『俺、いいとこの坊ちゃんに見えると言われたことがあるんだ。』とクズ男が言っていたが、私には『超絶極貧貧乏人』にしか見えないのだが。。。

 

 『人はほめられた時ほど気を引き締めないとダメだよ。

 

 ほんとにほめられたにせよ、

 ほめられると気が緩むでしょ。

 それ以上、頑張ろうとしなくなるでしょ。

 

 それに、ほめ言葉を使って人を潰す人もいるから

 ほめられた時ほど、自惚れず自意識過剰にならず、

 精進し続けなさい。』

等と20代の頃、社会人の先輩方に教わったことがあった。

 

クズ男を見ていると、

ほんとにその通りだなと思うことが多々あるが、

これもその一つ。

 

 

ある日、

『俺、いいとこの坊ちゃんに見えるって言われたことがあるんだよね。』

とクズ男が得意げにドヤ顔で言っていたことがあった。

 

あまりの驚きに言葉も出ず黙っていると、

 

『俺って上品に見えるんだって。』

等とクズ男が続ける。

 

上品、いいところの坊ちゃん。。。

私的には、この言葉はクズ男には無縁のように思うのだが。 

 

誰だ?誰がいつ、どんな時に、

なぜクズ男にそんなことを言ったんだ?

あまりにめんどくさくて、状況的に言わざるをえなかったのか?

それとも、言った人は、ほんとにそう思って言ったのか?

 

こいつのどこが『いいところの坊ちゃん』なんだよ。

というか、その言った人、本物見たことないな。

本物のお坊ちゃまは、こんな貧乏くさくないし、

こんな変な動きしないぞ。

 

 

クズ男の放つあの不気味な空気感を

●●障害系の人が放つ空気ではなく、

気品等と勘違いしたのか?

 

障がい者が放つ独特の空気と坊ちゃんたちの持つ空気感、

区別がつかないとは、それを言った人は

あまり人を見たことがない状態だろう。

ということは、10代か20代前半頃か。

それか、田舎から出たことのない人間だな。。。等と思った。 

 

最近、テレビでも、『実はいいところのお坊ちゃん、お嬢さん』

と言う人たちが多々出ている。

一見、服装、言葉使いだけ見ると、

その辺の庶民と変わらなく見えたりするけれど、

あの人たちは、見ていると、

『やっぱりそういう環境で育った人だな。』

と分かるものをきちんと持っている。

 

それは、持ち物や言葉遣いではなく、

そういう環境で育った人が自然と身に着けるものがある。

 

それは、どんなに真似ようとしても真似することは出来ない。

子供の頃からそういう環境で育たないと、

身に着けることが出来ない。

 

クズ男は普段、私に対して

ため口だし、上から目線で傲慢な態度を取るくせに、

メールの時だけ、

『今日はお話し出来て楽しかったです。』、

『今日頂いた●●は、お休みの日に頂きますね。』、

『今日のお昼に、○○を頂きました。』

等と、やたら『お』をつけたり、『頂いた』等を使うが、

(笑)ばかやろー。

 

いいところの坊ちゃんってそういう事じゃないだろ(笑)

 

普段、面と向かって人を侮辱したり、

『殺人鬼みたいな目をしてる』、『犯罪者顔だ。』

『この前、ほんとに殺されるかと思った。』

等と人を恐怖に陥れるくらいの猟奇的な顔で

人を怒鳴りつけたり、ため口聞いておいて、

 

『お話』、『頂きました』って、

それだけ言っておけば、

いいところのお坊ちゃんになれると思っているのが浅はか。

 

 そして、クズ男は謎の変な笑顔をすることがある。

完全に作り物の笑顔のため、違和感を感じていたが、

もしかすると、『いいとこの坊ちゃんに見える。』

と言われた後、鏡の前で練習したのだろう。

(クズ男は、気持ちの悪いことに鏡の前で表情の練習をする。

 実際、その練習風景を見たことがあるが、気持ちが悪かった。)

 

でも、あの笑顔は良く見せようと必死な作り笑顔のため、

見ている側に、逆に不信感を抱かせる。

あぁいう笑顔する人って。。。

なぜ、そういう笑顔をするのか、

まぁまぁ理由は知っている。

おそらく、クズ男もそのうちの一人だろう。

けれど、あの笑顔が逆に人から疑いの目を向けられることになるとは

絶対に教えない。

あの不気味な笑顔を今後もすればいい。

 

 

『俺、いいところの坊ちゃんに見えると言われたことがある。』

と言っていた時、私が無言だったから、

その意見を肯定したと思ったのだろう。

 

クズ男は単純馬鹿だから、

相手が黙っているのは、肯定したからと思っている。

 

驚きのあまり言葉が出ないということが理解出来ないのだ。

 

この日の後も、あの不気味な作り笑顔をしながら

『じゃあ、今度○○しますね。』等と言ったりするが、

そのわざとらしい感が、ほんっとーに実は坊ちゃんなど

無縁の人間だと分かる。

 

ほんとにお坊ちゃんの人たちは、意外と普段そういうのを出さない。

ふとした瞬間の仕草などで育ちの良さを感じる。

 

間違えても、『30万円もして高かった。』と言わないし、

『お金の使い過ぎだよ。』、『ちゃんと貯金してるの?』

等と言ってこない。

 

坊っちゃん方は、お金の苦労なんてしたことがないし、

そもそも、この世にお金がない人がいることを認識していない人もいる。

 

それは、ある大臣がいい歳をして親からお小遣いをもらっていたり、

 

マリーアントワネットの

『パンがないならお菓子を食べればいいじゃない。』よろしく、

ある大臣が、『じゃあ、●●すればいいじゃないか。』等、

庶民感覚ゼロの意見をサラッと言い、

国民から非難されていたことでも分かる。

 

ほんとに、お金のないことが分からない人がいるのだ。

 

『お金がない?なんで?

 どうすればお金がないとか、そんな状況になるの?』

と真顔で言う人を何人も知っている。

 

あの人たちは悪気がない。

自分もお金があるし、学生時代から周囲の人間もお金があるため、

彼らの中では、全ての人がそうだと思っているのだ。

育った環境というのはほんとに恐ろしい。

 

『なんであなたは次々と物を買うの?

 ipad持ってるなら、それ売ってから買うんだよ。

 ipadipod touchiphoneって、もう3つも持ってるのに、

 なんで、これ以上増やそうとしてるの!?

 

 もっとさ、ちゃんとした方がいいよ。』

等とクズ男から何度も言われたことがあるが、

私の知っているお坊ちゃま方は、

ipadipad airipad pro、iMacmacbook。。。

一人で、10台以上持っている人もいる。

 

それについて、

『買い過ぎ。』、『持っている物を売ってから次の物を買う。』

等と言った話が出たことは一度もない。

 

 

『車を買うなら、中古で十分だよね?』

と私がクズ男に聞くと、

『うん、そうだね。俺なんて、この車中古で買って、

 10年以上乗ってるし。

 ちなみに、この車、6万円くらいで買ったんだ。』

と得意満面で言っていた。

 

6万??

いや、これは聞き間違いかもしれない。

だって、車で60万でも安いのに、6万って。。。

私の記憶違いか、聞き間違いかもしれないけれど、

何度も車の話をクズ男はしていたが、

6万と何度も言っていた気がする。。。。

クズ男は、主婦が安く物を買えたことを自慢するような感覚で 

言うため『車を6万円で買った』と自慢していた気がする。

 

同じ質問をお坊ちゃま方にすると

『中古!?やだ!汚いよ。

 どこの誰が使ったかも分からないのに、やめておきなよ。

 それに、中古って壊れたりとか、、、

 なんか色々怖いよ。

 ちゃんと新品で買った方がいいよ。』

等と言っていた。

 

これが、貧乏人とお坊ちゃま方の考え方の違い。

貧乏人とお坊ちゃま方の常識は違う。

 

『そんなことあなた(私)からしか聞いたことがない。』

とクズ男が私を馬鹿にして言っていたが、

そりゃそうだ。貧乏人が知るわけないからね。

自分が、そういう世界の人間だと教えてくれてありがとう!

 

クズ男って、見た目も中身も極貧さんなんだね。

 

それに、お坊ちゃま方は、

子供の頃からきちんとしつけを受けているため、

『女性にお金は払わせられない。』と言うし、

私は彼らに一度もお金を払ったことがない。

 

『いつも悪いから、たまには。。。』と言っても、

『女性がそんなこと気にしなくていいんだよ。

 そもそも、お金出させて申し訳ないって女性に思わせる

 甲斐性のない男が悪いんだから、そう思われると、

 俺が甲斐性のない男と思われているみたいでいやだから、

 そう思うのやめてほしい。』

等と言われる。

 

だから、彼らは絶対に女性からお金を受け取ることはない。

 

でも、クズ男は、お金は払わない。

まだまだ食事途中の私に『もうお腹いっぱいだよね。』

等と言い、私の食事途中の料理をぶんどって食べる。

 

しかも、麺類等の時、レンゲを使って、

底にたまっている細かな麺や野菜類などを

かき集めてまで食べる。

 

 私がお金を渡せば必ず受け取る。

クズ男のことだから、

『だって、あなたがお金を渡してきたんでしょ』

と怒鳴り散らすに決まっている。

 

私ね、試したんだよ。

 

クズ男が、いいところのお坊ちゃんに見えるように

一生懸命演じていたから、

どこまで演じれるのか、試したんだよ。

 

いいところのお坊ちゃまは、

女性がお金を出した時、

女性に恥をかかせず、上手に断り、

そのお金を財布にしまわせることが出来る。

 

そして、それ以降、

2度と財布じたいを出さないようにすることが出来る。

 

だからね、試したんだよ。

 

ところが、クズ男はお金を当たり前のように受け取るし、

挙句に、

『俺、新しいバックが欲しいんだ。

 あ!これ欲しいやつ。』

と数万円のバッグを指さして、

若い女がおっさんにたかるように、

私に『買え』と言わんばかりに言っていた。

 

クズ男は、友人たちと私を笑い者にしていたと言ってたため、

『その女から金巻あげてやればいいじゃん(笑)』

等と言っていたのだろう。

 

 

『金遣いの荒い女がいてさ、色々買わせてるんだ(笑)

 と友達が話してたら、なんて言う?』

と私が男友達に聞くと、

 

『え?女性にお金払わせて平気な男っているの!?

 要は、ヒモとかなんだろうけど、そういう人周囲にいないから

 想像でしかないけど、女性に払わせる男とか男じゃないでしょ。

 

 そういうことを言ってきたら、

 まず、女性にお金を払わせるなと言う。

 でも、根っからのそういうやつなら言っても意味ないけど。

 

 女性にお金を払ってもらってる人って、

 なんかだらしないイメージがあるから、

 縁切るな。』

と友人が言っていた。

 

『じゃあさ、

  俺も払う気はあるし、今までは女に払わせず俺が払ってたよ。

  でも、この女金遣いあらくてさ、 

  俺の金じゃ対応出来ないんだよ。

 

  自分の分は自分で払って当然なわけだし、

  こういう場合、女が払うのもおかしくないよね?

 と友達がさらに言ってきたら、なんて言うの?』

とさらに友人に聞くと、

 

 

『自分の財布で対応できない女ってことは、

 その女性は、その男より生活力があって

 金銭感覚が上の人間ってことでしょ。

 

 まず、自分の手に負えないじてんで、

 相手しちゃだめだよね。

 

 え?まさか、クズ男の話?』

と、勘のいい友人が気がつく。

 

『うん、そうなんだ。。。

 私的に、男の人にお金を払うのは失礼って聞いてるから、

 私のしてることって、クズ男を侮辱する行為になるよね?

 

 でも、あいつ、お金渡せばほいほい受け取るし、

 お金出した時、皆が言うようなこと一切言わないんだよ。

 

 だから、こっちも振りでお金を出しただけなんだけど、

 クズ男が何も言わず、ありがとうと受け取るから、

 こっちもお財布にしまえなくて、

 なんか、お金あげる女みたいになっててすごい気分悪いんだよ。

 

 挙句に、子供の頃から高級料理店行けなくて

 指をくわえて見てたとか言って、なんか気持ち悪いし。

 また、そういう話がお似合いなくらい、

 貧乏臭い見た目してるしさ。。。

 

 『男』として見れないどころか、

 『人』として認識するのも難しいんだよ。

 

 貧困国の食べれなくてやせ細ってる人みたいにしか

 見えなくて、いつもボランティアしてる感じというか、

 (恵まれない子に愛の手を)的な感じで、

 恵んであげてるというか、施しをしている感じというか。。。

 

 クズ男といると、私何やってんだろうと思うことが多いんだけど、

 これって、私が悪いの?クズ男が悪いの?

 

 どうすればいいの?』

と私が聞くと、

 

『どっちが悪いとかじゃなくて、

 金銭感覚の違い過ぎる人が関わってるから

 おかしくなってるんだよ。

 

 クズ男はクズ男で、友人とあなたのことを笑ってるわけでしょ。

 こっちは笑うって言うより、そんな人がいるんだ的な感じで

 ただただ驚いているけど。

 

 上の人間は下の人間に合わせることは可能だから、

 お金のあるあなたがお金のないクズ男に

 お金を出すのはいいんじゃない。

 それに、年上が年下におごるのはおかしくないからね。

 

 ただ、この場合、『俺はすごい』とか『先生って呼べ』

 とか、こういうのは絶対に言っちゃダメでしょ。

 

 分かりやすく言うと、施しを受けてる分際で、

 何を偉そうに言ってるんだって話なんだよね。

 

 主従関係というか、

 お金くれてるご主人に、お金をもらってる奴隷が

 クソ生意気な口をきいてる。

 

 それに、そもそもクズ男って年下なんでしょ?

 なんでため口なの?

 それに、女性にお金1円でももらった時点で

 男として威張る権利ないからね。

 

 男がなんで女性より優位に立てるかの理由は

 散々議論したことがあるけど、あの通りでさ、

 あれに基づいて考えると、クズ男って

 男としての義務、責務を果たしてないでしょ。

 

 よく、お金払わせておいて、

 あなたに、そんな生意気な口をきけるよね。

 まずさ、人間として最低限のことしてからだよね。

 

 それに、人間ってどう頑張っても超えてはいけない線ってあって、

 それが、歳だったりするんだよ。

 ただ歳をとるだけでも見えてくるものってあるでしょ。

 

 だから、いくらクズ男が何か知ったところで、

 6歳も歳が下なら、やっちゃいけないことってあるんだよ。

 

 ただ、この上下関係が理解できるかできないかは、

 その人の育った環境によるから、

 30歳越えた今からどうにかしようとしても

 もう手遅れだけどね。』

等と言っていた。

 

『歳か。。。クズ男に、

 

  歳とってても、言ってることが変だったり、

  ちゃんとしていない『ただ歳をとった人』なら、

  敬ったり敬語を使う必要ってないよね?

 

 って聞いたことがあるんだよ。

 そしたら、

 

  そう!その通り!

  ただ歳をとって中身のない人間って多いからね。

  そういうダメな人間を大切に扱う必要はないでしょ。

 

 って、偉そうにクズ男が言ったんだよ。

 ほんとにびっくりした。

 

 それを言ったら、クズ男って中身のない、

 ただの生涯学生バイトの人だから、

 皆が『先生』とか言わないといけないような人じゃないでしょ。

 

 『俺のことちゃんと扱え』っていつも私に言うけど、

 ゴミ人間は大切にしなくていいと自分で言ってるのに。。。

 

 なんか、クズ男と話していると頭がおかしくなるんだよ。』

と私が言うと、

 

『話聞いてるだけで、異世界の話を聞いてるみたいで

 こっちもおかしくなるよ。

 

 一番簡単なのは、

 クズ男が、自分がいかにダメな人間か自分で理解して

 レベル下に落ち着けばいいんだよ。

 

 なんで、自分よりレベルが上の人間に

 『あなたを良いように導いてあげます。』とか言えるんだ?

 

 クズ男は学生気分が抜けないみたいだから、

 学校で例えると、小学生が大学生に

 『僕が勉強を教えてあげるよ。』、

 『僕の言うことを聞くと、成績が上がるんだ。』

 と言っているようなもの。

 

 当たり前だけど、大学生は小学生の言うことを聞かないでしょ。

 そこで、小学生に『あなたは人の言うことを聞かないよね。』

 と言われても、『こいつ何言ってるんだ』と思うだけで、

 怒りもせず、微笑んでるだけだと思うんだ。

 

 でも、この小学生も必ず大学生になる。

 その時、小学生の頃、大学生に言っていたことを思い出し、

 自分の生意気さ、してはいけないことをしていたこと

 なぜ、大学生が怒らずほめてくれたり、

 笑顔で対応してくれたか理解する。

 

 それは、自分が無知過ぎて馬鹿すぎて、

 その大学生にすれば、勝負する相手には全くならないから

 適当に流されていたと知るでしょ。

 

 クズ男も、『俺は年上の人から可愛がられる、認められる。』

 等といつまでも言っている場合じゃない。

 

 なぜ、皆が注意しないのか、なぜお金を払ってもらえるのか

 その理由に気がつくべき。

 

 自分が情けなさ過ぎて、

 一人の人間として見てもらえていなかった、

 対等に見られていなかったんだと気がつけば、

 恥ずかしくて人前に出れなくなると思うし、

 それこそ、ひきこもりになるんじゃない。

 

 生意気で傲慢な態度を取っている期間が長ければ長いほど、

 それを受ける人が増えるから、

 自分の言い訳するにも辛くなっていくのにね。』

等と言っていた。

 

 

『ま、いずれにせよ、

 俺のこと好きだろとか、俺は男だとか

 あなたより上の人間なので馬鹿なあなたを良いように導いてあげます

 とか言うなら、金払えって話だよ。

 

 まず、一からやり直し』

等と言う友人。

 

 

クズ男の場合、

『お金を払ったのはあなたでしょ。

 勝手に払ったんだ。』とか怒り狂いそうだけど。

 

じゃあ、お金受け取るなよ。

お金受け取ってもいいけど、

『いいところの坊ちゃん』とか言うなよ。

それと、お金ない分際で、男女の仲を求めるなよ。

 

不細工、職なし、金なし、意味不明な貧乏常識。。。

どこにも『男としての魅力』なんてないのだが。。。