『高速道路使うなら、あなたが高速代払ってね。俺、絶対にお金払いたくない。』とクズ男が堂々とお金を請求してきた時、(こいつ、男じゃない)と思ったこと。。。

 

クズ男が人としても男としても終わっていることは

とっくに知っていたが、あらためて(終わってる)

と思ったことがあった。

 

クズ男が『どこに行きたいの?』としつこいため、

『○○』と言うと、

『じゃあ行こう!連れてってあげるよ!』

と得意げに言う。

 

私はこの(○○してあげる)という言い方が大嫌いだ。

人の上に立ち、人の役に立ちたがる人間の口癖。

(してあげる)

恩着せがましくて大嫌いだ。

何が、(してあげる)だよ。

こっちは望んでないことなのに、

人の役に立ってる自分に酔いしれて気持ちが悪いとしか思えない。

 

『でも、そこ1時間以上かかるでしょ。

 ちょっと体力的に無理かな。。。』と私が言うと、

『なんで?あなたは一切運転しないんだし、

 乗ってるだけなんだから何も問題ないでしょ?』

とクズ男が不満げに言う。

 

わーーーー、出た!

病気になり、大変な思いをしたことのない人のバカ発言。

 

こういうのも大嫌い。

だから、

『クズ男に私のことは理解出来ないから関わらないでほしい。』

って言ったんだよ。

しかも、こういう人に限って自分が病気になった時、

『助けてくれーーー!大変なんだ!

 あなたは病人なんだから、俺(私)の気持ち分かるよね?

 あなた言ってたよね?病気になると色々辛い・大変なんだよって。』

等と人の罪悪感をつつくような言い方をして

助けを求めてくる。

腐ってるクズ野郎、地獄に落ちろとしか思えない。。。。

 

『車に乗ってるだけって。。。 

 車に乗ってる時って振動とかあるでしょ?

 あれ、体調悪い人には結構辛いんだよ。

 クズ男さ、吐き気がする時とか頭痛する時とか

 助手席に乗ったことない?

 胃が余計に気持ち悪くなったりめまいがしたり、

 頭痛がひどくなったり、そういう経験ないの?』と私が聞くと、

『ないね。俺、あなたと違って健康だからね。』

とクズ男がドヤ顔で言う。

 

はいはい、脳と精神はとんでもなく異常だけど、

体だけ正常なのね。

めんどくせー。話が全く通じない。

いいんだよ、いいんです。

話が通じなくてもいいんだよ。

本来、ここまで感覚が合わない人は『関わらない』という

選択をすればいいだけだから、

お互いが通じないこと言っててもいいんだよ。

 

ただ、クズ男の場合は話が別だ。

クズ男は、誰とも関わることが出来ないくらいおかしな感覚を持っているのに

全ての人と関われると、とんでもない思いこみ勘違いをしている。

 

 

『俺は全ての人のことが分かる』とか、

『俺は全ての人に合わせれる』とか自惚れ勘違いするのは

もうやめてくれ。

 

私と話している時点で、一切理解出来てないし

一切合わせることも出来てないだろう?

こういうことを言うと、クズ男は、

『あなただけだよ。こういう風になるの。

 他の人の時は問題なかった!』と怒鳴るけど、

そんなことないよ。会社の人ともしょっちゅう揉めてるじゃないか。

もし、問題になったことがないなら、

なんであんなに言い争いしてるんだ?

なぜ他拠点から(クズ男嫌だ。クビにしろ)とクレームがつくんだ?

 

それにお前は、『全ての人』って言ったんだよ。

そしたら、『あなたの時だけダメでした。』は通用しないんだよ。

 

分かるか?

自分の発言と行動が一致してないこと分かってるか?

 

 

 

 

 

 

いつものことだが、私がいくら断ってもクズ男が聞きいれるわけもなく、

私が聞きいれるまで、怒鳴る、嫌がらせをするの繰り返しだったため

やむを得ず、その1時間以上かかる場所に行くことになった。

 

どこに行きたいか言ったお前が悪いと言われても、

言わなければ言わないで、また面倒が起きるし。。。

クズ男のこと、誰か処理してくれないかな。。。。

 

 

すると、クズ男が下道を通ってその場に行こうとする。

『え?高速使わないの?』と驚いて私が聞くと、

『高速代かかるから嫌だよ。

 俺ね、○○市に行くとき絶対に下道通っていくんだ。

 大学時代も、大学のあった場所から地元まで

 下道通って帰省してたし。

 俺ね、無駄なお金は使わないんだ。』と

クズ男が得意げにドヤ顔で言う。

 

 

うわーーー、信じられない。

どれだけ貧乏なんだよ。

新幹線とか、飛行機とか、そういうの使わないの?

下道通ったって、ガソリン代はかかるよね?

それにプラスいくらか出したら、

新幹線代とか飛行機代になると思うけど?

それをケチって下道で〇時間も運転して帰省するとか。。。

 

無理。ここまで貧乏極めてると無理。

私もいつまで稼げるか分からないし、

クズ男のせいで、40歳で社会人一切退職する計画も

潰れてしまったし、

そうすると、いつまで体が持つか分からない以上、

いつまで仕事出来るか分からない。

下手すれば、私も貧乏暮らしに真っ逆さま。。。

だから、貧乏を馬鹿にしたくない。

自分が貧乏になった時、自分が思った言葉が自分を苦しめるから

貧乏を嫌がりたくないし馬鹿にしたくない。

でも、クズ男の貧乏性は嫌だ。

自ら貧乏を選ぶのとやむを得ずなるのとでは違う。

 

貧乏に慣れ過ぎの人とは関わりたくない。

クズ男といた1年間、どんどん貧乏臭が移ったけど、

あれは嫌だったな。。。。

お金がない時、人の心はギスギスするけど、

クズ男といると、そのギスギス感を少々感じ

ものすごく嫌だった。

 

 

『1時間以上も車に乗ってられないよ。

 高速使わないなら無理。

 ね、この辺でいいよ。』と私が言うと、

 

『なんで?あなたが行きたいって言ったんだよ。』

とクズ男が不機嫌になって言う。

 

『どこに行きたいか聞かれたから答えただけで、

 そこまでして行きたいわけじゃないよ。

 ね、この辺にしようよ。』と私が言うと、

 

『あなたが行きたいって言ったんだよ。何なの!???』

とクズ男が怒鳴り散らす。

そして、いつも通り、意味のない上記の繰り返し。

 

無駄な時間。ほんとに無駄。

 

この時、事前にどこに行きたいのか言うのはやめようと思った。

そうでないと、行かないとクズ男が怒鳴り散らす。

こういう時に思う。

やっぱりクズ男は脳に障害があるのではないかと。。。

 

ある障害がある人は、どうしても予定変更が出来ない。

あの会社にもいたけど、『臨機応変に対応してください。』と

人に言いながら、自分が出来ない。

そして困っている人をニタニタ笑いながら見て楽しんでいる。

(脳がそうさせる人なんだ。怒ったらダメだ。)

と思い対応していたが、これがプライベートまでとなるときつい。

脳がそうさせる人は、こちらが言ったことを実行しない限り

言うのをやめない。

さらに、思い通りに相手を動かそうとして怒鳴り続ける。

クズ男はまさに典型的なタイプ。

めんどくさい。

私はお前の主治医じゃないんだよ!

保護者でもない!

なんで、お前のその脳がそうさせる病に付き合わないといけないんだよ。

本人がその症状を自覚しているならいい。

『ほら、また言ってるよ。

 1度言ったからってしなくていいんだよって教えたよね。』

と言えば、

『あ、そうだった。ごめん。』とそのような症状を持っている人は引き下がる。

 

ところがクズ男は自覚症状ゼロのため、

『記憶力の良い俺様の言うことを聞け!

 お前が言ったんだぞ!!!』と言い続ける。

 

だったらさ、お前が言っていたことも全部やれよ。

頼むから、ピアノの音源とっとと作ってくれ!

そもそも私がお前に声をかけたのはそれなんだよ!

お前の相手をしたり面倒をみるために声をかけたんじゃない。

 

『俺のこと男として好きでしょ?』だと?

ふざけんな!

私は容姿が第1条件なんだよ!

容姿だけでお前は外れてるよ!

鏡見ろ!!!

。。。あ、ムリだったね。

『かっこいいね』と言うと、

車のバックミラーで自分の顔を色々な角度から見て、

『そうかなぁ。。。』とニタニタしてたもんね。。。

 

その行動、隣で見てたけど、

すっごく気持ち悪かったよ。

あごをさすったりしてたけど、ほんとに気持ち悪かったよ。

よく、その顔、『かっこいい』って思えるね。

よく、その顔、ずっと見れるね。

私は自分の顔が大嫌いだから、化粧するとき以外は

基本見ないな。

休みの日は1度も鏡見ないな。

どうすれば、自分の不細工な顔に耐えれるんだろう。

その技を教えてほしいよ。

 

『鏡見ろ!』が通用しない不細工人間っているんだね。。。

怖いよ。

 

 

クズ男は自分が言ったことは、

『言ってない、あなたの記憶違い。』等と言って逃げる。

 

あぁ、そうか、私も同じことをすれば良かったのか。

ただ、私が『記憶にない、言ってない。』と言えば、

『あなたは嘘つきだ』と言われるからそれもまた言えない。

 

あぁ、やだ。

こういうバカ、ほんとにイヤ。。。。。。。。。

歳だけ取った精神年齢幼稚園児のおじさんイヤ。

 

 

『行くのは良いけど、絶対に高速で行こう。

 じゃないと、体が持たないよ。』と私が言うと、

『俺、高速代払うの嫌だ。

 高速で行くなら、あなたが払ってね。』と

クズ男が不満げに言う。

 

『分かったよ。高速代は払うから、高速で行こう。』

と私が言うと、クズ男がニターっと勝ち誇った顔をした。

 

だっさーーーーーー。

ダサイ、ダサイ、ダサすぎる。

勝ち誇った顔してるけど、人としても男としても

終ってるよ。負けてるよ。

何で、今のやり取りで『勝った』と思えるのだろう。

クズ男の感覚が分からない。。。

あ、、、そうじゃない。分かったらまずい。

もし、クズ男の思っていることが理解出来たら、

私は同士になってしまう。嫌だ。

こんな腐ったゴミ妖怪と同士なんてお断りだ。

 

 

お金がないうえに、女にお金を請求するなんて、

これで、『俺のこと誰だと思ってるの?』だって?

ただのたかり、物乞い乞食だろ。

女に平気で『お金払え』という男、初めて見た。

 

あ、そっか、クズ男って男じゃないし人間でもなかった。

妖怪でしたね。失礼しました。

 

 

その後、イヤイヤ1時間以上もかかる場所に行ったが、

案の定具合が悪くなった。

体調が悪くなり、車で横になっていたら、

『なんなの!?せっかく連れてきてあげたのに。』

とクズ男が怒る。

 

 

あぁ、ムカつく。

地獄に帰れ。お前の故郷に帰ってくれ。

体調が悪くなるから無理だって言っただろ。

ほんとになんなのこいつ。

 

クズ男はすぐに死ななくていい。

むしろ、どうしようもない手の施しようもない病気になり、

50年くらい生き地獄を味わってほしい。

毎日毎日、痛みと苦しみに耐えながら、

『もう無理だ!殺してくれーーー!』と叫びながら

生きてほしい。

ああいうゴミがただ死んだらつまらん。