クズ男があまりにもダサすぎて、自分のしてきたことを話すたびに、汚れて行き嘘に変わっていくようなおかしな感覚がしていたこと。。。

 

同期のおばさんとクズ男は、

前に私が何をしていたのか、

何が好きなのか聞くわりに、

『それほんとなの?嘘?妄想?作り話?ドラマの見過ぎ?』

等とけなしてくる。

 

あの会社を辞め、

いつも関わっている人たちとだけ関わり、

やっと普通の感覚が戻ってきたため、はっきり思うが、

あの会社にいると、確かに私が見聞きしてきたことは

『嘘』のように感じられたのかもしれない。

田舎にいると、あのような経験は出来ない。

そもそもいる人間が違う。

『現在の30歳以上は若い。』と言うが、

田舎はそんなことはない。

歳相応の歳の取り方をしている。

 

田舎の30代と都会の30代は違う。

もちろん40代以上も一世代は違って見える。

田舎の40代と都会の40代を比べると、

申しわけないが、田舎の40代は下手をすると50代に見える。

都会の40代は30代に見える。

 

話し方、行動、考え方が違う。

田舎に来てそれなりに時間が経ち、

都会の人の話を聞いていると、もう半分夢物語のように聞こえる。

テレビで東京の街並みを観ても、

『あれ、今ここ、こんな感じになってるんだ。』とか、

『あぁ、あの時工事してたのって、こうするためだったんだね。』とか

もう、自分がいた頃と結構変わっている。

 

よく好んで行っていた場所がテレビに映っても、

『あれ?ここってこんな感じだったかな????』等と思う。

実際に住んでいた人間ですら、こんな風に思うのなら、

行ったことがない、住んだことがない人からすれば、

『嘘、妄想、虚言、作り話、ドラマの見過ぎ』と思うのだろう。

 

少し、その気持ちが理解できるようになった。

要は、経験不足、知識不足なだけだ。

 

久々に会う東京の人たちはきらびやかで、

話している内容も田舎にいる人たちとは違くて、

過去、自分がこの人たちとずっと一緒にいたのか?

ほんとにこの人たちは自分の友人か?と変な感覚にとらわれることもある。

 

 

 

私が東京に行けないからと、

東京から田舎に会いに来てくれた友人知人たち。

久々に会うと、まぶしくて輝いているように見える。

 

さらに、(普通)と思っていた人までカッコよく見える。

 

『○○くんって、こんなにかっこよかったけ?』と私が言うと、

『クズ男みたいなダサい奴見てるからそう思うんでしょ?

 何でもそうだけど、レベル低いの見ると、

 ちょっとしたことでもすごいことに見えるようになるよ。

 

 だから、○○さんたちが、よく

 (下を見るな、常に上を見ろ。

  レベルの低い奴、意識の低い奴といると

  簡単に底辺に引きずり込まれるぞ!)って言ってたでしょ?

 そういうこと。』

と友人が言う。

 

確かに、そうだ。

病気のことを話していなかったため、

(早く戻ってこい)と言っていた社長たちに、

『田舎はだらしない人間が多いって聞くけど、

 まさか、感化されたのか?

 やる気がなくなったか?

 東京に出てきて仕事するの、嫌になって逃げてるのか?

 そうじゃないなら早く戻ってこい。』

等と言われたことがあった。

 

クズ男にこの話をすると、

『うわー、それって、あなたってよっぽどダメって思われてるってことだね。

 あなた使い物にならないダメな人なんじゃない。

 うわーーーー、気持ち悪いーーーい』

とクズ男に言われた。

 

どうすればそうなるんだ?

社長たちは、

『10年以上も同じ失敗を繰り返しても(恥ずかしくない)と言って、

 自ら長期浪人の話をし、『先生』と呼ばせ

 (自分が誰よりも優秀)と幼稚園児みたいなことができる

 人間としてどうしようもなく頭の悪い人といると

 感化されておかしくなるから、そんな奴と関わるのは

 即刻やめろ!』と言ってたんだよ。

 

『ダメ』、『ゴミ』って言われていたのは、

私ではなく、ゴミ!お前だよ!!!!

 

でも、私はクズ男のように、

『私のことを信用して待ってくれてる人がいる』等と

自画自賛する様な発言は出来ない。

クズ男があまりに自画自賛がひどく、

滑稽すぎて、余計に『私もね。。。』と言えなくなった。

 

あの会社で自分で

『私だって○○さんに引きとめられててね。』とか言う人、、、

内心笑ってしまっていた。

クズ女だ。。。

(あの人、もう引きとめるのめんどくせー)とか言われているらしいのに、

なぜ自分でそんなウソを張り切ってつくんだ?

『社員の話があってね』って。。。(笑)

もしほんとなら、なればいいんじゃない?

等と笑ってしまっていたため、

私も自画自賛すれば、笑われると思うと、

何も言えなくなった。

自分で自分に呪いをかけてしまった。

 

 

『何が出来る人なの?』と聞かれクズ男に言うが、

『それほんとに出来るの?

 どうやってやったの?』とクズ男に聞かれる度に、

 

とっても素敵な思い出として残っていた記憶が

なぜか黒ずんで見えるようになった。

 

ほんとのことなのに、作業したのは事実だが、

どうでもいい滑稽な汚れ作業に思えた。

 

人の良い思い出さえも汚す汚い人間、クズ男。

クズ男は、自分ですごくかっこいいと思っているようだが、

ほんとにダサい。

 

『顔が訛ってる人っているよね?

 顔がいかにも(田舎者)って人いるよね?

 分かる?』と友人に聞かれたことがあった。

 

『分かる!』と答えると、

『良かった―――。

 田舎の人に言ったら、全然通じなくてね。

 ちなみに、その話相手が、もう(いかにも田舎者)って

 顔してるの。

 なのに、(いかにも田舎者の顔って何ですか?)って言ってて、

 お前だよ。って思ったんだけど、いるよね?そういう人。』

と友人が言う。

 

『うん、いるよ。

 顔が訛ってる、顔が田舎者な人。

 クズ男がそう。

 もうね、顔が訛りまくりの田舎者顔。

 あと、行動とか考え方も田舎者。

 ○○君たち弁護士さんたちが、

 『田舎の人の○○とか○○って考え方嫌だ。』って言ってたこと、

 クズ男は、『それは常識でしょ。普通、当たり前。』って

 偉そうに言ったんだよ。

 ドン引き。。。

 

 やっぱり、一流の都会の弁護士と、10年以上浪人する田舎者って

 格が違うよね。

 見た目も中身も何もかも。

 (これ以上長期浪人は許しません!

  ストップ!長期司法浪人!!!)

 の意味が、クズ男を見ていると、

 よーーーーく分かるよ。

 ダメだもん。

 さらに、クズ男の不幸は、あの非常識を極めた

 ブラック企業に務めてることかな。

 世間が『ダメ』って言ってることを

 『何がダメなの?

  あなたからしか聞いたことがない。

  友達も誰も知らないって言ってたよ。

  あなたのこと馬鹿にして笑ってたよ。』って言うの。

 

 怖いよね。

 知識ない。知識つけるための脳みそない。

 容姿悪い。人を思いやる心ない、

 人の相談に乗れない。

 ないないばっかり。

 なくていいことばっかり持ってて、どうするんだろう。

 あんなに自分のダサさに気がつけない人、

 どうなるんだろうね。。。』

と(どうなってもどうでもいい)と思いながら

適当に言ってしまった。

 

見た目って大事。

クズ男は(人は見た目じゃない)と言っていたが、

人は見た目だろう。

容姿の良い人は、悪い人に比べて生涯年収も違うらしい。

それに、その辺を歩いてても親切にしてもらえる。

 

クズ男が、

『俺がコンビニバイトしてた時、

 俺がいる時間帯って、お客さん来なかったんだ。』と言っていたが、

分かるよそれ。

変な男の店員がいると、特に女性は入るの嫌でやめるからね。

クズ男は、1人でいる時、ほんとに気持ちの悪い姿勢と表情をする。

(ここ、公共の場所ですよ?自宅じゃないですよ?)と思うくらい、

ほんとーーーに、ひどい。

あんな気持ちの悪い姿勢と表情で店内に店員がいたら。。。

私なら怖くてコンビニに行くのはあきらめるな。

 

それに、クズ男は対面接客向きの容姿ではない。

容姿も悪いし、表情も悪い。

人を見る目つきがなってない。

笑顔も完全なる作り笑顔で不自然過ぎ。

無理し過ぎの笑顔が、異常に怖い。恐怖しか感じない。

 

 

今、変な人が多いから、『店員なら大丈夫』なんて思えないし、

クズ男の容姿でレジにいたら、

怖くて皆入店するのやめるよ。

 

『じゃあ、クズ男がお店にいる時間って、

 お店は売上ゼロだよね。』と私が言うと、

『でも、俺はぼーっと立ってればいいから楽で良かったな。』

とクズ男が得意げに言う。

 

『でも、お店は売上ゼロだから迷惑だよね?』と私が言うと、

『は!?』とクズ男が怒って何か言っていた。

 

お店は迷惑だろう。

売り上げゼロってことは、自分が勤務している時間給すら

売り上げを出していないってことだよね?

バイト代、どこから出てると思ってるんだよ。

そういうこと考えたら、自分の存在がお店に損害与えてることに

気がつかないかな?

あ、気がつけるわけないか。。。

バカだから。

そういう経営系のことって、クズ男、一切知識ないもんね。

経営について、クズ男がどれだけ知識があるのか色々質問して試したが、

結果は、0点。

目先のことばかりで悪い対応ばかり。

それやると、顧客が定着しないよ。

新規客ばかりで、固定客がいないようじゃ続かないんだよ。。。

なんでそのことにクズ男は気がつけないかな。

お前のやってることは客離れを起こす、

最低最悪な対応なんだよ。

1人が嫌な印象を持ったら、10人は客が離れると思った方がいい。。。

いや、今のネット社会だと、1人が口コミで嫌なことを書けば、

数百人が一気に離れることもある。

なぜそれが分からないんだ?

 

最低最悪の目先の対応ばかりするクズ男。

『これが正しいやり方だ!』と怒鳴り散らしているが、

会社を倒産に追い込んでいる1人だとしか思えない。

私なら、あんな従業員嫌だ。

 

クズ男、さすが、あのブラック企業で培ったやり方しか知らないんだね。

分からないのかな?

潰れそうで赤字が続き、自転車操業している企業がしてしまう

色々な行動。

そういうことがあのブラック企業ではしょっちゅうあった。

よくこんなのでなんとか持ってるなと恐ろしくなる。

だが、クズ男は、それがまずい運営の仕方とは気がついていないようで

堂々と、『○○しないとダメなんだよ!ま、まず証拠だよね!!!』等と

偉そうにドヤ顔で言っていた。

 

やっぱりバカ。

馬鹿で愚かな裸の王様。

誰も何も言わない、言いたくない、関わりたくない。

 

今後、どんどん歳を取っていく。

いまですら、あれだけダサイのに、

今後、もっとダサくなっていく。

 

それでも、『学生時代から褒められた俺。』ということに

しがみつき、どうにか生き残ろうとするのだろう。

歳を取れば取るほど、過去の栄光にしがみつくのは滑稽に見える。

 

それが、あの容姿ではなおさら、

『この人、ほんとに過去すごいことしたのかな?』と思ってしまう。

少しでも、何か片鱗が見えれば、

『若い頃はカッコ良かったんだろうな。』等と思えれば話は別だが、

クズ男のあの容姿は、若い頃にさかのぼって容姿を想像しても

カッコいい人間にはならない。

その容姿なら、もう少し黙っていた方がいい。

それと、口を出してはいけない業種があることに気がつけ。

お前と話してると、考えていること全てがダサく思えて嫌だった。

 

容姿の整った頭の良い素晴らしい方々と会って

話をして、やっと、『これで大丈夫!』と自信が持てた。

クズ男と話してると、自分が何をやっているのか分からなくなる。

 

自分のダサさ、頭の悪さは下手をすると

周囲の人のレベルを下げることがある。

だから私はなるべく関わる人は選びたい。

自分が1番下で、常に上の人を見ていられる環境がいい。

 

クズ男のようなダサく、知識もない、

自分より知らないことが多く

人のやっていることを『ダメなこと』、『ダサいこと』

と思わせるダサイ人間は勘弁してほしい。