなことは

 当たり前のように思ってたよ。

 

 

 関係絶ってから数年後におさまったけど、

 でも、毎年入社してくる田舎者って、

 心のどこかで『けっ!』って思う。

 東京にそまってない田舎者とは関わらないことにしてるんだ。

 

 ゴミと関わると自分もゴミになるよ。』と言われた。

 

そうなのか。。。。。。。。

 

やっぱり、関りを断つしかないのか。

 

こういう人たちとの上手い付き合い方を知りたかったが、

誰に聞いても、『田舎の人は無理』と言う。

 

でもね、日本のほとんどが『田舎者』

 

それを避けててもどうしようもない。

 

量より質ね。。。