『そんなこと、あなたからしか聞いたことない』とクズ男が言っていたけど、私と同じことを大臣がテレビで言っていた。。。

 

クズ男に、

『皆の前で声をかけるのやめてくれーーー』と何度頼んでも

『あなたからしか聞いてないからやめない。』

と言い、聞いてくれないクズ男。

 

『何かあってからじゃ遅いし、

 お願いだからやめてよ。』と私が言うと、

 

『問題は起きたら解決すればいい。』

と偉そうに答えるクズ男。

 

腹が立ち、

『問題は起きたら解決出来ないことだってあるんだよ。』

と私が言うと、

『俺は今まで全ての問題を解決してきた。』

とまた偉そうにクズ男が答える。

 

『あのね、問題を解決出来たとしても、

 問題起きる前の、ゼロの状態には出来ないの。

 

 心が傷つけば心に傷が残るし、

 多少、人間関係がギスギスしたりするし。

 

 とにかく、完ぺきに問題が起こる前と同じ状態に戻せることなんて

 絶対にないんだよ。』

と私が言うと、

 

『絶対!?絶対なんだね!?

 あなた『絶対』はないって前言ったよね!???』

とクズ男がぶっさいくな顔をして言ってくる。

 

『あぁ、絶対だね。』と私が思いっきり不機嫌になって答えると、

 

『え?絶対はないんじゃなかったの!?』とまたクズ男が言う。

 

あぁ、その私が言った、『絶対はない』というのは、

クズ男を試すために言ったことだし、こういう意味じゃない。

 

やっぱりこいつバカだ。

救いようのないバカ。

話の区別がつかないバカ。

物事に区別がつけられないバカ。

 

『これに関しては絶対って言えるね。

 それと、問題は未然に防ぐことも大事なんだよ。

 

 とにかく、問題は起こる前に解決することも覚えた方がいいよ。』

と私が言うと、

 

『(爆笑)なにそれ!???

 問題は未然に防ぐ!?何それーーー(笑)

 そんなこと、あなたからしか聞いたことないよ(笑)』

とクズ男が馬鹿にして大笑いしながら言ってくる。

 

『えっ!?問題は未然に防ぐこと、

 今まで聞いたことも実践したこともないの?』

と私が驚いて聞くと、

 

『うん、そんなバカな話一度も聞いたことないね。

 

 俺はね、誰よりも優秀だから、

 問題は起きたらきちんと解決できるから、

 そういうこと、したことないんだ。』

とクズ男がどや顔で得意げに答える。

 

??????

私の頭の中はクエッションマークでいっぱい。

 

『問題は未然に防ぐ』

これは、私が社会人になり、先輩方に教えられたことだ。

それに、各企業が問題が起きないように、色々ルールを作るし、

その時、弁護士に色々話を聞く。

 

弁護士で『問題を未然に防ぐことも必要。』を知らない人っているのか。。。

 

あ、、、そっか。。。

クズ男って弁護士じゃなかった。

ただ、目指しているだけの長期浪人生だった。

浪人生の認識ってこんなものなのか?

それとも、クズ男だけなのか?

 

 

ある会社で、とても優秀なエンジニアがいた。

でも、誰も、ある事件が起きるまで、

そのエンジニアが『優秀』とは思っていなかったそうだ。

 

彼が勤務中、その会社では一度もトラブルが起こらなかった。

彼の契約期間が切れ、次のエンジニアが来た。

 

すると、1か月もしないうちにトラブル発生。

その新任エンジニアは、トラブル対応は一応できるらしいが、

1週間に2・3度は必ずトラブルが起きる。

 

もちろん、顧客からはクレームの嵐。

ついに、多額の損害が出た顧客を出してしまった。

当たり前だが、その顧客は損害賠償請求をその会社にしてきた。

 

その時、

『今までこんなトラブルは起きたことはない。

 担当者が変わったとたん、トラブルが多発している。

 どういうことだ!?』

とエンジニアの所属会社にクレームをつけると、

前回の担当者がその原因を追究。

 

その原因は、システムが発しているエラーを正しく見抜き、

それにたいする処置を出来なかった新任エンジニアのミスと発覚。

 

それまで彼は、

『機器が古いからだ。』等、別の理由を言っていたらしい。

 

だが、理由は、

・問題を未然に防ぐための処理を新任エンジニアが出来なかったから。

これ一つ。

 

前回の担当者はその会社に謝り、

自分たちの所属会社で顧客が請求してきた損害分も

請け負うと言ってくれたらしい。

 

そして、事なきをえた。

 

その時の話を先輩方がしながら、

『ほんとに仕事ができる人というのは、

 問題を未然に防げる人。

 その前の担当者の時、何も問題が起きなかったから、

 雇い側の会社は、『ただ、ぼーっと座っている人に

 高額の給料を無駄に支払いしている。』と思っていた。

 

 けれど、実は、問題を未然に防げるエンジニアというのは

 少なく、そういうことが出来る彼は、とても貴重な

 存在だったことが分かった。

 

 出来の悪い人がいることで、その人の優秀さを

 皆が認識したけど、

 ほんとの意味での『優秀』って、実は分かりにくいものかもしれない。

 

 問題を未然に防ぐ能力が高い人、

 こういう人がほんとの意味で、仕事ができる人、

 対応力の高い人だと思う。

 

 問題は起きたら解決できる。

 いざとなったら俺(私)はすごいんだ。

 と言っている奴は、問題が起きると逃げる卑怯者だから気をつけろ。』

と言われていたが、それをクズ男が証明してくれた。

 

 

ここ最近のニュースで、日本の大臣が、

『問題が起きたときにしっかり解決出来るものがないと(以下省略)

 

 とはいえ、ほんとに大切なことは問題を未然に防ぐこと。

 問題は起きてからでは遅い。

 問題が起きないのが一番。

 だから、問題を未然に防ぐことにも力を入れる。』

というようなことを語っていた。

 

大臣の言葉を全て覚えていないが、

『問題は未然に防ぐ』という言葉に、

テレビにくぎ付けになった。

 

そして、

『ですよね!?そうですよね!???

 問題って起きてからでは遅いですよね!???

 

 やっぱり、問題は未然に防ぐことを一番に考えるべきですよね!???』

と思った。

 

 

 

 

 

 

あれは、全国放送の番組だ。

 

おい!ゴミクズクズ男!!!

あの報道番組を観ていたか!?

 

お前は、『あなた(私)からしか聞いたことない。』とバカにしていたが、

日本の大臣が、

『問題は未然に防ぐことが大事』ってテレビで言ってたぞ!!!

 

私の周囲の人間が言っていたと言っても、

どうせ、『嘘、妄想、虚言、ドラマの見過ぎ』

と言って笑って馬鹿にするだろ。

 

でも、これで、私の言っていることがおかしなことじゃないことは

少しは証明できたよね!???

 

他国の人間の発言ではない。

同族の、日本国の、日本国民が選んだ、

その中からさらに選ばれた大臣が、

『問題は未然に防ぐことが大事』って言ったんだぞ!

 

日本人が言ったんだぞ!

それも、私たちひよっこより、

経験があり、地位、名誉のある方が言ったんだぞ。

 

公共の電波を通して、『嘘・妄想・虚言』は言わないよね???

 

まさか、あの方の発言も、『嘘・妄想・虚言』、

『この人からしか聞いてない。』って言うのかい????

 

『自分が一番でいたい願望』、

早めに捨て、発言・行動をあらためないと、

自分のした発言にどんどん追い詰められていくぞ。