上司Pは『俺は天上天下唯我独尊という言葉が好きだ!』と言っていたが、ほんとの意味を分かって言ってるのかな?と疑問に思っていたこと。。。

 

上司Pは、

『この会社はバカばっかり』、

『皆バカ、皆死刑です』、『皆クビ』、

『俺は人間が嫌い』等々、口を開けば悪態をついていた。

 

あまりにひどいのと、クズ男のことで嫌気が差していたため、

2014年の夏頃から、

『皆クビ、死刑』って、その容姿でよく言えるな。

その容姿、人間としてクビです。等と思うようになっていた。

皆がおびえるその容姿。

皆、それに耐えている。

風邪をひいてもマスクをせずゲホゲホ咳をする。

『インフルエンザになっても休まない』と迷惑なことを言う。

(それこそ(死刑)と言いたくなる。

 インフルエンザとともにこの世から消えてくれと思う)

くしゃみをする時も手を当てない。

そのため唾がそこら中に飛んでいるのが見える。

汚い。

皮膚がボロボロ落ちて、スーツには落ちた皮膚がついている。

人のそばでその皮膚を払う。

呼吸をしていると、その空気に舞っている皮膚片を吸い込んでしまい、

その後、私は何度も体調を崩した。

歩く菌、ばい菌マン。

『死刑』だと? それは自分に言ってくれ。。。と何度も思った。

 

 

 

攻撃的な言葉は不要な敵を作る。

容姿も悪いし、過去いじめられてたと言っていたから

優しくしようと思っていたが、そんな気が失せることもあった。

 

優しくしようと思う気持ち半分、

もう優しくする必要ないでしょと思う気持ち半分、

どちらが出るかはもう上司Pの態度次第になっていた。

 

 

 

ある時期から、

『俺は天上天下唯我独尊という言葉が好きだ!』と

上司Pが言うようになった。

 

この(天上天下唯我独尊)という言葉。

結構間違えて使う人が多い。

 

本来の意味は、

『人は皆、尊いものだ。ダメな人などいません』という

意味らしいが、

この言葉を、漢字そのままで訳し、

『この世に存在するべき価値のある人間は俺(私)のみ!』と

(その他の存在は一切認めない。

 認められるべきは自分のみ!!!!!)という

とんでもない自己中心野郎な意味で間違えて使う人がいるらしい。

 

 

上司Pは、

『人は皆、尊いものだ。ダメな人などいません』、

『この世に存在するべき価値のある人間は俺(私)のみ!』、

のいったいどちらの意味で理解し、

『俺はこの言葉が好きだ!』と言っているのか不思議だった。

 

 

ただ、

『この馬鹿どもが!』と言い、

『俺は神だ!!!!』と自分で言う上司P。

『この会社では俺がルールだ!』と脳みそぶっ飛び発言をする。

 

このような人が、

『人は皆、尊いものだ。ダメな人などいません』の意味で、

『俺は天上天下唯我独尊という言葉が好き』と言うとは思えなかった。

 

『皆が尊いもの』と思うのなら、

もっと人に優しく、

もっと人に思いやりの心を持って接することが出来ただろう。

 

 

いつも上司Pが言っているのをもとに考えると、

おそらく、

『この世に存在するべき価値のある人間は俺(私)のみ!』

という意味で『天上天下唯我独尊という言葉が好きだ!』と

言っているのだろうが、そうだとすれば恥ずかしい。

 

『俺は言葉の意味をきちんと理解しないで使うバカは嫌いだ!』と

言っていた上司P。

 

 

だから、私は『天上天下唯我独尊』の意味を知らずに使ってるとは

思えなかったし、上司Pのことだから、

すぐに調べて覚えることくらいするだろうと思うと、

(どういう意味で(好きだ)とか言ってるんだろう)と

増々疑問に思った。

 

ただ、『どういう意味で好きだって言ってるんですか?』と

聞いても、『俺を馬鹿にしてる』と勘違いされ

不要な攻撃を受けると思ったため、聞けずにいた。

 

 

久々に、『天上天下唯我独尊』という言葉を見て思い出したのだが、

上司Pは一体どういう意味だと思って

この言葉が好きだと言っていたのだろう。