『俺だって色々我慢してるんだよ。』と言う男は、なぜ自分勝手で我が侭だという自覚症状がないのかと不思議で仕方がないこと。。。

 

人と関わっている時、人に対して怒りや不満を感じるが、

その時、

『この人も、私に対して何らかの怒りや不満を感じてるはずだ。

 私も何か我慢させているだろうから、

 (私だけが我慢している)と思わず、我慢しよう。』と思う。

 

 

クズ男は、とにかく何でも言いたい放題。

自分の計画した通りに行かないと、すぐに癇癪を起して怒鳴る。

あれだけ好き勝手にしているくせに、

『俺だって色々言いたいこと我慢してるんだよ。』

と怒鳴ってきたことがあった。

 

 

え?????それで?????

嘘だろ??????

何を言ってるんだ、こいつは????

と疑問だらけだった。

 

そもそも、

『私は厄介な性格をしているから、あなたには対処しきれない。

 関わらないでほしい。』と何度も言っている。

 

それなのに、仲良くすることを強要してきたのは

クズ男だ。

相手がめんどうな人間だと初めから分かって関わっておいて、

『俺だって我慢してることがあるんだよ。』って、

お前はほんとに頭が悪いんだなとあきれしかなかった。

 

自分からしつこく関係を迫っておいて

『我慢してるんだよ。』って。。。

だたのバカだろ(笑)

 

それに、あれだけ言いたい放題のくせに『我慢』?

よっぽどこらえ性がないんだな。

基本的にクズ男は、『言ってはいけなことがある』等の

人として取るべき行動がしつけられていないため、

脳内垂れ流し状態の言動。

 

あれだけバカな行動を取っておいて、『我慢』か。。。

 

 

 

 

20代の頃付き合っていた人で、

表面上はとても良い人(悪く言えば、八方美人)の人がいた。

それこそ、彼は評判が良く、悪い話を聞いたことがない。

『○○さんとお付き合いできるなんて羨ましい。』、

『毎日楽しいでしょ。いいな』等と

よく女性に言われていた。

 

クズ男の時は、

『あいつと関わるのをやめろ』等と言われ、

とにかく、人前で話すのを見られたくないと思っていた。

あの時の彼とは大違い。

 

あの彼の時は別で、人前で話すことに全く抵抗がなかった。

だから、あの彼に『皆の前で声をかけないで』等と言ったことはない。

 

そう、ほんとに自慢できるくらいの人なら、

むしろ皆の前で声をかけてほしい、

色々な場所に遊びに行きたいと積極的に思う。

 

だがそんな彼とも、お付き合いするうちにどんどん不穏な空気が

漂うようになった。

 

『メールの返信が遅い!15分以内に返して。』、

『休日は絶対俺と会って。他の人に会うのは許さない。』、

『なんでおしゃれするの!?他の男のこと意識してるの!???』

等と、どんどん束縛男と化していった。

 

『私のことを女として見るのはあなただけだよ。

 そんな変な心配しなくても大丈夫だよ。』と

何度私が言っても彼は言うことを聞かず、

どんどん束縛がひどくなり、彼からメールがくる度に

吐き気がするようになっていた。

 

限界だと思い、

『ごめん、もう無理。別れたい。』と私が言うと、

『別れたくない! 

 いいよ、メールくらい返さなくても、電話しなくても。

 休日に友達と遊びに行ってもいいよ。』と

必ず言ってくる。

彼の謝罪と反省を聞いていると、

(私の行動が彼をこうさせていたのかもしれない。

 彼だけではなく、私も悪いのかもしれない。)と思い、

結局別れることが出来なかった。

 

でも、これは立派な精神DV、モラハラ男。

『俺がこうなってるのはあなたのせいだよ!』

このセリフを言う男は、精神DVモラハラ男。

 

実際、私も経験して思うが、

このセリフを言われると、『私も悪いのかもしれない』と思うし、

『じゃあ、あなたは完ぺきなの!?

 俺に嫌な思い、何もさせてないと思ってるの!???』

等と詰め寄られると、

(そうだよね。私も何か嫌な思いさせてるんだろうから、

 お互い様だよね。)等と思い、結局別れることが出来なくなる。

ほんとに、マニュアル通り。

マニュアル通りの行動を私もしていた。

だから、思う。

あのようなことになると、当事者間での解決は絶対に無理だなと。。。

 

 

『私が悪い』は、ほんとうに違う。

『お互い様』とか、『あなたがどうのこうの』と言う人は

男女問わずいる。

都合が悪くなった時だけ、

『友達でしょ。』、『家族でしょ。』等と都合の良い言葉を持ち出す。

 

だいたい、こういうことを言ってる人は、

普段、他人に対する態度がとても悪い。

 

なのに、まともなこっち側がなぜかいつもそういう人たちに

翻弄されてしまう。

 

結局、あの彼の時、ほんとに限界になり、

『もう無理。もうこれ以上は無理。別れたい。』と言った。

 

すると、それまで泣きながら

『ほんとにもう束縛しないから。』と言っていた彼が、

 

『俺がこの3か月、何も我慢してないと思ってるの!???

 俺だって、言いたいこと、したいこと、我慢してたんだよ!』

と怒り出した。

 

その時、唖然としてしまったが、彼のそのセリフで

(私たちは絶対に一緒にいてはいけない)と思った。

 

私にとって、彼は私を苦しめる存在で、

彼にとって、私は彼を苦しめる存在。

 

無理をして、何かを我慢してまで一緒にいないといけない理由。。。

その理由がどこを探しても、いくら考えても出てこない。

 

(私のようなブスが、こんな人気のある男性とお付き合いすることは

 もう2度と出来ないだろう。

 ブスなんだから、多少我慢しないとね。)等と

思っていたこともあったが、

なぜブスだと理不尽なことにも耐えないといけないんだ????

 

あの会社の上司が、

『ここにいる人たちは、バカばっかり。

 他に行くところのない人たちだから、

 どんなにひどい扱いしてもいいんだよ。』等と言っていたが、

え?その容姿でそれ言ったらダメでしょ。

それを言うなら、あなたに対して嫌な態度取る人がいても、

注意出来ないよね。

 

『あんな気持ち悪い奴、なんでまともに相手しないといけないの?』

と言われたことがあったが、何も言えなかった。

 

片方は、容姿で人を差別し、

もう片方は、頭で人を差別する。

差別された人間は、差別することを覚えるし、

自分を馬鹿にした相手を認めることはない。

 

とは言え、(容姿が悪い奴は黙って言うことを聞け!)

というのも嫌だ。

 

 

あの彼の時も、

(なんでブスだからって、ここまで我慢しないといけないの!?

 ふざけんな!!)と怒りがわき、

(一生1人でもいい。

 だって、この人といても、自由がない。

 自分が持てない。好きなことが出来ない。

 どこかに監禁されているような軽く監禁生活。

 

 ここって日本だよね?

 自由の国、日本だよね?

 なんで日本にいて、こんな監禁生活をしないといけないの?)

等と思い、彼と別れることに決めた。

 

彼に、

『我慢って何? この3か月、言いたいことも言えず、

 したいように出来なくて辛かったってこと?』

と私が聞くと、

 

『そうだよ! あなたがこれイヤ、あれイヤって言うから、

 だから、言いたいことたくさんあったけど我慢したんだよ。』

と彼が言う。

『で、辛かったんだ?』と私が聞くと、

『そうだよ!すごく辛い!!!』と彼が言う。

 

『うん、その辛さ分かるよ。

 私が○○くんといる時に、ずっと感じていた思いだから。

 辛いでしょ?自分の思い通りに出来ず、

 人の言うことだけを聞く生活って、とにかく辛いよね?』

と彼に聞くと、彼は青ざめて無言だった。

 

さらに、

『それにね、私(私と付き合いたいなら我慢して)って言ってないよ。

 ずっと、別れたいって言い続けてたよ。

 でも、その度に、(直すから!別れたくない!)って

 言って、付き合い継続するの望んだのは○○くんだよ。

 私は(直すなら付き合ってあげる)なんて1度も言ってないよ。

 

 我慢することを選んだのは、○○君自身でしょ?

 私は強要してないよ。

 なのに、なんで私が悪いみたいな言い方するの?』

と私が聞くと、

 

『だって、そう言わないと別れるって言うでしょ?

 直すって言えば、別れないで済むから直すって言っただけだよ。』

と彼が言った。

 

その言葉を聞いた時、どっと疲れを感じ、

『疲れた。。。もう無理』と言った。

すると、

『疲れたって何!???』と彼が言っていたが、

私も人との付き合いが、あそこまで疲れるものだとは

それまで知らなかった。

ほんとに疲れた。

 

あの後、彼は泣きながらああだこうだと言っていたが、

一切聞き入れなかった。

 

あれ以来、『皆に好かれている人』、

『誰からも悪口を言われていない人』には

関わらないようにしようと思った。

 

人に好かれている人は、他人が自分を好きになるのは当然で、

皆が自分に注目するのも当然。

自分を否定する人間はいないと思っている。

 

友人知人、仕事関係者程度ならいいのだが、

恋人や配偶者にすべき人間ではない。

 

だから、クズ男が、

『俺は皆に好かれている!信用されている!』と言った時、

(だったら、余計に私はクズ男が嫌いだし信用出来ない)と思った。

 

実際のクズ男は嫌われていて、

クズ男を好きな人間を探す方が難しいと思われる。

あの会社でクズ男を『先生って良い人なんじゃないの?』と

言っていた人も、ちょっとクズ男よりの性格をしているし、

クズ男を好きなヒステリックババアも

相当イカレタ人間のため、クズ男を好きな人間が信用出来ないため、

クズ男のこと等好きになれないし、信用出来ない。

 

 

クズ男がほんとに好かれていたとしたら、余計に嫌いだ。

 

 

20代の頃にお付き合いした男性もそうだったし、

クズ男もそうだが、

『俺だって色々我慢してるんだよ。』という男に限って

しつこい、図々しい、相手の気持ちを考えられない。

 

我慢してるのは、お前だけじゃないよ。

それに、『色々我慢して私に関わってください。』なんて

頼んでないだろ???

彼にも『別れてくれ』と頼んだし、

クズ男にも、『関わらないでくれ』と頼んだ。

 

それでも、

彼は『別れたくない』としつこくすがり、

クズ男も、『イヤだ!仲良くしたい』としつこくすがりついてきた。

 

自分からしつこくすがりついてきておいて、

『俺だって我慢してるんだよ。』ってなんだ????

 

我慢する様なことなら、関係を断てばいい。

ただ、クズ男の場合、少し話が違う。

 

クズ男は、あの彼のような楽しい時間や幸せな時間は

一切くれなかった。

ただひたすらに、地獄のような日々があっただけ。

毎日気持ち悪いゴミとメールのやり取りをし、

あいつの妄想恋愛に付き合ってやり、

あいつの気持ちの悪い顔、体を見て、

食べ方のとんでもなく汚いクズ男と食事に行って。。。

ほんとに最悪だった。

 

『クズ男って、存在自体が気持ち悪いよね。』、

『そんなに不細工なのに、なんでそこまでイケメンと思い込めるの?』、

『よく鏡で自分の顔を見れるよね?吐き気しない?』

等と聞きたいこと、言いたいことが山ほどあった。

ひたすら我慢して、

『かっこいいね。』等と嘘をついた。

 

不細工に『かっこいい』と嘘を言い、

相手がそれを本気にして、『そうかな~』等と得意げになっているのは

見ていて、それこそ『我慢できない』。

胃のむかつきにひたすら耐えたが。

 

30前半であの気持ち悪さ。。。

人間はどんどん歳を取り劣化していく。

今後、もっと妖怪化が進むんだろうな。。。

 

あまり周囲の人間に我慢させないようにしてほしいものだ。