やっぱり、出来る人は違うな。。。

 

ボクシングの村田選手が判定負けしたことで、

WBCの会長までもが怒りのコメントを出すほどの

大騒動になったようだが、

 

そんな中、当事者の村田選手は、

反論することも文句を言うこともなく、

ただ、今回の判定を受け入れるとだけコメント。。。

 

なんて男らしい人なんだ。

 

私がこの立場なら、

絶対にこの結果に納得は出来ない。

誰かが言う前に、自ら『おかしいだろ(怒)』と怒りまくるはず。

 

さらに、周囲がこれだけ自分の味方になるような意見なら、

『やっぱり皆もおかしいと思うよね!?

 おい!もう1回判定し直せ(怒)』等と

調子に乗り怒ると思う。

 

けれど、村田選手は一切文句は言わなかった。

 

このことを報じていた番組のコメンテーターたちも、

そろって村田選手の態度に賞賛の声。

『こういう時に、人間性が出ますよね。

 村田選手は素晴らしい人だ。』、

『人間として勝利!』、

『男をあげた!!』等、

村田選手をたたえる言葉ばかり。

 

 

これまで村田選手を一切知らなかったけれど、

この1つのことだけで、すごい人だ、

素晴らしい人だと思った。

 

私は、自分の悔しい気持などをなだめて

あんな対応は絶対にできない。

やらないといけなと心のどこかで分かっていても、

絶対に出来ない自信がある。

 

それを、やり遂げた村田選手。

やはり、自分がやらないといけないのに出来ないことが

出来る人は素直にすごいと思し、尊敬する。

 

 

『俺すごいでしょ。こういう時、こういう態度取れるんだよ。』

等と、言われなくても、勝手に自ら『すごい』と思う。

人が人を尊敬したりするのは、こういうことなんだろうと思うし、

こういうことを、何も言わず、

悔しい気持ちをぐっとこらえてやりきる男性が

やっぱり、男らしいと思うし、

男性にはこうであってほしいと思う。

 

クズ男は、

『誰に向かって口きいてるの!?

 俺、皆に一目置かれてて、先生って呼ばれてるんだよ!?

 あなたなんなの!???』

と怒りまくり、怒鳴りまくっていたが、

ほんとにクズ男は情けない。

女みたい。ださい、ゴミ。。。。。。

 

 

村田選手の素晴らしい人間性、男らしさに比べて、

ゴミクズクズ男。

2014年の1月の時から、

だれも聞いてないのに、

『俺は誰よりも優秀なんだ。』、

『俺は誰よりも問題解決能力が高い』、

『俺は一目置かれているから先生と呼ばれてる』、

『俺は皆に好かれていて、

 俺は何をしても許される。』

等と言っていた。

 

けれど、実際は、

『なんであの人のこと先生って呼ばないといけないの?』、

『頭おかしいくせに、自分は出来るとか言っててキモイ。』

『あいつは人間じゃない。人間の言葉が通じない。

 人を不幸にする。あいつと関わるな。』、

等、悪口しか聞いたことがない。

実は、クズ男をほめている人を見たことがない。。。

 

 

ほんとにすごい人は、自画自賛はしない。

いつも謙虚で、いつも丁寧で。。。

 

村田選手は、あの試合の後、

相手選手に対しても、誠実な対応をしたらしい。

 

ほんとに、なんて素晴らしい方なんだ。

人としても、男としても素晴らしい。

 

こういうのは、自分で言うことじゃない。

人がどう評価するか。

 

いくら自画自賛したところで、

他人が良く思っていないのなら、何の意味もない。

 

村田選手はかっこいいし、体格もいいし、

見た目だけでも、十分すぎるほど『男』だけど、

性格も、とっても男らしい人なんだな。

 

 

 

クズ男は、不細工で奇形で、

骨と皮だけのひょろひょろ体型。

今にも死んでしまいそうに見える。

性格も女性的。

腹が立てば怒鳴り散らす、人を侮辱する。

挙句の果てに、『ふん』と言いながら無視をし、

『ねぇ、かまって』という女児のような行動を取る。

 

こんな虫みたいな『人』と思うのがギリギリの者を、

どうして、『男』等と思うと思ったのだろう。

 

こういう、ほんとに人としても素晴らしく、

男らしい人を見ても、それでも

『俺の方がかっこいい。俺の方が、優秀だ。』

等とクズ男は言うのだろうか。。。

 

人と自分を比べて、

『自分は劣っている』と思ったことがない人間って、

あまり見たことがないから、不思議だった。

 

どうすれば、あんなに『なんでも自分が1番』と思えるのだろうか。

ある意味、そう思えたら、すごく楽なんだろうな。。。

ただ、周囲にいる人は、ウザったくて仕方がないだろうけれど。