『あなたの言ってることがほんとのことか分からないからね。口でだけなら何とでも言えるからね。』とクズ男が言っていたが、なぜクズ男がそう言っていたのか分かったような気がすること。。。

 

 『あなたの言ってることがほんとか分からないからね。

 口だけなら何とでも言えるからね。』

とクズ男に言われ、驚いた。

それまで、こんなことを言う人は1人もいなかったため

ほんとに驚いた。

 

私は人と話すとき、その人が言ったことはほんとのことだと思って

聞いている。

例え、その話が嘘だとしても、

その人がそう言うのなら、それをほんとのこととして話をする。

別に、話の内容が嘘だからといって私が傷つくことはない。

それに、もし嘘をつかれたとすれば、

ほんとのことを言いたくないと思われているだけだ。

要は、私が信用されていないだけだと思うため、

どうでもいい。

 私は嫌いだったり、信用出来ない人の場合、

適当に話をする。

ほんとのことなど言いたくない。

だから、他の人も同じだと思っているため、

相手がほんとのことを言うか、嘘を言うかで、

自分がどう思われているのか判断するだけだ。

 

 

 

 

クズ男と関わるまで、話をしている時、

『あなたの話は、嘘、妄想、虚言、ドラマの見過ぎ』

と言われたことは1度もない。

あの会社に入って初めて言われた。

同期のおばさん、クズ男、上司Pやその他。。。

 

 

『私は話し方は変わってないし、

 なんで、そう言われるのか意味が分からない。』

と私が言うと、

 

『環境レベルが全く違う人だからね、

 あなたの話は大袈裟に聞こえるんじゃない?

 田舎に出張に行ったとき、同じようなこと言われたことあるよ。

 

 方言で話しかけられて、意味わからなくて聞き返すと、

 (なんで分からないんだよ)、

 (気取ってんのか!?)とか言われて、

 あんな汚い言葉、誰が分かるんだよ!?って

 内心腹が立ったけど、(すみません)って言っておいた。

 田舎の人って会話レベル低いよね?

 給料いくらもらってるの?貯金いくらあるの?とか

 質問も気持ちが悪いし。

 別に、あんなレベル低い人たちに嫌われても気にすることないと思うけど。

 むしろ、同類と思われず嫌がられて良かったと思うよ。

 田舎の人に好かれるためには、レベル下げるしかないじゃない。

 素で田舎の人に好かれたら、

 それってどうしようもないダメ人間ってことでしょ?

 田舎の人に受け入れられたら逆にへこむ。』

と友人たちが言っていた。

 

『それとさ、クズ男ってやっぱり頭おかしいよね。

 自分のことは信じてとか言って、

 あなたのことは信じないって言うんでしょ?

 自分のこと信用してくれない人のこと、

 人間は信用しないよ。

 

 優しくしてもらえるから優しくする。

 好きになってもらえたから好きになる。

 大事にしてもらえるから大事にする。

 信用してもらえたから信用する。

 

 意地悪されたら意地悪する。

 嫌われたから嫌う。

 ゴミ扱いされたからゴミ扱いする。

 信用してもらえないから信用しない。

 

 これが人間のすることだよ。

 人って、自分を映す鏡なんだよ。

 相手が自分を嫌うのは、自分がその人を嫌いだから。

 相手が自分を信用しないのは、自分がその人を信用してないから。

 相手が嫌な奴と思うのは、自分がその人に嫌なことをしてるから、

 それを相手もし返してるだけだよ。

 

 こんな簡単なことも分からず、

 (俺はあなたを信じないけど、あなたは俺を信じてね。

  あなたは俺を信じる必要があります。

  なぜならば、皆が俺を信用してるからです。)

 って言われても意味不明。

 

 そもそも、クズ男が言ってる『皆』って、

 あなたは信用できるの?

 自分が信じていない人たちが信じてる人を信じれるわけないよね?

 しかも、ブラック企業で非常識にまみれた人たちが

 信じて好きな人ってやばい人でしょ。

 

 採用面接時に、

 『私はブラック企業でトップでした。

  皆に慕われて信用されていました。』って聞いたら、

 (こいつ、やばい奴だ)と思って、即不採用決定だね。

 ブラック企業に適合できるなんて、

 人として感覚ずれてる人だからね。

 ブラックをブラックと思えない感覚、

 そんなブラック企業に適用した挙句、 

 トップはってました、ってやばすぎでしょ。

 そんな会社で、『好かれてた、信用されてた』って、

 即やばい人間決定だけど、そういうのクズ男は分かってないのかな?』

等と言っていた。

 

 

そんな話をしている時に、気づいたことがある。

私を嘘つき呼ばわりしていた同期のおばさん。

T部署の人たちに私の作り話をして、

私が嫌われるように色々していた。

内心、(そんなことしてる暇があったら別のことしろよ)

と思ったが、ああいうことが趣味の人には

何をどう言っても、どうしようもない。

私と同期のおばさんが言っていることがつじつまが合わない時、

『あの人(私)は、嘘つきだから。』と言い、

同期のおばさんの話を信用させようと必死だった。

 

ある時、T部署の人に、

『あなたとあのおばさんが言っていることは真逆。

 ってことは、どっちかが嘘ついてるってことだからね。』

と言われた。

 

正直、もうどうでもいいと思った。

人が信用するのは、自分が好きで大事に思う人だ。

このセリフが出るということは、

これを言ったその人にとって、

私も同期のおばさんもどうでもいい存在なのだ。

 

そんな人に、

『私はそんなこと言ってない。(してない。)

 あのおばさんが嘘を言ってるんだ。』と主張しても意味はない。

誰を好きになって信用して大事にするか、

それを決めるのは本人で、

『私(俺)のこと、好きになってください。信用してください。』

と強要するものではない。

 

だから、その人が私を信じなかった時、

私もその人をどうでもいい存在に決めた。

上司も、特に嫌いとかなかったが、

『○○(私)が、自分のことをいじめるーーー』と言い、

『いじめてない。好きですよ。』と何度言っても、

『嘘だ。嫌いなくせに!だからいじめるだ!!』

と言い、全く私の言うことを信用しようとしなかった。

その人を立てるために、『勉強できる人が好きだ』と嘘を言い、

興味のないアニメを観て、興味のないゲームも買い遊んだのに、

色々話を合わせようと必死だったのに、

全部無駄。

お金と時間の無駄遣い。

何をしても、相手が『違う』と言えばそれまで。

どんなに何をしても意味はない。

『空気が読めない』だのなんだのと言われ、

さすがにぶちキレた。

もうやってられないと思い、

どうでもいいとやさぐれ対応をした。

 

すると、『やっと対応が良くなった。空気が読めるようになった。』

と言われた。

(はーーーーー!???なんだ、それ???

 興味のないアニメを観て、興味のないゲームをして、

 興味のない会話を興味のあるふりして話したのに。。。

 

 それらを全部やめ、完全なるゴミ対応した途端

 (対応が良くなった。空気が読めるようになった)ってなんだ!?)

と腹が立ったが、でも、結局はした側がどう思ったかではなく、

受け取り手がどう思ったか。

受け取り手の上司がそう思ったなら、そうなんだろう。

だから、めんどくさくなった。

気を遣ったのに、『違う』と言われ、

気を遣わない方が、『対応が良くていい!』と言われるなんて。

疲れる。体力の無駄遣い。

感覚が合わない人なんだ。

もう知らん。。。。と思うようになった。

相手が対応が悪いと、結局こうやって対応が悪くなる。

ほんとに、嫌な人とか思ったことなかったんだけどな。。。

あの日まではね。

 

 

 

無理に好きになってもらったり信用してもらっても意味はない。

何かある度に、『どうなんだろうね。』と疑うようなことを言われ、

『私は違います。』といちいち話をしないといけないなんて

めんどくさい。

 

どんな時も、

『あなたがどんなにひどい人で、全ての人が嫌っても

 私(俺)はあなたが好きだよ。大切にするよ。

 どんな時も味方だから、何かあったら絶対に話してね。』

と言ってくれる人たちがいる。

2014年、クズ男のせいで腹が立って仕方がなかったが、

色々な人たちにこう言ってもらえて、心が救われた。

そして、自分をゴミ扱いしかしないゴミ妖怪クズ男に

なぜ時間を使ったんだとほんとに後悔した。

 

私が好きになり信用し、大事にするべきは

あの人たちで、バカクズ男ではなかった。

『あなたが死んでもどうでもいい』とクズ男は言っていたが、

 

だったら、

『俺のこと好きになって、信用して、

 もっと甘えて良いよ、頼って。』とか

ぐだぐだしつこくすがりついてくるんじゃない!!!!!

 

私が死んだらイヤだ、困ると言ってる人たちのために

私に残されている貴重な時間を使わせてくれ!

お前みたいなゴミのために使った時間もお金ももったいないわ。

あれこそ、『無駄遣い。』

 

なーにが、

『あなたは金遣い荒いけど、お金の使い方考えてるの?』だよ。

 

ほんとの無駄遣いは、お前みたいなゴミに使うことだ!

『お金の使い方考えた方がいいよ。』だと????

 

じゃあ、金返せ!

私の治療費になるはずだった、金かえせーーーーーーー!!!!

 

元カノにあげた物や使ったお金を返してほしい

と言っている男性の気持ちが分かる。

きっと、こんな気持ちだったんだろうな。。。。

 

 

そして、

『あなたの言ってることがほんとのことか分からないからね。

 口でだけならなんとでも言えるからね。』

となぜクズ男が言うのか分かった。

そして、同期のおばさんが私を嘘つき呼ばわりするのかもわかった。

 

2人とも、嘘つきだからだ。

自分たちが作り話をするから、他人もそうすると思っているのだ。

『俺は生徒会長だったんだよ。』とか、

嘘ついて、、、(笑)

そりゃ、人の話をただ聞くことなど出来ないだろう。

『誰よりも優秀な俺妄想狂』のクズ男と同じで、

自分をすごい人間にするために嘘をつくと思って

私の話を聞いていたのだろう。

そんなこと私はしない。

自分で自分のことをすごいと言ってしまえば、

『どれだけできる奴か見てやろう』と

意地の悪い視線を向けられるだけだ。

『私馬鹿でーす。何も出来ませーん』と言っている方がいい。

ほんとに出来ないし、それこそ『出来ます』と嘘を言っても

すぐにばれる(笑)

 

 

クズ男が嘘つきでも同期のおばさんが嘘つきでもどうでもいい。

あの2人はあの会社で信用されていなかったし、

結局、そういうことは自分に返ってくる。

 

それに、嘘と言っても、

保身のための嘘なら仕方がない。

2人とも相当劣等感の強い人たちだから、

心を守るために、これ以上心が壊れないように

あのような作り話をし、自分の劣等感をつつく人間を

潰さないといられない人間なのだろう。

だったら、仕方がない。

 

嘘も方便だからね。。。。。。。。。。