『この前、会社で(そんななら東京に出てくんな!田舎に帰れよ!)って言われてる人がいてね。。。』と言う話を聞き、(おっ!未来のクズ男の姿か!??)と面白くなったこと。。。

 

『今年入社した人で、何か注意すると、

 (今までこれで問題なかった。

  田舎の会社ではこれが常識だった。)

 とか言って、全然言うこと聞かない人がいたのね。

 

 誰が何度注意してもダメで、

 あぁ、まさにクズ男みたいなやつ。

 注意すると、注意した人に反抗的な態度を取って

 ほんとにめんどくさかったの。

 

 (自分は、子供の頃から頭が良くて神童って言われてた)とか

 ほんと、(神童ってなんだよ)、

 あの程度で(神童)って言われるくらい、

 レベル低い奴の集まりなの?と思うくらいどうでもいいレベル。

 

  そんな彼をかばってる上司がいたんだけど、

 ついに普段温厚で怒らない人がね、

 (まぁ、彼もまだ若いから、

  あの歳の頃ってそういうものじゃない。

  自分を大きく見せようと、大袈裟に言ったりするし、

 

  特に、田舎出身者って嘘つき放題でしょ。

  周囲に知り合いいるわけじゃないんだから、

  嘘ついたり大袈裟に言ってもばれないと思って、

  結構なことを言うからね。

 

  でも、あれも後10年も経ったら、

  自ら(あの頃の自分は恥ずかしいことをしてた)って

  言えるようになるから、皆も大目に見てあげて。)

 って言ってたの。

 

 だから、(仕方ないな)って思ってたんだけど、

 彼にとって頼みの綱の温厚な上司をついに怒らせてしまってね、

 

 『いい加減にしろ!!!!

  東京と田舎じゃ常識が違うんだよ!

  いる環境に合わせたことをする。

  きちんとしている側の常識を優先する。

  そんなことも分からないのか!???

  田舎で通用していることが東京で通用すると思うなよ。

  お前みたいな田舎者がいるから、

 (これだから田舎者は)って東京人にバカにされるんだよ!

 

  自分の行動が、他の田舎出身者に迷惑になることも

  考えられないのか?

  これ以上、田舎者がバカにされるような行動取るな!

  (今までこれで通用してきた)、(田舎では優秀だった)

  とか、だからなんだよ!?

  そんなに自分が1番だと思うなら、

  自分が1番でいれる場所に行けよ!

 

  そんななら、東京に出てくるなよ!!!

  もう田舎に帰れーーーーーー!!!』

 って、彼に怒鳴り散らしたの。

 

 あまりのことに皆驚いて黙って聞いてたんだけど、

 その後、彼はブツブツ文句言いながらも会社に来てたのね。

 彼が解雇にならなかった理由は、その温厚な上司のおかげだったの。

 

 最後の頼みの綱に見放されたから、

 ○月付で、その人解雇になってね、

 もう、毎日気分が良いのーーー。』とルンルン気分で

友人が話していた。

 

 

『やっぱりさ、田舎と都会の常識って違うよね?』と私が聞くと、

『当たり前でしょ。

 田舎で通用することを(当たり前)と思って都会でやったら

 大恥かくよね?』と友人が言う。

 

『やっぱり、そうだよね。

 クズ男にそういう話何度しても、

 (あなた、都会都会ってなんなの?

  そういうこと言ってるから嫌われるんだよ。

  俺は田舎と都会の違いを感じたことはない!)

 って言ってたんだよ。

 

 クズ男の友達で、東京の金融関係に務めてる人も

 私の言ってること意味不明って言って笑ってるらしいんだけど、

 何なんだろう???』と私が聞くと、

 

 

『田舎と都会の違いが分からない人はそれで良いと思うよ。

 私の会社にいた人みたいに、結局解雇されるんだし、

 ダメな人は淘汰される。

 

 東京で働きたい人って腐るほどいるでしょ?

 でも、各会社採用人数は決まってるでしょ。

 だったら、解雇された彼やクズ男みたいなダメ人間がいてくれないと

 ほんとに一生懸命やっていて東京で働きたい人の邪魔になる。

 自ら、席を空けてくれて有難いよ。

 馬鹿には、一生馬鹿でいてもらいましょう。

 だいたい、司法試験だって合格者数は決まってるんだから、

 一生懸命勉強してる常識人に合格してほしいじゃない。

 自ら不合格になるようなバカなこと言って、

 バカなことし続けてくれてありがとう!バカゴミ人間って

 思えばいいんだよ。

 

 田舎で常識人と言われる人、田舎の企業で出来ると言われている人が

 自惚れて調子に乗って東京の企業に務めても、

 たいがい、通用しなくてダメになるよね。

 

 解雇された人を見てて思ったけど、

 うぬぼれ勘違いって、結局自分を潰すだけだから、

 別にそんなにイライラしなくていいのかなと思うようになったんだ。

 

 あ、あれだけ愚痴聞かせておいて申し訳ないけど、

 いなくなると、すっきりするせいか、

 (バカな人がいたな)くらいに思えるようになるよね。

 

  だから、クズ男が田舎と都会の違いが分からないとか

  今までこれで褒められてるからいいとか、

  本気でそう思ってるならいいんじゃない?

  話聞いてると、

 (その程度で褒めてもらえるとか、ずいぶんレベル低い人たちの

  集まりなんですね。)としか思えない。

 そんなくだらないことで、1番になれるの?

 そこさ、異常なほどレベル低いとしか思えないんだけど。。。

 

  そういう人がいると、周囲の人も嫌な思いはするから

  存在自体が迷惑ってなるけど、

  でも、最終的にそういう考えって自分に返ってくるからね。

  ○○君たちも言ってたけど、

  私たち一般人は、ある程度適当にやれればそれでいいんじゃない?

 

  政治家とか医者、弁護士だと名前だして仕事するから、

  少しのミスもつきまとうけど、

  私たちはそういうのないじゃない。

  解雇された彼だって、もうすでにどこで何やってるのか不明だし、

  知りたいとも思わないし、今後会ったところで

  (あ、あいつだ)くらいにしか思わないし。

 

  ただ、解雇された彼と同じことしてるクズ男はきついだろうね。

  会社で大暴れして解雇された過去のある弁護士とか、

  やばいでしょ。

  しかも、会社で人を侮辱する、怒鳴る、社員を下に置くとか、

  普通に考えられない。

  で、これが(どこでも通用する常識)って思ってるんでしょ?

  まともな企業ならハラスメントで解雇だよね。

  ブラック企業だとそうじゃないみたいだけど、

  ただ、ブラック企業で通用することを

  一般世間で通用する常識って本気で思ってるクズ男が怖いよ。

  これって、普通に頭悪いでしょ。

  物事の分別をする能力がないってことでしょ? 怖いね。』

と友人が言っていた。

 

 

やっぱり、クズ男が常識だと言ってることって

東京の企業だと、解雇対象になる場合もあるよね。

 

クズ男が解雇されたところで私には関係ないからいいけど、

ただ、やっぱりクズ男の方がおかしい。

あいつの持っている常識を『これをやれ!』と言われても

やはり私は言うことを聞かなくて良かった。

 

あの会社で言われた大半のことが危ないことだったけれど、

消費者生活センターの担当者が、

『お宅の会社で○○だと言っているらしいけど、

 それはほんとですか?』と聞かれ、

『そのようにご案内しております。』と回答したところ、

『え?この方1人に言ったわけではなく、

 普段から、当り前のように言ってるんですか!???』

と担当者は驚いたようだったが、

『はい、弊社では全てのお客様にそのようにご案内しております。』

と言ったところ、

『あなた、それ、非常識なこと分かってますか?

 あり得ませんよ。普通じゃないですよ。』

等と消費者生活センターの担当者に詰め寄られた。

 

こんなやり取りは何度もあったが、

『はい、弊社は非常識なブラック企業なんです。』

等と回答するわけにもいかず、

適当にのらりくらりと返答していたが、

『あなた、非常識なこと分かってますか?』って???

 

分かってますよーーー。

でも、それを会社に言っても無駄なんです。

所詮社畜がブーブー言おうと、

会社は『うるせーーー!』と怒鳴りつけるだけなんで。

 

その上、法律を勉強しているはずの人間ですら、

『それほんとなの?? あなたからしか聞いたことない。』

とバカクズ男にも馬鹿にされる。

『消費者生活センターの人にも言われたよ。

 あとね、1度警察から電話あった時、

 (これやり過ぎると事件扱いされるんですけど。。。)

 って、詳細説明されたこともあって、

 (この会社確実にやばいな)って思ったんだけど、

 クズ男って、そういう機関の人たちが

 (この会社、やばい)って言ってるのに、

 そう思ったことないの?

 私以外の人からそういう話聞いたことないの?

 

 本気で?

 法律勉強してる人がその程度なの?

 それこそ本気?

 信じられない、何だこれ。

 

 あぁ、いいんだよ。

 私の話、信じなくて。

 嘘、妄想、虚言と思ってていいよ。』

と私が言うと、

 

『うん、嘘って思うに決まってるでしょ。

 あなたは嘘つきなんだから。』とクズ男が勝ち誇った顔をして言う。

 

良かった――――。信じてもらわなくて。

勝ち誇りたいのは私の方じゃ!!!

このままクズ男が愚かな妖怪になり、

どんどんおかしな妖怪になってほしい。

 

面白いことに、クズ男は私の望み通り、

どんどんどんどんおかしくなっていく。

2014年の後半など、ほんとに笑いたくなるくらい

変人になっていた。

私の言うことが合っていると思い、

クズ男に色々直してほしくない。

クズ男には、私はバカで検討外れなことを言う

頭のおかしいバカヤローと思い続けてほしい。

そうでないと困る。

 

 

クズ男が、人と自分の違いを感じる能力がちゃんとあるならば、

クズ男が1番初めに自分がおかしいと感じるのは、

司法修習生になった時だろう。

 

まず、立ち居振る舞いから違いを感じるはず。

自分が場違いだと気がつくはず。

仕草、話し方、全てに違和感を覚え、

『俺、田舎者丸出しだーーー』と自分を恥じるだろう。

 

そして、会話をするうちに、

自分の持っている考え、価値観等が、

異常に狭い世界の中で培われた、ちっぽけな物だと気がつくだろう。

そして、あまりにも馬鹿すぎて口がきけなくなるだろう。。。

 

もし、クズ男がこれらのことに自ら気がつけなくても、

『あの、田舎から来てる30代のおじさん怖くない?

 あの人、変なこと堂々と言ってくるし、

 (それ違くないですか?)とか言うと、

 (ま、俺の言ってること理解出来ないやつは、キルんでね。

  これまでも、そうやってきたんでね。)

 とか言うんだよ。

 

 あの程度で威張られるとなんかムカつく。

 何か後ろ盾があるわけでもないくせに、

 威張りやがって、(誰に口きいてるの!?)だって。

 お前こそ、誰に向かってそんな口きいてんの!?って話だよね。

 

 (誰に向かって口きいてるの?)ってセリフ、

 本来、どういう人間が使えるのか教えてやらないとね。

 ああいう田舎侍はこっちが切ってやるよ。

 親に言ってあいつ、それこそ社会的抹殺してもらおうかな。』

等と言う、血気盛んな若者の刃にかかり、

弁護士界から干されればいい。