ブラック企業に例えて解釈した『オツベルと象』の記事を発見。。。

 

久々に、クズ男から言われた

『あなたはオツベルと象みたいだね』発言を思い出し、

 

 記憶をたよりに、覚えていることをただ書いていたが、

『そういえば、オツベルと象って結局なんだったんだ?』

と思いネット検索すると、面白い記事を発見した。

 

marunanahoshi.hatenablog.com

 

この記事だが、ブラック企業に例えて

オツベルと象』の内容を紹介していて面白い。

 

私が田舎で働いたブラック企業

そして、ゴミクズクズ男のことかと

思えるようなことが書いてある。

 

 

この記事にある、

『新しい奴隷を確保するために、甘い嘘をつくのです。』 

が、まさにクズ男のことを表しているようで、

読んでいて面白い。

 

そうそう、

『クズ男は、初め甘い嘘で人を誘いこむ。』

(その嘘があからさま過ぎて、この人やばいと気がつくが。)

 

その他にも、共感できるポイントが多々ある。

 

本等の解釈は、

どう解釈するかは人それぞれだと思う。

 

何が正しくて何が間違いかは、

それは作者に聞いてみないことには分からない。

 

作者によっては、

『読み手の好きなように解釈してもらって構わない。』

と言う人もいる。

そうなると、読み手の数だけ解釈があることになる。

 

だから、私や私の周囲の人間がした解釈もある意味正しいし、

人によっては間違いだと言うだろう。

 

実際、何が正しいかは不明だが、

私が思ったことと同じ様なことを思い

書いている人の記事を読めて面白かった。

 

 こうやって考えてみると、

やはり、あの会社はおかしいじゃないか。

クズ男はおかしいじゃないか。

 

 

『あなたからしか聞いたことない。』、

『この会社が変?そう言ってるあなたが変なんだ。

 そんなこと言ってるから、人から嫌がられるんだよ。』、

等と私を馬鹿にしていたが、

 クズ男も、十分過ぎるくらい人から嫌われているんだが。

 

 

やはり、世間的に見て非常識で頭がおかしくて

社会不適合者は、ゴミクズクズ男じゃないか。

 

やはり、クズ男がオツベルという解釈で間違いないようだ。

 

 

今、クラッシャー上司、パワハラ等、

ダメなことという認識をしている人が多いし、

ニュース番組でも取り上げている。

 

ところが、クズ男は、パワハラ等を、

『あれのどこが問題なの?』、

『皆、甘えすぎなんだよ。』、

『怒られる人に問題がある。』、

『優しく教える?それは手を抜けってこと?』

等と話が通じない。

 

というより、クラッシャー人間、パワハラ人間の言い分を

平気な顔をして言う人間だ。

そして、パワハラ、クラッシャーにあたる行為を、

『何が悪いんだ』と何が問題か全く分かっていない。

 

 

クズ男は、侮辱、セクハラ、モラハラ、性的行為を要求する等、

とにかく、人としてのモラルが全くない人間。

 

『俺は何をしても許される』と思い込んでいるため、

『俺のすることは絶対なんだよ。

 俺がハラスメントしてる?

 

 俺は先生と呼ばれていて、一目置かれている。

 皆、俺を認めてるし俺のことが好きなんだよ。

 

 俺のすることを拒否したりするのはあなただけだよ(怒)』

と怒鳴り散らす。

 

今も、相変わらずハラスメント行為をしているのだろうか。

そうだといいのだが。

そうではないと、それこそ私の話が嘘にされてしまう。 

 

下手に自分の悪いところに気がついて直していないといいのだが。

 

 世間で話題になっているクラッシャー人間、パワハラ

あれが理解出来ず、『私からしか聞いたことがない。』

井の中の蛙のクズ男は、

広い世界に出ればすぐに潰されるか、

それとも、ひと暴れして大変なことになるか。。。

 

いずれにせよ、

私がいたいと思う世界で、

非常識でまともではなく変なのはクズ男だ。

 

クズ男のいたい世界だと、

私が非常識で頭のおかしなゴミクズになるが。

 

人の数だけ善悪があり、

人の数だけ常識非常識がある。。。

 

自分がどの世界にいたくて、

何がしたいのか、

それをするにはどの常識を常識とするのか。

 

その選択を間違えなければいいだけだ。

 

人に好かれ、人に大事にされる人間は、

こういうことが分かっているから、

自分の常識より、相手の常識を優先して行動する。

 

自分の常識が絶対的な常識と思い、

『俺の言うことを理解出来ず

 言うことを聞かない人間はキル。

 今までもそうしてきた。』

とクズ男は偉そうに言っていたが、

結局のところ、実は過去、自分が切られてきたのだろう。

 

それに、もし、ほんとにクズ男から関係を切ったとしても、

切られた側は、切った人間に対して嫌な感情を抱く。

それも、切った相手がクズ男ならなおさらだ。 

 

 

クズ男が

『俺は今まで誰からも嫌われたことがない。』

と言っていたが、クズ男が人間関係を切った人間がいる以上、

その切った人の数だけ、嫌われたり恨まれたり等

嫌な感情を持たれている。

 

 

オツベルと象』はある意味面白いかもしれない。

 

傲慢で高飛車で他人の気持ちを思いやることの出来ない

オツベルクズ男が、

これまで善良だった多くの人を傷つけ切り捨ててきた。

 

クズ男が切ってきただけの人数の人(象)が

いずれ、クズ男に復讐するのだろう。

 

 

『踏みつぶされたクズ男が悪いのです。

 誰も罪悪感を抱くことはないのです。

 何せ、クズ男は、反省、罪悪感、謝罪等の言葉がなく、

 そのような理解のない人間ですから。

 

 他の人間には復讐などしてはいけなくても、

 クズ男にだけは堂々としていいのです。

 

 なぜならば、クズ男は

 そうされる人間が悪いと言っていたからです。

 

 人を許す気持ちはなく、

 自分以外の人間を踏みつぶし、虐げ

 自分の言うことを聞かせる奴隷と思っているクズ男には

 何をしても許されるのです。』

と思ってしまう。

 

 

オツベルと象』の作者の宮沢賢治は、

相手が自分に害を及ぼすような生き物であっても、

生命を奪うことは良くないことという思想の持ち主だったとか。

 

私が、

『どんなひどい復讐でもクズ男にだけは何をしてもいい』等と言ったら、

宮沢賢治は『ダメだ』というんでしょうね。

 

クズ男は普段からよく、

被害者をさらに追い詰め、加害者養護する発言ばかりする。

 

『人を傷つけても証拠さえなければいい。』、

『人を傷つけても法に触れなければいい。』、

『人を傷つけても許されて当然。』、

等と思っている。

 

クズ男は宮沢賢治が好きらしい。

宗教も好きらしい。

 

この2つに共通していることは、

『どんな悪人も救われて当然。』

 

だから、あいつは悪いことをしても平然としている。

反省もしない、罪悪感も感じない、謝罪もしない。

 

私が宗教が嫌いな理由はこういうところだ。

加害者が大きな顔をする理由を作っている。

 

クズ男に、嘘で『許す』と言ったところ、

『やっと人を許すってことが分かったか。』

と偉そうな顔をして私に言ってきた。

 

腹が立った。

私は自分の体にナイフを突き立てた相手を

『許す』と言い、

私を半殺しにした人間に

『やっと許すということが分かったか』と言われたのだ。

 

クズ男から謝罪の言葉をもらったことは一度もない。

 

腹が立ち、『謝れ!』と言っても、

『なんで?何も悪いことをしてないのに、

 なんで俺が謝る必要があるんだ!?』

と怒鳴り散らすだけ。

 

『じゃあさ、私の言うことを復唱して。

 ごめんなさい。

 はい、言って』と何とも言い、

 

やっと『ごめんなさい』と言わせたのだ。

 

ほんとに謝罪されたことはない。

よく聞く、『誠意がない。』という言葉の意味を知ったのは

あのクズ男のふざけた『ごめんなさい。』、『ごめんね』

を聞いた時だ。

 

ある意味、いい勉強になったと思い、

我慢しようと思ったが、

それと同時に、何があっても一生許さない

と心に決めた瞬間でもあった。

 

クズ男の感覚はほんとに意味が分からない。

訴えて、法で罪を問わないと分からないのかと腹がたった。

 

こんな人間が偉そうに一番気どり出来ていた環境って、

いったいどんな環境なんだ?

会ったこともないクズ男の友人を非難したくないが、

クズ男の話に出てくる『友だち』というのは、

ほんとにクズ男を『すごい』等と思っているのだろうか。

 

あいつが『すごい』、『優秀』でいれる世界って

いったいどんな世界なんだ。

 

 

法曹界の人が、

『ほんとは法なんてなくてもいいはずなんだ。

 人間一人一人がちゃんとすれば、

 お互いを思いやり、対応することが出来れば

 こんな仕事はいらないはずなんだ。

 

 なんで、この仕事が必要で、

 なんで、これらを必要とする人がいると思う?

 

 人を人と思わず、

 人としてやることが出来ない人間がいるからだよ。』

等と言っていた。

 

 

『法と宗教』を比較して色々説明してくれた

有識者がいたが、あのことを思い出すと

やはりクズ男が試験に合格するのは難しいだろう。

 

クズ男は、

『不合格になっても、なんでダメだったのか

 書いてないから分からないんだよ。

 なんで俺が不合格になるのか分からない。

 

 俺には向いていないのかと悩んだことがある。』

と言っていたが、

向いていないし、そもそも合格する人ほどに

何も分かってないんだよ。

 

いつも人を怒鳴りつけ委縮させ、

自分に意見を言えないような状況を作っているから

物事をきちんと把握していなくても勝てる状況を作っている。

 

合格している人たちは、常にあることをしている。

素人で馬鹿な私でも、あれだけの違和感を感じるなら、

司法予備試験の試験官は、もっとクズ男のダメっぷりを感じるはずだ。

そりゃ試験に落ちるだろう。

 

そもそも、考え・思想が偏り過ぎなんだよ。

自分に都合よく解釈しすぎ。

 

 自分で自分の道を閉ざしているおバカさん

 

そして、人には『考えが甘いんだよ。』等と馬鹿にして言うが、

不合格の理由を事細かく説明してほしいという気持ちも

『考えが甘い』だろ?

 

学校の試験、企業の就職面接、その他の資格試験等、

不合格の理由を丁寧に教えてくれるのはないと思うが。

 

私が知らないだけで、

そのようにご丁寧に不合格理由を

教えてくれる物があるのかもしれないが、

『教えてくれることが普通・常識』的に思っているクズ男こそ

『考えが甘い』だろ。

 

自分の中の問題を見つけ、

解決する方法を見つけることが出来ない以上、

法曹界に入るには力不足すぎてダメだろう。

 

『有罪になった理由。』、

『無罪になった理由』等、

いちいち詳細をご丁寧に教えてもらえないんだから、

何がダメで依頼人の希望にそえなかったのか、

それが分かるような頭を持っていない以上

あの世界には入れないだろうな。

 

あの世界にいる人の頭は驚くほどいいから。

普段、適当に笑っていても

頭の回転は異常に早い。

クズ男なんて瞬殺だろう。

 

田舎の片隅で怒鳴って人を委縮させて、

その中で論破し勝った気でいるだけでは、

子供の頃から高レベルの中で育てたあの頭脳を持っている人たちに

勝てるわけがない。

 

司法予備試験の試験官もクズ男には思いきり、

違和感を感じるだろう。

幼稚で偏った意見を、偉そうにドヤ顔で話しているクズ男。

なぜ3次試験まできたのか、

疑問を持っているだろう。。。