『怒鳴るのは、人としてなってない心の弱い卑怯者がすることだ』と言うが、ほんとにその通りだと思ったこと。。。

 

あの会社の人やクズ男は、よく怒鳴る。

自分の思い通りにいかないと、とにかく怒鳴る。

何もなくても、初めから怒鳴って話してくる。

とにかく疲れる。

 

 

ヒステリックババアが1番ひどかったため、

腹が立ち我慢できなくなり、何度か、

『だから、なんですか!??』と怒鳴ると、

青ざめた顔をして黙る。

そして、それを何度かやると、『ねぇ、○○(私)~』と

甘えた声を出して話しかけてくるようになった。

その作り笑顔が、また気持ちが悪かった。

 

 

(怒鳴る人は心の弱い人。

 その弱さを人に悟られたくないため、

 先に怒鳴り(怖い人)と印象付けてなめられないようにしている。)

と言うが、ほんとにその通りだと思った。

 

私だけではないが、

その他大勢だって、気が弱くて怒鳴らないわけではない。

『怒鳴る』という行動、

はたから見ていると、怒鳴っている顔が気持ちが悪い、

怒鳴っている姿がとにかく醜い、

怒鳴りつけ相手を委縮させ制圧した感等に酔いしれた

恍惚の表情が情けない、ださい、かっこ悪い。

あのように自分はなりたくない。

そう思うから、ほとんどの人が人を怒鳴らないだけだ。

 

でも、人間には誰にでも限界というものがある。

1番怖いのは、それまで黙って我慢して聞いてくれていた人が

一斉に無視したり、怒鳴り返すこと。

 

クズ男は、典型的な『弱いから怒鳴り強い人間を装っている人』

あいつは、ほんとに弱い。

実際に、男性に絡まれたとき、青ざめてかたまったり

そそくさと私を1人置いて逃げた。

場が解決した後、『ちょっと!遅いよ!何してたの!??』

と怒鳴ってきた。

私が男だったら、完全に殴っていた。

 

あんな卑怯で弱い虫のようなゴミクズクズ男を

怖い等と思うことはない。

『毎日毎日、偉そうに!うるせーんだよ!

 奇形妖怪やろーーー!!!』と怒鳴ってやればいいだけだ。

それも、1人ではなく複数で。