読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『責任とか覚悟って何!??』と怒鳴っていたクズ男。人のことを半殺しにしておいてよく言えるなとあきれてあきれて、それ以外の言葉がない。

 

クズ男は、10年以上の長期浪人をしているため、

そうとうのストレスを抱えていると思う。

 

そして、あれだけ自画自賛がひどいのだから、

承認欲求、自己顕示欲は人一倍だと思う。

 

こういう人間は厄介で、自分の欲求を満たすためなら

他人の傷、痛み、そういうものは完全に無視することが出来る。

 

自分さえ良ければそれでいいのだ。

 

2014年の1月のメールで、クズ男がこのような異常性格をしているのは

よく分かったし、こういう人間と私は関わりたくないため

何度も断った。

 

それでも、しつこかったため、データ集めにという気持ちも多少あり

クズ男と関わったが、数々の証言を立証するだけで

ただの、『○○の典型人間』だった。

 

2014年の5月、色々あり体調を崩した私は血を吐き、

その後、その怒りのままにクズ男に電話をした。

 

クズ男と電話をしたのは、2014年5月のこのたった1度のみ。

 

クズ男の声は、普段からフニャフニャしていて耳障りだったが、

直接耳に聞こえてくるクズ男の声は

ほんとに耳障りで気持ちが悪く、2度と電話で話したくないと思った。

 

その電話をした時、『私がこんな状況になったのはクズ男のせいだ。』

『どうしてくれるんだ!???(怒)』と責めていたら、

 

『だって、こうなるなんて知らなかったから。』等とクズ男はとにかく逃げる。

 

『知らないとかじゃなくて、私色々言ったよね?

 大切な人が死んでしんどいとか、 

 あの会社以外にも色々仕事をしていて大事な時期だから

 関わってほしくない。何かあった時クズ男じゃ対応出来ないし

 責任取れないから、私と関わるのやめてほしい

 そう何度も言ったよね?

 

 そしたら、俺は誰よりも優秀でとか、

 問題は大きければ大きいほど燃えるタイプだとか、

 俺のことを何も知らないくせに否定するのは失礼だとか

 言ったよね?

 

 で?こうなったら逃げるの?卑怯だよね?

 責任取れないの?謝ることも出来ないの?』

等と言うと、

 

『なんで俺が謝らないといけないの?

 それは自己責任でしょ?責任転嫁しないでください。』

等とクズ男が逃げる。

 

 

『ほらね、結局こうやって逃げるでしょ。

 その辺の無責任な人間と一緒じゃない(怒)

 

 だから、お前はこうやって逃げる人間だから、

 いざとなったら責任取れず逃げるその辺のろくでもない人間と

 同じだから、だから私に関わるなって言ったんだよ(怒)

 

 それなのに、俺なら出来るとか言ってーー(怒)

 

 あんたね、人の人生なんだと思ってるの!?

 お前みたいな何も分かっていない人間が口だけ出して

 偉そうにいきがるのもいい加減にしろ(怒)

 

 そもそもね、あれだけの話を聞いて、

 何の覚悟もなく人の人生に口出してくるなよ!

 お前は人に関わる資格のない人間だ(怒)』

と私が怒りにまかせて言うと、

 

『はーー!?覚悟って何!?

 いちいち人に関わる時、覚悟決めて関わらないといけないの!?

 

 そんなこと初めて聞いたよ。

 そんなこと、あなたしか言わないよ(怒)』

とクズ男が、なぜか怒って怒鳴り返してくる。

 

 

『だから、今回のケースは、普通と違うでしょ。

 クズ男は、私に自分のこと無理やり押しつけてきたんだよ。

 

 あれだけ、病気とか大切な人の死とか話したんだよ。

 そういうの聞いたらさ、こういう人間に安易に関わるもんじゃないな

 って普通思わない?

 でさ、普通関わるのやめない???

 

 そこを押し通してきたんだから、

 それならそれ相応の覚悟を決めて関わるべきでしょ。

 あんた、どんだけバカなんだよ。』

と私が言うと、その後クズ男が何か言っていた。

 

でも、あまりにも幼稚園児な言い訳だったため覚えていない。

 

こいつ、ほんとに終ってる。

でかい声で、

『クズ男が弁護士になっても絶対に使わないでください。

 こいつ、依頼人の思う通りにならなくてクレームつけても

 あなたが情報をちゃんとくれなかったから等と言って

 言い逃れするゴミ弁にしかならないから、絶対に使うな!

 お金と時間の無駄遣いになりますよーーーー!!!!』

と言ってやりたかった。

 

でも、クズ男が、なぜこんな幼稚園児な言い訳で

どうにかなると思っているのか分かる。

 

元々の自己中心的な性格と

あのブラック企業のやり方を踏襲しているせいだ。

 

あのブラック企業はとてもおそろしく、

顧客からクレームがついても、

『弊社には一切責任はございません。

 お客様の自己責任です。』等と平気で言い放つ。

 

そのせいで、消費者生活センターに多数のクレームが寄せられ、

結果、何度も営業停止の警告をくらっている。

実際に、営業停止になったことはない。

決められた期間内に、停止にならないための条件をどうにかクリア

しているようだが、どうやって逃れているのだか。

 

だから、あの会社には危機感がない。

 

『やだー。また営業停止の警告来てるよ(笑)』

と笑っている。

しかも、クズ男も笑い話にしている。

 

あの会社の皆さんはご存じないのだろうか。

企業が営業停止を食らう危険性。

たとえそれが、『このままだと営業停止にするよ。』という

警告だとしても、そんな会社だと顧客に知られたり

世間に知られたときの危険性を知らないんだろうか。

 

知るわけないか、

個人情報を守る大切ささえ知らない人たちなんだから。。。。

 

このような、あのような横暴な会社で5年以上も

何の疑問を持たず働いているため、

『何かあっても知らぬふりを通せば罪は免れる』

とクズ男は誤った認識を持っている。

 

法曹界の人たちは、

『そういう人には何も教えず、自爆させろ。

 それこそ自業自得。

 

 そんな人間に法曹界に入られては困る。』

等と言っていた。

 

『だいたいね、(責任と覚悟ってなに?)ってそれこそ何??

 その質問をすることじたい、この業界向いてないよ。

 

 この業界の仕事、いったい何だと思ってるの?

 どんな人が弁護士を頼ると思ってるの?

 

 下手すれば、その人の人生潰しかねないよ。

 依頼人が結果に納得できず、思い悩んだ末自殺したなんてこと

 普通にあるよ。

 

 あぁ、クズ男に言わせれば、これは嘘・妄想・虚言・作り話

 になるんだっけ?????

 

 弁護士に頼る人って困ってるから頼るの。

 普通に問題ない状態で、『そうだ!弁護士に相談しよう!』

 って普段の生活でなったことある?

 ないよね?

 普段、弁護士と話したことある人なんて、そうそういないよ。

 

 ほんとに困って、精神状態が悪い人が来るんだよ。

 なかには、その会社みたいに、

 被害者がなぜかまともにとりあってもらえない場合もあるでしょ。

 

 こういう時なんて、ほんとに依頼人の精神状態って

 極限状態で、ちょっとでもかける言葉を間違えると

 依頼人が発狂して大変なことになるんだよ。

 

 クズ男みたいに、『あなたが言われる人だから悪いんじゃないの?』

 なんて言ってみなよ。大変なことになるよ。

 

 弁護士が対応することって、結構人の人生、命に関わることが多い。

 『医者じゃないのに、『命』って(笑)』と、クズ男なら笑いそうだけど、

 自分たちの対応が悪くて、依頼人を失望させた結果

 自殺させてしまったら????

 それを、ただ、『その人の心が弱かったから』で済ませられるの?

 

 そういう人の痛みを理解出来ない、理解しようとしない人間なら、

 この仕事は向いてないよ。

 

 責任と覚悟の意味も分からず、そういうことを傷つけたあなたに

 平気で言うなら、ほんとに弁護士目指すのやめてほしい。

 

 なぜ彼の周囲の人間は、それを彼に言わなかったんだろう。』

等と言っていた。

 

私は私で、クズ男に『お前は弁護士に向いてない。』、

『弁護士目指すのをやめろ』と言ったことがない。

 

 

なぜならば、『クズ男が司法試験に受かることは一生ない』

と聞いたから。

 

奴は、『夢は見るものじゃない!叶えるものなんだ!!!』

と少年誌の主人公が言いそうなセリフを言っていた(笑)

 

きっと、クズ男は自分が司法試験に合格し弁護士になれると

信じきっているのだろう。

だから、弁護士になるまで、誰が何を言おうと

受験をやめることはないだろう。

 

そうやって、成果の絶対に出ないことに、

どんなに悔やんでも取り返しのつかない貴重な時間を費やしている。

 

気がついた時には、もう。。。(笑)

 

とりあえず、20代という、一生で一番社会人として

色々許してもらえ、先輩方から色々教えや注意を受けることの出来る

ほんとーーーに大切な時期を、無駄に潰した。

 

それだけでも、十分失敗した人生なのに、

まだそれを続けているのだから、どれだけ世の中のことに疎いのか。

 

『人生で、一番大切なのは20代の過ごし方。

 この時期をどう過ごしたかによって、30代以降の人生が変わってくる。

 

 歳をとればとるだけ、周囲は誰も何も言わなくなる。

 良いから、認めてくれているからではなく、

 いい歳してなんだこれは!?とあきれてるからだよ。

 

 歳をとればとるだけ、誰も何も言わなくなる。

 その時、自分の行いを反省し改めるには、

 20代の頃、教えてもらったこと注意をされたこと

 これがあるから、自分を改められる。

 

 そういうものが自分の中に一つもない状態の人間は、

 歳をとる度に、ダメな人間になっていく。

 

 怒られたり注意されるのは誰でも嫌だし

 面白いことではない。

 

 けど、それを我慢することによって、

 後々の自分に良いように返ってくると思って

 感謝して人の教え、注意を受けるんだよ。』

等と教わった。

 

『怒られているうちが花』と言うけれど、

ほんとにその通りだとクズ男を見て思った。

 

クズ男は、

『今まで誰からも教えられたこともないし、注意をされたこともない。』

と言っていた。

 

私が社会人の先輩方に教わったのとは真逆のことを

いつもクズ男は言う。

 

私の言うことを『あなたからしか聞いたことがない。』

と言うけれど、それはそうだろう。

私が会った方々はそりゃーすごい方々だから。

 

お前ごときが聞いたことがあるわけないよね。

 

クズ男、お前が言っていることって、

『俺は誰からも期待されたことのないどうしようもないクズです。』、

『俺は環境レベル下にしかいたことがありません。』、

『俺は人間レベル下の人としか関わったことがありません。』

と証言してるんだよ。

 

ほんとに大馬鹿だね。

 

むしろ、『教えや注意のない人は優秀』って

いったい誰に教わったんだ?????

 

それこそ、『クズ男からしか聞いたことがない。』のだが。。。。

 

環境レベル上でトップをはっている人や

そのすぐ下にいる人たちは、意外と謙虚だし、

失敗談や怒られたことなどを話す。

 

逆に、出来の悪い人間ほど自画自賛が多い。

 

いざとなった時、逃げずに対応するのも出来のいい人。

自分に関係のないことでも一緒になって問題を解決してくれる。

 

『自己責任でお願いします。』、『責任転嫁しないでください。』

これを言う人は、出来の悪い人間だ。

 

こんな、色々分かっていない人間が、

司法試験に合格することってあるんだろうか。。。

 

ある意味、クズ男にはこのまま試験を受け続け、

クズ男のような人間でも司法試験に通るのか試してほしい。

と、ちょっと実験心はうずく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする