ある失言大臣を『ろ過機のない排水ポンプみたいな人だ』と言っていた人がいたが、クズ男もそうだなと思ったこと。。。

 

何度も失言を繰り返すある失言大臣を

『ろ過機のない排水ポンプみたいな人だ。

 思っていることをどんどん出しちゃうタイプなんですね。

 

 どこかでろ過して、

 皆さんに迷惑をかけないような言い方をするというのが

 普通、政治家のやり方なんですけど、

 この人は、それが出来ない人なんだなあと思ってしまいますよね。』

とコメントをしている人がいた。

 

 

クズ男も、

よく、そんなこと面と向かって言えるな、

よく、そんなこと出来るなと思うようなことを

平気でする。

 

そして、

『覚悟とか責任とかいちいち考えてたら、

 何も言えなくなるじゃないか!!』

とクズ男は怒鳴り散らしていたことがあった。

 

『何も考えないで思ったことを言ってるってこと!?』

と私が驚いて聞くと、

 

『それの何が悪いんだ(怒)』とクズ男は怒りまくっていた。

 

(俺は自分の言葉に責任を持ちたいんだ。)、

(後から人に、言っていることとやってることが違うとか

 責められたくない。

 だから、じっくり考えてから発言するタイプなんだ。)

と2014年の1月にメールにそう書いていたのだが、

 

?????

言っていることとやっていることが違うよ。

 

(矛盾している)とクズ男を責めた時、

『何も矛盾していない!

 どこが矛盾しているのか、明確に説明してください(怒)』

と怒鳴っていたが、自分のやっていることが認識できない、

思いつきで発言・行動をする脳内ダダ漏れ人間。

クズ男は、ただの自称『誰よりも優秀』であって、

現実は、脳が故障した残念な人間だった。

 

 

『俺は誰のことも怖くない。

 裏で陰口言うくらいなら、面と向かって言うのがいいだろ!』等と

偉そうに言っていたが、それは違うと思うが。

 

 

あの会社にはクズ男と同様の、人を思いやる気持ちのない人間がいた。

そういう人たちを見ていて気がついたのは、

(わざと言っている)ということ。

 

本来、人間は、場の空気を悪くしないように、

人を傷つけないように、言葉を選んで話をする。

 

だが、あの会社では、わざと人が嫌がる言葉を選び、

片方の口の端を左右のどちらかに引っ張り上げ、

人を馬鹿にした表情を作り、そのゆがめた顔をわざと相手に近づけて、

相手が傷つくであろう言葉を、ねっとりとゆーーーくり言う。

 

クズ男、同期のおばさん、新人Aさん、その他。。。

驚くほど同じ表情、同じ言い方だった。

 

 

人間は、顔じたいは皆違うけれど、

表情の作り方は似たり寄ったりだ。

 

『人を傷つける時にする人間の表情。』、

『その時、達成感を感じた脳の動きはこれです。

 こういうことをする人間は、自分が傷つけたくて仕方のない人間が、

 傷ついた表情をした時、喜びを感じています。』、

等と、色々な資料やデータを見ながら説明を受けたことがあったが、

 

あの会社にいた頃、

(人を傷つけたい時の表情はこれで、

 相手を傷つけた達成感を感じた時の表情はこれか。。。)等と、

マウス的な、人間とは思いたくない人たちを見ながら

ぼーっと思っていた。

 

 そういうことを研究したり、

どうすれば、そういう極悪人から被害者を守ることが出来るのか、

どうすれば、学校や会社での嫌がらせやいじめをなくすことが

出来るのか等を追及しているような方々は、

このようなことはしないし、

あのような気持ちの悪い不気味な表情もしない。

 

だから、話だけで聞くような表情や行動等を

生で見ることは滅多になかったが、

あの会社には、そういう人が結構いたため、

『データ』ではなく、『現実に実行している人間』を多数見ることがあった。

 

すると、だんだん『こういうことをされて嫌だな』と思う気持ち半分、

 『生データだ。あの資料に書いてあったことはこれか。

 今、この人たちの脳は、あの提示されたデータと同じ動きをしているのか。

 機械にかけて、実際にどう動いているのか見てみたい。』

等と思うようになっていた。

 

実際に、一人一人があのような行動を取る理由を

分析することは出来ないけれど、

いくつかの枠に分けることは出来た。

 

あの会社にいて、どんどんおかしな感覚になるのは

私も経験済みのため分かる。

人は、自分がいる環境に適応するため、

どうしても、同じような考え、行動を取り入れてしまうため、

仕方がない部分もあるし、

あの会社にいる人の中でも、同じような人はいるだろう。

 

 

だが、その中でも、最低最悪なゴミクズクズ男。

 

30代前半の時に陥りがちな

魔の時間に突入してしまったのもあるだろうが、

それより、もともとの性格もあるだろう。

30代後半から、40代前半にかけてどう変わるのか。

ここで、今していることに何の疑問も抱かず、

もっと歳を取った時も、

『自分が正しい。自分は間違えていなかった。』

と思うなら、『魔の時間』のせいではなく、

クズ男の、脳か精神か、しつけの間違いか。。。。

いずれかだろう。

 

『俺様タイプ』、『自分さえ良ければいいタイプ』等、

クズ男の性格に近い人間というのは、結構いる。

私も自分さえ良ければいいタイプのため、

自分の居心地のいい環境を作るために、

『●●した方がいいだろ。』等と言うことはある。

 

けれど、自分と比べても、

その他大勢の『この人やばいな』と思う人と比べても、

クズ男ほどダメなゴミを見たことがない。

 

やっぱり、こうやって考えていると、

クズ男は、めったに見ないタイプの人間のため、

資料に書いてあった、『ここまでひどい人間っているか!?』

等と思った人間の行動、発言、考え方を生で見れて、

『クズ男と関わりたくない。こいつ気持ち悪い。』と思いつつも、

『でも、いいデータ集めになるんだよな。。。』等と

思う気持ちもあった。

 

もしかして、私もフレネミーの一人だったのだろうか。。。

 

 

グリコ プレミアム熟カレー 中辛 160g【楽天24】[2段熟カレー カレールウ(中辛)]

価格:270円
(2017/5/25 01:11時点)
感想(3件)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする