『役所に務めている友達から、あなたの住所とか聞いたから、だいたいあなたのこと分かったよ。』とクズ男が言っていたが、それは犯罪じゃないのか!?。。。

 

役所に用があり、

2014年のある時期、役所に行った。

 

その時対応してくれた職員は、

役所対応とは思えないほどの素晴らしい対応。

 

役所は傲慢で、職員の対応が非難されたり、

『お役所対応』等と接客態度の悪い販売員等の

悪口に使われることもあるが、

 

その時対応してくれた職員は、とても丁寧で、

自分が役所に行っている気がしないくらい

ほんとに素晴らしい対応だった。

 

ある日の会社の帰り道。

 

『この前、役所に行ったのね。

 その時、ほんとに丁寧な対応してもらえて驚いた。

 

 ああいう対応してもらえると、すごく嬉しいね。

 私も日ごろ、顧客対応することがあるから、

 ああいう人見習って、

 私もちゃんと仕事しないといけないなと思ったよ。

 

 見た目、若い感じの人だったけど、

 若くてもしっかりしててすごい人、たくさんいるね。

 

 いい歳したおばさんが、これじゃあダメだね。

 私も、見習って頑張ろう!』

等とクズ男に話をした。

 

すると、数日後、

 

『この前、役所に行ったって言ってたよね?』

とクズ男が聞いてくる。

 

『うん。行ったけど、なんで?』と私が聞くと、

 

『あぁ、そっかそっか、やっぱり、うんうん。

 やっぱり、あなたで合ってるね。

 

 いやー、俺ね、あなたの住所とか色々分かったから。

 あなたは全然自分のこと話してくれないけど、

 もうだいたいあなたのこと分かったから大丈夫だよ。』

等とクズ男がニタニタしながら言っていた。

 

あの時の恐怖。

 

ほんとに、ホラー映画等を観ているとき以上の

恐怖を感じる。

背筋にすっと何かが通るというか。。。。

 

もう言葉では言い表せない恐怖。

 

(人の情報勝手に見たの!?なんで!?

 そういうことしちゃダメなはずだよ!!)

等と言いたいことは多々あった。

 

でも、声が出ない。

 

それに、私が何を言ったところで、

『あなたからしか聞いたことがない。』、

『それ、ほんとなの!?』

等と怒鳴り散らして終わるだけだ。。。。

 

 

でも、怖い。

 

あの会社の女性数人に、

クズ男が、ストーカー、つきまとい、セクハラ的なことをした

という話を人から聞いたことがあったが、

 

クズ男からこの話をされたとき、

あの会社でクズ男につきまといされたと言っていた人がいる

という話は、ほんとのことだろうと思った。

 

女性は、クズ男から逃げるために会社を辞めたらしいが、

会社を辞めた後、クズ男がその女性の自宅周辺をうろついていたらしい。

 

『なんでここにいるの!?』と驚いた女性に、

『たまたま通りかかった』とクズ男は言ったらしいが、

 

田舎の道は、用がない限り通るような道路は少ない。

『たまたま通りかかる』等ありえないと言っても過言ではない。

 

自宅周辺に、見慣れない車、人などがいれば、

違和感を感じる。

 

それに、その女性はクズ男に住んでいるところを教えていなかったらしい。

あの会社のことだから、

誰かがベラベラ馬鹿みたいに言った可能性もあるが、

だが、役所の友人から情報を得た可能性もある。

 

人の住所などを言うということは、

ストーカーやつきまといをする人間に

情報を与える危険な行為だと、

なぜあの会社の人たちは分からないのだろうか。

自分が何の気なしに話した人の情報で、

被害者を作ることもあるということにいい加減に気がつき、

人の情報は話さないということが出来ないものだろうか。

(こういうことを言ったところで、

 『かしこぶってんのか!?むかつく(怒)』、

 『年上に対して生意気だ。バカにするな。』、

 『どこぞの姫じゃあるまいし』、

 『ドラマの見過ぎ、大袈裟』等というだけで終わるが。

 

 実際は、どっかのお姫様はSPがいるからいいんだよ。

 どこの誰かも分からないどうでもいい一般人だからこそ危ないってことを

 なぜ知らないかな。。。)

 

 

クズ男は

『俺は、人の情報を探るの嫌い。

 人の悪口とか嫌いだから、人のことって何も知らないんだ。

 

 こういうところあなたと一緒でしょ。

 だから、俺たち気が合うよ。』

と言っていたが、クズ男は常に情報収集をしていた。

 

『俺のお母さんが言ってたけど、あなたの住んでいるところって』

等と、クズ男は自分の両親にも聞くし、

会社の人にも聞く。

とにかく、情報収集をする。

 

私は人の個人情報は知りたくないため、情報収集はしない。

あの会社で情報収集したのは、

クズ男の悪事を証明するため、

クズ男がした過去の話を聞いたことはあったが、

それ以外は聞いたことがない。

 

人の情報を知りたがる心理が分からない。

そのため、どう対処していいのかも分からない。

 

下手すると、私以外の人に何か迷惑をかけるかもしれない。と

とんでもなく不安になり、

 

『役所で、第三者が勝手に情報を見るのってダメだよね?』

と弁護士に聞くと、

 

『当然、ダメだよ。

 ダメだし、そもそも第三者に情報開示する場合、

 ある条件を満たしてないと出来ないでしょ。何があったの?』

と聞かれたため、

『クズ男が役所勤めの友人から私の個人情報を取得したらしい。』

という話をした。

 

すると、

『どこの役所?それ、ダメでしょ。

 え?それほんとなの!?

 ほんとの話なら、相当やばいよ。問題だよ。

 

 え?ほんとに?

 クズ男って、弁護士目指して司法試験勉強してる人って言ってたよね?

 個人情報系の勉強もしてるはずだよ。

 それに、あなたたちの働いている会社も個人情報取り扱ってるよね?

 第三者に個人情報渡したら、処罰の対象になるの知ってるよね?

 

 法律の勉強してなくても、

 プライバシーマーク持ってる会社とか、

 個人情報取り扱う業務に従事している人間なら

 分かってるはずなんだけど。なんなのクズ男って。

 それ、ほんとなの!?』

と弁護士さんたちが驚いて、珍しく大きな声を出す。

 

『え。。。ほんとかどうかは謎だけど、

 クズ男が、役所に勤めている友人がいて

 私の情報を聞いたって言ってたんだよ。

 

 クズ男のことを問い詰めたらきっと、

 言ってない、この女の嘘、妄想、作り話って言って

 逃げると思うけど、

 でも、確かにクズ男にそう言われたんだよ。』

と私が言うと、

 

 

『もし、その話がほんとなら、証拠はあるから大丈夫だよ。

 

 ある会社でね、本人の許可なく勝手に情報検索した人、

 問題になってね、書類送検されたんだよ。

  その後、その会社では、担当者にIDを付与して

 だれがいつ、どの顧客の情報検索したか分かるようになったんだよ。

 

 2回以上検索すると、管理担当者に通知されて

 なぜ2回以上検索したのか説明しないといけなくなった。

 

 何らかの事情で2回目以上の検索が必要になることもあるから

 その点について、細かにルール付けしてるけど。

 

 個人情報管理に疎い人間から情報漏洩しないように、

 企業でもそういうことを徹底して、個人情報守ってるんだよ。

 

 ましてや、色々な情報を扱ってる役所だよ。

 なんだそのずさんな対応。どこの役所?』

と少々イラついた表情で聞いてくる。

 

普段、温厚な対応をする人たちが一気に表情が一変していて、

その場が、変な張りつめた空気になった。

ただならぬ雰囲気を感じ、

『いや、どこって。。。なんで?』

と私がしどろもどろになりながら聞くと、

 

『もちろん、問題だから。

 扱っている情報は、本人の許可なく第三者に照会してはいけない

 って決まりがあるんだよ。

 

 本人ですら、身分証明書を求められるでしょ。

 で、その管理している場所が提示している条件に合ってない場合、

 例え本人が来店していようと必要書類をそろえて出直してくださいって

 追い返すでしょ。

 本人ですら、企業側が設けてる条件を満たしてないと

 情報開示してもらえなかったり、必要な書類が取れないんだよ。

 

 それに、代理人立てた場合、

 委任状とか身分証とか色々必要になるでしょ。

 

 そういう手続きを省いて、

 (友人だから聞きました、言いました。)とかありえないでしょ。

 

 これ、例えば、

 『この人(私)が、クズ男に情報開示することを許可した』

 と言ったところで、口頭確認じゃダメなんだよ。

 書類渡した?身分証明書は?

 

 まさか、『俺は何をしても許されるから』とか言ってないよね?

 だから、クズ男の話しを聞いた時、

 クズ男は関わらない方がいいと思ったんだよ。

 

 この人、絶対におかしいよ。

 これ、証拠取れれば対応できるよ。

 というか、いくら田舎の役所って言ったって

 パソコンで管理してるでしょ?

 全然、証拠取れるよ。

 何月何日の話? 詳細教えて。』と言われた。

 

『や、、、うーん。。。。

 でもさ、これって怖くない?

 

 訴えるのは簡単だけど、

 ここまでクズ男がなんの認識もなく、

 罪の意識もなく平気でやるうえに

 クズ男の友人も平気で手を貸すんだよ。

 

 知識なさすぎ、罪悪感持てない。

 赤信号みんなで渡れば怖くない的な感覚の人たちって

 変に刺激すると怖いじゃない。

 

 だから、どうしようか悩むんだよね。。。。』

と私が言うと、

 

 『まあね、バカほど怖いものはないからね。

 バカって後先考えずに、とんでもないことするからね。

 こういう場合、頭使える人が痛い目見るんだよ。

 あぁ、とんでもないのと関わったね。

 

 でも、良かったよね。譲渡できるものはしておいて。

 ね、だから言ったんだよ。

 田舎に移る前に、色々手続きした方がいいよって。

 あなたは大丈夫って言ってたけど、

 ほら、やっぱり田舎って情報管理適当じゃない。

 ね、言った通りだったでしょ?

 

 クズ男って、あなたの貯金額とか収入とか細かに聞いたって言うし、

 お金、取るつもりだったんじゃない?

 

 こういうさ、頭のおかしい人がいるから、

 マイナンバー制度って俺は個人的に反対だったんだよ。

 

 申し訳ないけど、田舎の人って情報管理に疎い人多いでしょ。

 自ら情報言って、詐欺被害にあうでしょ。

 で、被害にあってから助けてくれって泣きついてくるでしょ。

 だからさ、普段から個人情報べらべら話すなって言うんだよ。

 せめて役所ぐらいはしっかりしてくれないとさ。。。

 

 訴えるのは後でも出来るから、

 とりあえず、どこの役所か教えて。

 (個人情報を、友人に平気で教える職員がいるって聞いた。

  怖いんだけど、どういう管理の仕方してるんだ?

  ちゃんと管理してくれないと困る。)

 ってやんわりクレームつける程度なら問題ないでしょ?』

と言われた。

 

『うーん、でも今はいいや。

 なんか、今そういう話すると、

 私が言ったとかあたりつけられそうだし、

 

 それで何かされても怖いし。』

等と私がぶつぶつ言っていると、

 

『だから、個人情報って怖いんだよ。

 訪問販売系のトラブルとかもそうだけど、

 自宅をおさえられた時の恐怖ってすごいでしょ。

 

 逃げ場がなくなるからね。

 

 でも、田舎の人って、どこに誰が住んでて、

 家族構成はどうのこうのって子供の頃から知ってるから、

 意外と、こういう恐怖心を持つことに理解のない人が多いんだよね。

 

 で、あなたみたいに情報知られるのが怖いとか

 ちゃんと情報管理しないといけないって言ってる人を

 馬鹿にするでしょ。

 そうやって人のこと馬鹿にして、結局詐欺にあうんだよね。。。

 

 だから、田舎の人って東京に出てくると

 こういう系のトラブル起こすんだよね。

 

 あなたが色々考えて怖いなら、無理強いはしないけど、

 結局、クズ男が(俺は何をしても許される)って勘違いする理由は

 こういうことだよね。

 

 恐怖を被害者に与えて黙らせるんだから。

 救いようがないな。。。』

と言っていた。

 

クズ男が、ほんとに役所から情報を取得したなら大問題。

ある会社では、書類送検になったとか。。。

 

クズ男は、『法に触れなければ何をしても許される』

と言っていたが、クズ男のこれまでの行動を1つ1つよく見ていくと、

法に触れていること、結構やってる気がするな。。。

 

クズ男を捕まえるために訴えを起こせば、

クズ男に情報を流したクズ男の友人とやらも

何らかの処分はされるだろうし。。。。

 

ほんとに、私の情報を渡したなら同情する必要はないけど、

もし違ってたら。。。

クズ男の話も、どこまで信じていいのか分からないし。

 

ただ、1つ分かったことは、

クズ男は、人の情報を調べない人ではなく、

『人の情報を調べまくるやばいやつだ。』ということだ。

 

ぱっと見、人のことに興味のなさそうな人に見えたのだが。

それに、

『俺は無理に人の話は聞きだしたりしない』、

と言っていたのに。

 

 

そして、『俺は何でも知っている』と言っていたが、

日頃のクズ男の行動が、犯罪を犯しているかもしれないことに

気がつけないような愚か者だった。。。