『家電製品買う時俺に言ってね。俺、量販店のポイントカード持ってるから、俺のカード使って』とクズ男に言われた時、怖かった。(ポイントまで取ろうとするなんて、すさまじい物乞い乞食根性だ)。。。

 

iMac欲しいって言ってたよね?』とクズ男に聞かれた。

 

『うん、言ったけどなんで?』と聞くと、

『もう買ったの?』とクズ男。

 

私  : 『まだ買ってないけど。』

クズ男: 『じゃあ、今度下見に家電量販店に行こうよ。

      連れてってあげるよ。』

私  : 『え?いいよ、行かなくて。ネットで見れるし。』

クズ男: 『ダメだよ、実物見ないと。サイズ感とか分からないでしょ。

      Macって意外と大きいよ。

      部屋に置いた感じ、なんか違うとか思うかもしれないし、

      今度連れってあげるから』

ととにかくクズ男がしつこい。

 

(サイズ感)って何?

(部屋に置いた感じ違う)って何?

Macって、そんなにでかくなくない????

 

100インチ以上あるの?

それ以上だと、思ってた場所に置けないけど、

でも、ネットで見た感じ、大丈夫だったよ。

メジャーで測ってみたけど、十分置けるから大丈夫だけど。。。

 

 

やだな。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どうせ、

『俺、あのバカ女のこと量販店に連れてってあげてさ。

 いい歳なんだから、自分で運転しろよって感じじゃない。

 病気だからとか何とか言ってさ、一人じゃどこにも行けないんだよ。

 仕方がないから、俺が連れてってあげて~。』等と言い、

 

『さっすがクズ男君!優しいよね。

 ほんとにクズ男君は素晴らしい!!!』

と馬鹿な太鼓持ちの友人に言わせるために連れて行こうとしてるんだろ。

 

それと、(人の役に立っている俺)を演出し、

自分の

『俺って、こんな長期浪人してていいのかな?

 大丈夫だ。大丈夫だよ。

 俺は人の役に立ってるんだから、俺は大丈夫だ。』

等と、自分の存在価値確認のために私を使ってるだけだろ。

 

だから、嫌なんだよ。

人生に失敗している人間は、自分よりダメそうな人間をはべらせて

『俺(私)は、まだまだ大丈夫だ!』と自分を保とうとするから。

全然大丈夫じゃないよ。

それやってる時点で、軽く精神病んでるから。

長期的にやり、その状態が慢性化すれば正常に戻れなくなるんだぞ。

 

まぁ、クズ男はきっと10年以上そういう状態だろうから、

もう正常に戻るのは難しいだろうな。

ご愁傷様でーーーーーーーーーす。

 

 

いつものことだが、私が折れない限り話は終わらない。

『じゃあ、今度ね。』と私が言うと、

『うん!今度連れてってあげるよ!!!』と

クズ男が満面の笑みで答える。

 

 

『連れてってあげる』か。。。。『あげる』ね。。。

なんだ?その上から目線。ムカつくーーーーー。

お前さ、自分のやってること分かってないの?

運転してどこかに連れて行くって、運転手の役目ね。

要は、使われてるの。

私的に、運転手って雇って使う物なのよ。

自ら雇われに行くとか、馬鹿か?と思う。

なぜ田舎の人は、『送る』とか『連れて行く』という行為が

上から目線になるのだろう。

ただの雇われ運転手(無料で)だろ????

だっさ。。。。。。。。

20代の頃、通勤も通学もめんどくさくて車だったが、

運転手を雇ってのことだ。

だから、私的に『運転手』というのは、どうもね。。。。。

 

 

 

 

その後、家電量販店に行きiMacを見た。

ネットを見ればサイズは出ているし、だいたい想像がつく。

思った通りのサイズ感。

改めて確認することもなかった。。。。。。。

 

『どう?やっぱり実物見ると違うでしょ?』とクズ男が言う。

『あぁ、、、、、、、、、』と何とも言えないでいると、

『え? 実物見て良かったでしょ?』とまたしつこい。

 

『あぁ、そうだね。』と私が適当に言うと、

『ね、だから、実物見たほうがいいって言ったんだよ。

 それなのにあなたは、(見る必要ない)とか言ってさ。

 ダメだよ。俺の言うこと聞かないと。』

とバカゴミクズ男が偉そうに言う。

 

あぁ、この偉そうな顔、1回でいいからぶん殴りたい。

気持ち悪すぎてムカつくんだよ。

 

なーにが、

『俺の言うこと聞かないとダメだよ。』なんだ?

見ても何もねーよ。ただの時間の無駄。

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ーーーーー!!!

 

 

こいつの提案すること、全て役に立たないから、

全部無駄!!!!

時間もお金も体力も精神も、ぜーーーーんぶ無駄に消費させられる。

ムカつく。なんだ?このゴミ。。。。。。。

とイライラしていると、

 

『で?どうするの?買う?

 あ、買う時言ってね、俺、ポイントカード持ってるから。』

とクズ男が言ってくる。

 

は????????

奢られてお小遣いにまでなりそうなくらいお金取り上げておいて、

さらに、ポイントまで貰う気??????

 

おいおい、どこまで図々しんだよ。

怖いよ。

 

そう思ったが、『うん』とだけ言い、

『でも、今日は買わなくて良いな。

 もうちょっと考える。』と言うと、

『なんで?欲しいんでしょ?

 欲しいと思った時に買わないとダメだよ。』

とクズ男がうるさい。

 

そんなにポイント欲しいのかよ。うるさいな。。。

『お金の使い方考えた方がいいよ。』とか言いながら、

『買え!』って、なんだそれ????

 

もう、こいつ、その場その場で言うことが違うから嫌い。

『俺は後で、(あの時と言ったこと違うよ)って言われるの嫌なんだ。

 だから、ちゃんと考えてから答えたい。

 だから、考える時間をください。』

とか言ってたよね????

 

 

は????????

もう、、、、、、、、イライライライライライライライライラ。。。

 

 

買わずに車に戻ると、

『そういえば、あなたはポイントカード持ってるの?』

とクズ男が聞いてくる。

『持ってないよ。』と言うと、

『じゃあ、家電買う時俺に言ってね。

 俺、ポイントカード持ってるから、俺のカード使って。』

とクズ男が言う。

 

まだ言うか???しつこい!

それに、今持ってなくても、家電購入時に、

『当店のポイントカードお持ちですか?

 もしお持ちでない場合、この場ですぐにお作りすること出来ますよ。』

って、店員が案内するだろ。

ポイントカードを持ってるお店なら、

どこでもその場で即発行してくれるだろ。

だから、今持ってなくても、即ポイントつけてもらえるだろ。

それか、『カード作りません』って言うと、

『では、ポイント分お値引きしますね』とか言ってくれるだろ。

なのに、なぜお前ごときにポイントあげないとダメなんだよ。

 

 

iMacって15万近くするから、

あれ??????

ポイントつけたら、『1万5千円分』になるのか???

それとも、『1.500円分』????

どっちか知らんが、でも、なぜ私がクズ男に、

『1.500円分』でも『1万5千円分』でも、

ただであげないとダメなんだ????

 

(量販店に連れてってもらったお礼???)

礼金にしては高すぎだろ。

なに、このたかり屋。

怖いんだけど。

 

そして、お金のことをグチグチ考える私も怖いんだけど(笑)

 

あぁ、やだな。

クズ男といると、貧乏ケチ女みたいになる。

 

『あなたはすぐにお金お金言うよね。』とクズ男に言われたことがあったが、

(言わせてんのは、てめぇだよ!!!!)と怒鳴りつけたくなった。

 

 

どうしよう、金金金金金金金って言ってたら、

カネゴンになりそうだよ。

もうやだ、クズ男といると、嫌な体験しかしない。

なんで私が金金言わないとダメなんだ?????

 

『もう情けなくて嫌だ。貧乏人みたいで嫌だ。

 もうヤダーーーーーー!!!』と私が言うと、

 

『だから、貧乏人と関わるなって言ったんだよ。

 貧乏って移るからね。

 100円を100円と思うあなたと、

 100円を1万円と思うクズ男では、

 金銭感覚が全く違うから、話が合うわけないんだよ。

 

 そうそう、過去にブランド服着てたら、

 (あ、俺と同じユニクロの服だね)って言われて、

 イラっとしたことあった。 

 見たら、まぁ、ぱっと見は同じ感じで。

 こっちは10万円台の服だよ。

 お前のユニクロと一緒にすんなよって

 すごい腹立ったことあったよ。

 

 貧乏人といると、もうね(涙)

 俺もあの頃、『あんな貧乏人と一緒にすんな』とか、

 『俺のは〇十万円するんだよ。』とか

 それこそ、金金言ってたな。

 今のあなたって、あの頃の俺みたい。

 ね、貧乏人といるとイライラするでしょ?

 俺が貧乏人をすごく嫌う理由分かってくれた?』

と友人に聞かれた。

 

『分かる、分かるよ。

 こういう気持ちだったんだね。

 貧乏を見下すとかそういうことじゃなく

 なんていうか、、、

 感じないと分からないこの感情。

 これを(差別はいけません)って言葉で片づけるのは厳しいね。』

と私が言うと、

『そういうこと。 

 だいたいさ、ダメな人に合わせて発言したり行動してると

 こっちの身が持たないよ。

 相手は『差別はいけないんだ』って言葉を武器に

 こっちを攻撃してくるでしょ。

 そうすると、こっちは防御のみになるでしょ。

 卑怯だよね。

 

 それと、クズ男って学歴差別激しいんでしょ?

 (差別はダメだ)って言っておいて、

 自分は学歴で人を差別するとかおかしいよね。

 しかも、2・3流大卒の分際で学歴差別???

 レベル低くない? どういう思考回路なの?

 

 

 あなたが高卒って嘘ついたから調子乗って

 馬鹿にしてるんでしょ?

 証拠ないと信じないなら、卒業証明書持って行ってさ、

 『私は○○大卒だ!』って水戸黄門の印籠ばりに見せてやれば?

 

 クズ男がどういう反応するのか見たくない?』

と友人が言う。

 

『あ。。。。それはやってみたいかも。

 どういう反応するんだろう。

 たぶん、青ざめて無言になると思うけど、

 意識取り戻した後の対応が想像つかないな。。。

 

 (だから何!??)とか怒鳴るのかな。

 でもそうしたら、

 (あんた、今まで俺、○○高校卒業で~とか

  ○○大に行ってた時~)とか自慢げに言ってたよね?

 

 ってか、○○高校とか○○大とかどこそれ????

 私の卒業大学は、世界中の人が知ってるよ。

 お前と頭の出来が違うんだよ!!!

 この、ぼけなすかす太郎が!!!

 今までよくもまぁ馬鹿にしてくれたな!

 私に言った言葉、そっくりそのままお前に返す!

 馬鹿で浅知恵で、頭だけでかくてちっちゃい脳みそしかない

 ゴミクズクズ男さん。

 よくもまぁ、これまで散々馬鹿にしてくれたな。

 今後、覚悟しとけよ、ゴミカス野郎)

って言えたら、すっきりするんだろうな。。。 

でもな、これ言ったら、私もクズ男と同じ

学歴差別するゴミクズ)になる。

 

私さ、学歴差別はやったらダメな気がするんだよね。

だいたい、学歴偏差値と仕事偏差値ってイコールじゃないでしょ。

 

いい学校卒業してても、ろくでもない仕事出来ない人はたくさんいるし、

ダメ学校卒業してても、仕事の出来の良い人もいる。

 

勉強脳と、仕事脳は別と思ってるから、

やっぱり、さっきのセリフは言いたくない。

言ってみたい気持ちはあるけれど、言ったら終わる気がする。

 

クズ男って、人が言った嫌なセリフは馬鹿みたいに覚えてるから、

私が『学歴差別反対!』って言ったら、

『あなた、学歴で俺のこと馬鹿にしたよね。

 そんな人が何偉そうに言ってるの!???』とか言うのは

目に見えてるから言えない。

くっそーーー、だからああいう自分都合のバカ嫌いなんだよ。』

等とグダグダ言い続けていた。

 

 

確かに、差別はダメだけど、それを武器に人を攻撃したら、

それは差別をしている人間と変わらなくなる。

自分の持っている物をどう使うのか、

使い方を間違えると、差別してる人間と変わらなくなるな。。。

 

それに、人は差別したり格付けするものだ。

考える力があるんだから、それは仕方がない。

ただ、それをあからさまに出すのか、

心で思うことはあっても、何も考えていない風を装えるのか。

 

それこそ、考える力があるのだから、

どう行動し発言するのか、考えて行動するしかない。

 

私は出来るだけ差別したくない。

差別発言したくない。

未来の自分の状況が悪くなった時、

自分の言った言葉で人に責められたくない。

 

それに、人に言われなくても、

人に言ったことは覚えている。

そのセリフが自分を苦しめるだろう。

 

人が悩み苦しむ理由は、記憶しているからだ。

自分の記憶が自分を苦しめ狂わせ精神を病ませる。

痴呆症になった人が、被害妄想が強くなり、

監視されている気になったり、

常に悪口を言われている気がしたり等

結局、そういうことなんだろう。

痴呆症になっても、色々忘れても

自分を攻撃するネタは保存されてしまっている。

痴呆症末期の幻覚なども。。。

恐ろしい。人の記憶はほんとに恐ろしい。

 

 

『嫌なことは記憶するな、忘れなさい。』というのは、

自分を苦しめる毒を自分の脳から追い出すためだ。

そうすることで、自分の心を守る。

でも、嫌な記憶ほどよく残る。

そして、その記憶がずっと自分を苦しめる。

 

 

人が怨恨で人を殺すのも、

それも、何年も前の恨みで人を殺すのも

これが理由だ。

記憶が自分の中の恨みつらみを増幅させ

いつしか殺意を抱き、最終的に殺してしまう。

『この人さえいなくなれば、自分はこの苦しみから解放される』

と思い込み、殺してしまう。

でも、殺せば今度は、その殺した記憶が

さらに自分を苦しめる。

『人を殺してはいけない』その理由の1つは自分のためだろう。

自分自身の心を守るために、人を殺してはいけない。

だから、人のことは殺さない。

どんなに憎くても殺さない。

 

 

あぁ、、、、、、、、、、、、

だから、『私に関わらないでほしい』って言ったんだ。

 

それにしても、20代の頃に色々学んだことが

自分の役に立つと思わなかった。

知らなかったら、今頃完全に精神病患者になっていた。

というか、下手すれば犯罪者になってたかもしれない。

 

クズ男はどこかおかしな空気をまとっていた。

発達障がい者が放つ異種独特の空気。

見なれ過ぎていて、あまり警戒心・恐怖心を抱けなかった。

でも、病院にいる療育を受けている人たちと違い、

しつけのなっていない野放し状態の野生動物のようなクズ男は

関わるべきではない。

あれは、人間ではない。

 

ミサイルも、こんな感じで警戒心が薄れていくんだろう。

で、『サイレン鳴ってるけど、今日も大丈夫でしょう。』

と油断したときに、ドンッっとやられるんだろうな。

私がクズ男にグサッとやられたみたいに。。。

 

慣れというのは、ほんとに恐ろしいものだ。。。