『そんなこと言うなら、そう思う人なら、クズ男は弁護士に向いてないから目指すのやめればいいのに』。。。

 

 

『人の愚痴を聞くの嫌い』、

『俺に愚痴を聞かせないで』、

『悩み事を話すのは1度にして。

 同じ話は聞きたくない。』、

『感情って何? そういうので話をされたくない。』、

『俺が言ったことが出来ないならキル。』等

 

この人、これで『人の問題を解決してきた』とか

よく平気な顔をして言えるな。

クズ男こそ、『嘘つき、妄想癖、虚言癖』のある人だよね?と思っていた。

 

 

『弁護士って、分かりやすく言うと、

 (愚痴聞き屋)だと思うよ。

 人の愚痴聞きたくないの? 同じ話聞きたくないの?

 じゃあさ、弁護士向いてないから、目指すのやめればいいのに。

 

 なんでクズ男は、自分に不向きの職を目指して

 10年以上も無駄に時間使ってるの?

 誰も何も言ってあげないの?なんで?』

と言っている人がいた。

 

 

『やっぱり、愚痴を聞けないとダメなの?』と聞くと、

 

『弁護士に頼る人ってどんな人だと思う?

 何か問題抱えてる人だよ。

 

 何も問題のない人が、

 お茶菓子持ってきて(弁護士さーん!お話聞いて♪)とか、

 明るく楽しい表情をして面白い話をする人が

 来るとでも思ってるの?

 

 (弁護士さん、助けてください、○○がありまして。。。)

 ってくらーい表情をしてたり、

 低いトーンで同じ話をしたり、

 パニック起こして怒鳴り散らしたり、

 自分の身に起こったことを整理しきれずあっちこっちに話が飛ぶ人とか、

 とにかく、

 (私、○○と言います。

  今回、○○の件でお話にあがりました。

  この件、どのように対応すればいいでしょうか?)

 なんて落ち着いて理路整然と話す人いないよ。

 

 こっちが、『○○しましょう』と言っても、

 『そういうことを言ってるんじゃない!』とかなるし、

 『法的にどうこう出来る問題ではない』と言えば、

 『お前弁護士ならどうにかしろ!!!』とか怒鳴られたりするよ。

 

 クズ男は、こういう依頼人に対して

 『俺のこと誰だと思ってるの!?』とか

 怒鳴ればどうにかなるとでも思ってるの?

 こっちが怒鳴ったら、今は色々問題になるよ。

 

 それに、訴訟になれば結果が出るまで、

 ずーーーっと同じ話をすることになるよ。

 1つのことを深堀して追っかけて、

 同じ話しか聞けなくても、何度も聞いて、

 証言が欲しい場合は、証人探して同じような話聞いて。。。

 

 (俺の言うことを聞かないやつはキル)って???

 勝手に切れば? 1度でもそんなことすれば

 どんどん仕事なくなって、そのうち依頼なくなるよ。

 

 依頼人の話聞いてイライラして、

 『うるさい!めんどくさい!帰れ!

  そんなんだから問題が起こるんです!

  そもそもあなたは。。。』とか説教するの?

 『寺連れて行きてー』とか言うの?

 

 それとも、プラベートではそうだけど

 仕事になれば話聞けるとか言うの?

 日ごろから人の話を落ち着いて聞けない人は

 仕事になっても無理だよ。

 

 だいたい、クズ男は会社でも自分の言うことを聞かない人を

 侮辱したり怒鳴ったりしてるんでしょ?

 すでに、自分の怒りの感情を職場でコントロール出来てないんだから、

 間違えて弁護士になれても、同じことするよ。

 

 

 それと、クズ男って思いっきり勘違いしていることがあるけど、

 (感情がない人が弁護士に向いている)ではなく、

 (感情があり、人の痛みに寄り添える人。

  感情をうまくコントロールすることができ、

  日ごろから感情を表に出さず、一見温厚に見える人)が

 弁護士に向いてるよ。

 

 人の痛みや苦しみが分からないと、

 目の前の依頼人の悩みや問題をどうにかしてあげたいと

 思えないでしょ?

 毎日毎日人の愚痴を聞いてると、嫌になることもあるよ。

 それこそ、(自分でどうにかしろよ)って思う問題もあるよ。

 でも、目の前の人の痛みを理解することが出来れば、

 (聞きたくない、嫌だ)とは思わず、

 (この人の痛みを取り除いてあげたい)と思って

 一生懸命向き合うことが出来るようになるんだよ。

 

 どんどんハラスメント系の問題が多くなってるけど、

 クズ男みたいなクズにとっては、

 『そう思う人が悪い』、『そう思わなければいい』問題なんでしょ?

 今後、もっと人間関係絡みの依頼が増えると思うけど、

 こういう問題は、それこそ基本は

 『自分たちで片づけてくれ』だと思うよ。

 ただ、色々な人がいて、色々求めることが人それぞれ違うんだから

 『自分たちで片づける』ということが出来ない場合が多いよね。

 だから、弁護士に依頼する人が増えてるんだよ。

 

 

 クズ男は、こんなセリフを傷ついて苦しんでる依頼人に言うの?

 弁護士事務所に来るのって、想像以上に勇気がいることなんだよ。

 

 そもそも、その会社で第三者機関にいった話も

 『おばさん同士のいざこざが問題になると思ってるのか』って

 クズ男は言ったんでしょ?

 それに、その会社の人たちは『大事にしやがって』って

 被害者をさらに責めるようなことしたんでしょ?

 でも、世間一般の人の普通の反応でもあるよ。

 だから、被害者は泣き寝入りせざるをえなくなるし、

 被害者を『被害妄想が強い』とか言って、言葉で追い込めば

 泣き寝入りさせれるから、こういう卑怯な手を使って

 被害者を黙らせるでしょ。

 クズ男は本来やってはいけないことを

 『これが普通の当たり前の対応』と思って

 意気揚々とその会社でやってるでしょ。

 弁護士になる人の感覚じゃないよ。

 

 まぁ、加害者弁護だけするつもりなら向いてると思うけど。

 基本的に加害弁護って弁護士は嫌がるからね。

 だって、世間的にみて、弁護士は正義の味方のはずなのに

 悪の味方をして悪を無罪にしようとする弁護士なんて

 悪徳弁護士と思われるから、こういう依頼受けると

 一気に信用なくして仕事も減るからね。

 でも、誰かがこういうことをしないとダメなら、

 クズ男みたいに『悪魔』と呼ばれて喜んでる人が対応するのが

 いいと思うけど。。。

 

 

 特にハラスメント問題って、すでに会社や周囲の友人知人に

 相談済みの場合が多くて、その時、

 『こんなことで。。。』、

 『あなただけじゃないよ。色々苦しんでる人は。』とか

 ひどいことを言われてる人もいるから、

 (弁護士に相談しても同じこと言われるかもしれない。)、

 (弁護士は冷たい人が多そうだから、もっとひどいことを言われるかも)

 とか、色々考えて悩むから、なかなか弁護士に頼れない人もいるんだよ。

 

 やっとの思いで来た依頼人に『そんなことで。。。』って

 そんなこと言うの?

 

 クズ男は、(俺は感情を感じたことがない)って言ってるみたいだけど、

 それ、異常だよね?

 人間って感情を感じるのは普通、正常なことだよ。

 (感情を感じない俺、かっこいい)といつもの勘違いからの

 発言ならどうでもいいんだけど、本気ならほんとに危ない。

 脳が正常に機能しているなら、喜怒哀楽の感情は感じるよね?

 クズ男が本気で(感情を感じたことがない)って言うなら、

 病院に行って検査受けた方がいいんじゃない?と思うよ。

 

 それに、クズ男って常に怒りの感情で動いてるよね。

 怒りも感情の一つだよね? 十分感情的な人間だよね。

 こういう怒りの感情が強くて、怒りの感情に振り回されてる人は

 弁護士は向かないよね。

 『怒り』って冷静さを失くすから正常な判断が出来なくなるし、

 その時にした行動・発言は後々自分の足を引っ張るし

 弁護中なら依頼人の足を引っ張ることになる。

 怒りに振り回されて、何かある度に怒って怒鳴る人は

 人として関わるのもやめた方がいいけど

 仕事を依頼するのも絶対にやめた方がいい。

 

 自分の意見が通らないたびに怒って怒鳴ってじゃ、

 色々問題になるよ。

 なんでクズ男の近くにいる人間は、このことを教えてあげないんだろう?』

と言っている人がいた。

 

 

『クズ男が言うには、クズ男の友人が

 (クズ男は常に冷静だから、弁護士に向いてるんじゃない?)

 って言ったらしいんだよ。』と私が言うと、

 

『それほんとの話なの?

 クズ男って、自分の思い通りにならないとすぐ怒るんでしょ?

 今以上に学生時代は怒りぽかったんでしょ?

 そんなクズ男を見て、

 (冷静だから弁護士に向いてる)って言ったの?

 その人大丈夫?と思ってしまうけど。。。』

 

 

『それ、クズ男に脅されて

 (このままじゃ、クズ男が怒って怒鳴ってくる。怖い)

 と思って無理やり言わされたか、

 クズ男が、何かの言葉を自分の都合の良いように変換して

 解釈したか、どっちかだと思う。

 クズ男の周囲の人間がおかしいとかではないと思うよ。』

と私が言うと、

 

『ふーん、クズ男って学生時代から

 そういうアンバランスな中で育ったんだ。

 自分の意見が絶対で、それ以外の意見は聞いてこなかったんだね。

 じゃあ、もう無理。

 一番色々なことを取り込める時期にそういうことをしたなら

 それは一生ものの性格だから、もう無理。

 

 俺ね、10歳になる前から親に言われたことがあったんだけど、

 (学校で会う同級生の話をよく聞きなさい。

  自分の話より、まず相手の話を聞きなさい。

    自分の意見は必要以上に話すな。

  1度口にした言葉は取り消しは出来ない。

  (記憶にない、あなたの聞き間違い、あなたの嘘、

   証拠を出せ)こんなことは絶対に言うな。

  こんなことを言う人間を信用する人間はいない。

  これを言われた人は、あなたのことを2度と信じなくなる。

 

  信用を得るのは長い時間がかかるけど、

  信用を失うのは一瞬だ。

  そして、1度失った信用は2度と取り戻せない。

  (俺のことを信じて)なんて言うな。

  これは詐欺師の言うセリフだ。

  自分のことを信じるか信じないか、好きになるか嫌いになるか

  その選択権は相手にある。

  相手が『信じない、嫌い、関わりたくない』と言うなら

  自分を押しつけるな。

 

  クラス内で子供なりに何か問題が起こるだろう。

  その時、その問題はどうすれば解決出来るか

  自分なりに必ず考えなさい。

  そして、(人間としての問題解決方法)と

 (法を使っての問題解決方法)の2つを考えなさい。

  問題を解決する時、自分の感情・考え・価値観で考えてはいけない。

  用いるのは、その問題に関わっている人間の

  感情・考え・価値観のみ。

  そこに自分を置いてはいけない。

  

 

  そして、常に3つ以上の解決方法を考えなさい。

  反対意見を言う人を常に頭に想像しなさい。

  そして、その人を説得することを考えなさい。

  

  こういうことをするために、多くの人の感情・価値観・考えを

  学びなさい。

  多くの人から学びなさい。教えてもらいなさい。

  人と知識に常に謙虚でいなさい。

  自分が1番だなどと自惚れてはいけない。

  そのうぬぼれは自分を傲慢にし、いつか自分を亡ぼす。

  自分が一番下の人間だと思い、常に頭を下げていなさい。

 

  この他にも色々親から言われたけど、

  要は、クズ男は法曹界に向いてないって言いたいんだよ。

 

  弁護士どころか、人としてもどうかしてると思う。

  完全に壊れてるよね。

  (俺は誰よりも優秀)って、よくそんな状況で言えるよね。

  いくら司法予備試験が難しいって言っても、

  あれ、俺たちは1回で合格したよ。

  それに、毎年1回で合格する人もいるし、

  数回受験しても必ず合格する人は毎年いるよ。

 

  それを10年以上落ちてる時点で、

  『誰よりも優秀』とは言えないって、自ら気がつくよね?

  そういうことすら気がつく能力がないなら無理でしょ。

 

  それとも、『弁護士目指して司法浪人してる』って言うだけで

  『先生』って呼ばれるから、嬉しくてやめられないのかな。

  今は良くても、もっと歳とったらきついよね。

 

  20代には必ずクズ男みたいに『俺が絶対』と思う

  血気盛んな若者はいるよ。

  クズ男が、今年上の人に生意気な口をきいてるように、

  クズ男もいずれ、そうなるんだよ。

  その会社のおじさんがクズ男の将来の姿だよ。

  

  クズ男の不幸は、自分に苦言を呈してくれる人を

  自ら排除してきたってことだよね。

  

  どうせ3次で落ちるんだから、

  クズ男のかわりに毎年誰か1人、2次で落ちる人が可哀想だから

  もういい加減、予備試験受けるのやめてほしいな。。。』

と言っている人がいた。

 

 

こういうことをきちんと教えてくれる人、

大学時代にいなかったんだろうか。。。

それとも、いつもの通り、怒り狂って

相手を侮辱し怒鳴り散らしたんだろうか。。。