『あなたはオツベルと象みたいだよね。』とニタニタ笑いながらクズ男に言われたが、お前もそうだろ!???と疑問を感じたこと。。。

 

ある日、

『あなたはオツベルと象みたいだよね。』

とニタニタしながらクズ男が言ってきた。

 

オツベルと象』は宮沢賢治の本らしいが、

私は読んだこともなければ、存在自体も知らない。

 

『どういう意味?』

と聞くと、

『読めば分かるよ。読んでみて。』

とクズ男が言ってきた。

 

めんどくせーなーと言うのが正直なところ。

しかも、読むということは、興味のない本を用意しないといけない。

買いに行くのもめんどくさい。

電子書籍でダウンロードするのもめんどくさい。

 

何がどうなのか説明すりゃいいだろと腹が立つ。

 

電子書籍でダウンロードするが、

そもそも読んでいてつまらない。

 

 

面倒になり、オツベルと象のあらすじ、

いったい何を伝えたいのか等、ネットで検索するが、

その説明を読んでも、よく分からない。

 

オツベルがクズ男で、象が私。

私がクズ男を殺して、最後に私が罪を悔いて自殺する?

 

クズ男のことを受け入れず、非難ばかりしている私も

他の悪人と変わらないだろって話か?

 

私は私の中の悪も認識している。

私はクズ男が嫌いなのに、俺のことが好きだと勘違いし、

しつこくすがりつき、嫌な思いばかりをさせておいて、

 

『俺を信じろ、好きになれ』としつこいのに、

結局受け入れない私に腹を立て、

怒鳴り散らし侮辱し、精神DVを繰り返したクズ男。

 

自分のことは好きになれ信じろというくせに、

クズ男は私を信じず非難ばかりするくせに、、、

 

オツベルがやっぱりクズ男で、

象が私と言う解釈で合ってるのか?

 

自分の悪を刺激する人間と関わりたくない。

純粋だった象が悪に変わり、オツベルを殺す。

これと同じように、悪魔的なクズ男に耐えきれず、

クズ男に恨みを抱き、殺意めいた感情を抱いた私。

 

社員Tさんもクズ男を『あいつは人を不幸にする。』

と言っていたが、やはりクズ男は人を壊す悪魔オツベル。

会社の人たちがクズ男を嫌い、

悪い感情を抱くのも象と同じなんじゃないのか?

 

人間すべてに言えることではないのか?

 

あの会社にいた時、クズ男と関わっていた時、

どんどん自分が悪い人間になっていくのが分かった。

 

あの会社を辞め、クズ男と関わるのをやめ、

もともとの仲の良い人たちとだけ関わったところ、

いつもの平穏で落ち着いた気持ちを取り戻せた。

 

私は、こういう穏やかな気持ちを持ち続けたいから、

『クズ男は、私の心の負担になるから

 わたしに関わらないでほしい』と何度も頼んだのだ。

 

要は、私にとってクズ男はオツベルなんだ。

これが私?お前は人を悪に変えるオツベルだろ?

なんだ?その傲慢な意見は???

 

 

オツベルと象がなんで私みたいなんだ?

立場によって、関わる人によっていろいろ変わるとか、

 世界が変わり、善悪も変わる的な話なら、

 私に限らず、人間すべてに言えることなんじゃないの?

 これは、十分クズ男にも当てはまる。

 

 『特定の誰か』ではなく、全ての人間にあてはまると思うのだが?

 それとも、お得意の

 『それはあなたたちだから。

  俺は全ての人に認められている優秀な人間だから、

  何をしても許されるから、俺には当てはまらない。』

 とでも言うのか?

 

 『全ての人が全て許してくれる。』はずの人間が、

 なんで10年以上も司法予備試験に不合格なんだろう。

 

 試験官が、『お前はダメだ』と不合格にする理由は?

 全ての人が許してくれるなら、1回で合格すると思うのだが?

 点数が悪くても、クズ男が『何をしても許さる』なら、

 日本一の大学が入学を許可するはずだけど?

 やっぱり、クズ男って意味が分からない。

 ただの、傲慢、うぬぼれ勘違いの激しい頭の悪いおっさんだ。

 

 ちなみに、クズ男は人を悪魔に変える才能がある。

 クズ男は人に、怒り、憎しみ、殺意を教えてくれる悪魔だ。

 

オツベルと象をね、私みたいとクズ男に言われたんだけど、

 これ、人間皆にあてはまると思うんだけど、

 どう思う?』

と複数人に聞いた。

 

皆、誰も『オツベルと象』のことを知らず、

結局、あらすじなどを見ただけだが、

 

『本の全体を読んでいないし、

 あのネット上に載っているのは、

 あくまでも、読んだ人が書いていることだから、

 あれだけで、どこまで判断していいのか分からないけど、

 

 あれだけで判断するなら、

 あれが誰か一人のことを示しているとは思えない。

 

 人間すべてに当てはまるんじゃない?

 自分が誰かを悪魔にするかもしれないし、

 誰かを天使にするかもしれないし、

 

 天使でいたいと思っていても、誰かのせいで悪魔になるかもしれない。

 

 常に人の心には善悪があるから、

 なるだけ自分の善を引っ張り出す人間と関わりましょうねって

 話なんじゃないの?

 

 要はさ、これ、

 人を悪魔に変えることが特技のクズ男は、人と関わらないでね、

 お前といると、周囲の人間が悪魔になってしまうよ

 というように解釈することもできるよね。

 

 自分は何をしても許されるってクズ男は言っているみたいだし、

 どうせ、俺には関係ないとか言うんだろうね。

 

 クズ男ってさ、やっぱり人間じゃなく、妖怪なんじゃない?(笑)』

等と言っていた。

 

『やっぱり、私の解釈はそんなに間違えてないのか。。。

 でも、これ言った後、すごい勝ち誇った態度になっててさ、

 

 なんか異常にムカつくというか、

 ほんとに、何があっても許したくないと思ったし、

 自分の持ってる力を全て使って、

 全力でクズ男の人生をぶっ潰したくなったし。

 

 なんか、クズ男といると普段考えたこともないことを考えたり

 思ってしまったり、どんどんおかしくなっていくんだよね。』

と私が言うと、

 

『クズ男って馬鹿だから。

 

 勝つことだけ、相手を潰すことだけ考えているから

 こういうことになる。

 目の前にいる人間がたとえ弱そうでも、

 相手がどんな力を持っているかなんて、実は分からない。

 

 ケンカするにしても潰すにしても相手は選ばないと、

 その行為がいずれ、自分の足を引っ張ることになる。

 それに、どんなに弱くて力がなくても、

 どうにかすることは可能だからね。

 クズ男って、未成年の許されるうちに色々経験しなかったんだろうね。

 男同士の殴り合いのケンカだって、

 未成年者と成人だと、扱いが変わるからね。

 

 クズ男って、色々お粗末な人だね。

 

 それに、人が人を許せる理由は、

 その人の人間性とか信頼関係によるよね。

 

 クズ男のように傲慢で、自分さえ良ければいい等

 人間性がとんでもなく悪い場合、

 そもそも信頼関係が築かれていない、好きではない場合、

 許す気になるどころか潰したい気持ちがわくのは当然。

 

 それこそ、オツベルと象だよね。

 

 こいつ、どこまで頭悪いんだろう。

 でも、そういうこと、教えなくていいよ。

 人って、こういう理解がないままに歳を取ると

 自分で自分の人生を台無しにする愚かな行動を取るんだよ。

 

 すでに、10年以上の長期浪人をして、

 これまでの人生を潰しているし、

 どうあがいても取り返しがつかないところに来てる。

 法曹界って、そんな甘い世界じゃないよ。

 人に知られている以上に、あることで縛られている世界。

 そもそも、クズ男はそれに対抗するための物を持ってないんだから、

 ほんとは、せめて学歴と1発合格という事実だけは

 そろえておくべきだった。

 

 でも、この話、しなくていいよ。

 知ったところで、もう2度とこの世界で必要なものを

 一つも手に入れることは出来ないから。

  それでも、この世界に入りたいなら、

 自分は出来そこないのバカですと頭を一生下げ続けるしかない。

 クズ男は、それをする意味が分からないと言っている人みたいだから、

 そうやって傲慢な態度を取っていれば、

 力のある人間に潰される。

 これって大袈裟な話ではなく、一般企業でもあるでしょ。

 傲慢な人間の末路は、どの業界でも同じはず。

 

 あなたがわざわざ何もしなくても、

 クズ男が勝手に自滅するから、ほっておけ。

 クズ男の人生がダメになることが望みなんでしょ?

  すでに、もうないような人生だけどね。

 

 でも、もっとこれ以上のことを望むなら、

 余計なことは教えず、ほめて潰せ。』

と言われた。

 

 

 この、本を勧めてきた行為、

なぜクズ男がそうしたのか理由は分かる。

 

人のことを全く理解できていないのに、

『人のことは全て分かる。』と言い張るクズ男に、

何度も『もっと人間の勉強をしてください。』

と言ったことがある。

 

ほんとは、人のことを『勉強』とは言いたくなかった。

『もっと人のことを理解して』と言いたかったが、

クズ男が『勉強』という言葉が好きなため、

『理解』を『勉強』に言い換えて言ったのだ。

 

 

クズ男は、目に見える態度、聞こえる言葉が全てだと言う。

そのくせ、自分にとって都合の悪い言葉は聞かない。

悪い言葉も、自分の都合の良いように捻じ曲げて解釈する。

 

だから、『本を読め。ドラマを観ろ』と言ったのだ。

本やドラマは、人の本音と建て前が知れる。

 

例えば、

 笑いながら、『すごいね』とほめたが、

 実は、『すごい(ばか)だね』という意味で言った。

 やつはバカすぎる。ほんとにバカで嫌いだ。

 でも、私はあいつを笑顔で対応する。

 

というような、表面と裏を知ることが出来る。

 見えている態度が自分に好意的でも、

ほんとにそうとは限らない。

ほんとは嫌っている可能性もある。

 

それに、それを知れば、私がクズ男を大嫌いで恨んでいて

許す気が少しもないことを知れるはずだ。

 

 

 

 

 

 

クズ男を、

『不細工不気味奇形妖怪』と思いながら、

『かっこいい。素敵』と嘘をついている

私の気持ちにも気がつくだろうと思い、

 

『本を読め。ドラマを観ろ。そして、人の心の裏側、

 ドロドロを知れ。』と思ったのだが、

 

クズ男は、自分をあらためるどころか、

『本読めって言ってたよね?

 じゃあ、あなたはオツベルと象みたいだよね(笑)』

と馬鹿にしてきたのだ。

 

それにしても、私が提案したことでやり返し、

上に立ったようなつもりになり、

私を馬鹿にしていたクズ男は面白かった。

 

これで私を傷つけ潰した気になるなんて(笑)

だから、クズ男って頭が良いとは思えない。

 

そもそも、『本を読め』と言ったのは、

人の注意が聞けないなら、そういうことで自分をあらためろ

ということで言ったのであって、

人を馬鹿にする道具にしろとは言っていない。

 

やっぱりあいつは頭が悪い。

自分が見えていない。

だから、何も直せない。

そして、自分の過ちを指摘して直してくれる

友人知人がいない。

なんて可哀想な人なんだろう。残念な人だ。

 

 

オツベルと象が私みたい』か。。。

これ、クズ男にも当てはまると思うんだけどね。

 

ただ、それを『人間すべてにあてはまる本』

という解釈がなく、私一人にあてはまると思った時点で、

やっぱり、あいつは何も分かっていない。

自分のことも、人間のことも。

 

自分が何も理解できていない、

言葉だけを頭に詰め込んだ大馬鹿だと証明してくれてありがとう。

 

やっぱりクズ男は、中身すっからかんだったな。