読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ね、そういう解釈をするような異常な距離でしょ。。。

 

クズ男にくっついたり、近寄り試したことが多々ある。

 

なぜ、私が男としてクズ男を見ていると思ったのか。

クズ男は女性経験の全くない人間なのではないか。

クズ男は病気なのではないか。

等、全て色々確認をするためで、ろくな理由ではない。

 

そもそも、あんな奇形不細工気持ち悪い妖怪、

自己中で他人を思いやることが一切出来ない、

特技、人を潰すこと、いじめること、精神殺人。

 

そんな人間を好きになる人間がいるのだろうか。。。???

 

 

ある時、新人Aさんの、異常に距離感のない不可思議な行動について

クズ男に話をしたことがあった。

『そういう人間が、他にもこの世に存在すること。』、

『その場合、どのように対応したらいいのか。』等、

とりあえずは、ネット検索済みの状態だった。

 

いつも通り、

『嘘、妄想、虚言、あなた以外にそんな経験をしている人はいない

 証拠を出せ。』

と言われることを見越し、先に証拠は押さえておいた。

 

その状態で、自称『誰よりも問題解決能力が高い』というクズ男は

なんと言うのか興味があり、新人Aさんの話をした。

 

すると、

『それほんとなの?そんな距離感のない、距離の近い人いる!?

 そんな話、今まで聞いたことないんだけど。

 また嘘?妄想?作り話?』

とクズ男が言った。

 

私も、そのような距離感のない人間は

あのブラック企業に入るまで会ったことはなかった。

 

だから、新人Aさんともう一人の距離感のない人、

2人を実際に知っても、なんだか嘘のような何とも言えない

不思議で異様な感覚があった。

 

でも、ネット検索をすると、意外とそういう人は多いようだ。

だから、この地球上で私一人だけが経験していることではないし、

『嘘、妄想、作り話』ではない。

 

それに、『全てのことを知っている』というクズ男が

『そんな人がいるの?そんな話信じられない。』と言ったことが

信じられなかった。

 

法曹界で仕事をしている人たちは、それこそ、

『こんなことがほんとに現実に起こるのか!?』というような

不可思議なことがあるそうだ。

 

それを、いちいち『それはホントですか?』と

依頼人を疑うことはないという。

それこそ、『それほんとか?』と思うことがある分だけ、

自分の経験不足、知識不足、確認不足になるため、

『知らない。』、『聞いたことがない。』、『嘘、妄想』

とは言わないそうだ。

 

それらを言うことは、

『俺は経験不足・知識不足のバカです』と自白するも同然な行為なそうだ。

だから、『嘘、妄想、虚言』と言うクズ男は彼らにとって、

『俺は経験不足・知識不足のバカです』と言っている愚か者なんだそうだ。

 

いずれにせよ、ろくな弁護士にならないなと思った。

 

『ほんとに新人Aさんはおかしいんだよ。

 少し離れた席の人が話しかけると、椅子ごと移動するの。

 

 席を立ってその人の所に行ったとしても怖いけど、

 座ったまま、足でゴロゴロ移動して、その人の目の前まで行くの。

 

 それに、何か話しをして自分が納得がいかないと

 自分が納得がいくまでとにかく相手に詰め寄る。

 それも、体ごと。パソコン越えて、自分をおしつけて来る行動は

 なんとも異様で怖い。

 自分がされても嫌だったし、人がされているのを見ても怖かった。

 

 それらの行動が異様に感じるんだけど、なんとも思わないの?』

と再度聞くと、

 

『どんな距離でもどうでもよくない?

 それって、特に何か意味があるわけじゃないと思うし、

 そのことって何か問題あるの?』

とクズ男が言う。

 

『うん、あるよ。』と私が言うと、

『具体的にどんなこと?』とクズ男が言う。

 

『キスするくらいの距離に顔を近づけられたら

 気持ち悪いでしょ。

 場合によっては口臭も気になるし。。。

 

 顔が近すぎて、相手の表情もよく分からないし。

 そこまで近寄る意味って何?』

と私が言うと、

『気にしすぎなんじゃない。』で終わらせた。

 

 

ふーん、気にしすぎね。

へー、あっそ、、、、、

 

 

それから少しして、車で送ってもらった車中、

クズ男に抱きつき、顔をぐっと近づけた。

 

街灯がほとんどない場所だったため、ほぼ真っ暗で、

私はクズ男の顔が見えなかった。

正直、顔が見えるような明るい場所なら

あんな近くまで顔を近づけることは出来ない。

 

なにせ、クズ男の顔は、ド級に気持ちが悪いから。

 

クズ男がどんな反応をするかと思い、

無言でその状態を数分保った。

 

これを試した1日目は、

『え、、、何。。。!????』ととまどい、

 

2日目は、

『あなたって積極的だよね。』と照れながら言い。

 

3日目は、

『あ、今目をそらしたね。』と言った。

 

3日とも、真っ暗な中での実験だったため、

クズ男がどんな表情をしていたか知らない。

だから、『目をそらした』と言われても、

そもそもあの時、目が合っていたのか?

それすらも分からないくらい、クズ男の顔が見えていなかった。

いやー、真っ暗で良かった。

あの気持ち悪い顔をまじかで見た上に、目が合ってたなんて。。。

吐き気がする。

 

 

実験結果、

クズ男は、私がクズ男を男として好きだと完全に思い込んだ。

私がクズ男とキスがしたくて、積極的にせまったと思った。

 

ほらね。

ある一定の距離以上に顔を近づけるということは、

何かしらの意味があると思うだろう?

 

『これはなんだ?』と思うから、自分の中で

何か意味があると思い、自分の中で勝手に意味づけするだろう?

 

それに、これが自分が好ましく思っていない相手からの行動なら

不快を感じるはずだ。

 

お前はそれを、『気にしすぎ』と言ったが、

私が顔を近づけたことを、勝手に、

『私がクズ男を男として見ている。』、『キスをせまっている』

と思い込み、『積極的な肉食女子』と言っただろう。

 

そして、それを自分の友人に話し、私を笑い者にしただろう。

 

笑いたいのはこっちだよ。

 

どうして、その顔、その体型、その性格で

男として好かれる、性的魅力があると自惚れられるんだ?

 

少しは謙虚さというものを持てないものなのか????

 

『顔を近づける=キスをせまる』

こういう解釈しか出来ないのか?

 

そりゃ、私が新人Aさんの異常行動に悩んでいても

何も解決策が出ないよね。

 

だって、新人Aさんは女性だし、

職場でキスをしようと顔を近づけるわけもないし。

だから、何かしらの理由付けをするのが難しいよね。

 『顔を近づける=キスをせまる』以外に答えを持っていないのだから。

 

試しに、私の友人知人男性数人に同じことをしてみた。

すると、特に何も言わない。

 

『私がこういう行動取っても、何も思わない?』と聞くと、

『あなただけじゃないけど、○○ちゃんたちも

 しょっちゅう腕組んできたり、抱きついてきたりするでしょ。

 

 それをいちいち、『俺のことが好きなんだ。俺の体を求めてる。』

 なんて思わないよ。

 女性経験のないガキじゃあるまいし。

 

 クズ男の発言、行動からすると、おそらくクズ男は童貞だよ。』

と言っていた。

 

2014年の1月~3月頃まで、

『お前は俺のことが好きだろう。付き合え。』等

とにかく意味不明なこと強要してきた。

『好きじゃない』等と抵抗し、何度も断るも、

『じゃあピアノを弾かない』と脅す。

仕方がないので、適当に対応をした。

『対応をした』と言っても、もちろんほんとに付き合ったわけではない。

 

どうしたらあんなゴミ妖怪と付き合うことが出来るんだ。

『友だち』になるのも難しいというのに。

 

不細工奇形妖怪を『男として見ている』と思われていることが

あまりにも屈辱的で、私の心は散々だった。

人を傷つけておいて、罪悪感も感じず謝罪もしないクズ男に、

 

『勝手に私がクズ男のことを好きとか勘違いして、

 あんた、馬鹿じゃない!!!!!』等と言ったとき、

 

『だって、俺、女性経験ないから。。。』

とはんべそをかいて言っていたから、

やっぱり想定通り、クズ男は女性経験がなかったようだ。

 

でも、女性経験がないならないで、

変な勘違いをして、自分の勘違いを押しつけないでほしかった。

 

危うく、私がゴミクズクズ男の最初の女になるところだった。

 

私は自分の歴代彼氏にクズ男のような人間を並べたくない。

あんなのと付き合ったりするくらいなら、一生一人が良い。

 

あやうく、人生の汚点を作るところだった。

 

そういえば、クズ男は、クズ男の友人に、

『あのバカ女、俺にぞっこんで俺と付き合いたいと必死なんだ。』

的な話をしているようなことを言っていた。

 

。。。。。

まさか、嘘だよね?

 

それをその友人たちは信じているのだろうか。

その話を聞いたらしいゴミクズクズ男の友人さんたち。

私は仲良くすることを脅され強要されただけです。

私が好きだったなんて誤解しないでください。頼みます。

 

あなたたちにとってクズ男はきっと、

『優秀で出来のいい誇らしい友人』なんでしょう。

でも、私にとってはただの『勘違いのゴミ人間』なんです。

 

所変われば、解釈が変わることなどは世の常、人の常とご存知でしょう。

クズ男を嫌い非難する私がいても、仕方がないと納得して頂きたい。

 

私は自分が、馬鹿で仕事が出来なくて、性格が悪くて、

ブスでブタでどうしようもない情けない人間と思われるのは

どうでもいいし、そう言われることもどうでもいい。

 

ただ、『クズ男のことを男として見ていた。』とか、

『クズ男と付き合っていた。』という勘違いだけは勘弁してほしい。

 

あんな、ゴミ妖怪、奇形不細工妖怪を男として好きになる女。

あんな妖怪に男を感じる女なんて思われたら。。。。

 

名誉棄損、侮辱罪、なんでもいい。

訴えれるもので訴えて、

『私は見た目重視の綺麗な者(物)だけが好きな人間だ。

 あんな妖怪に目をくれる人間じゃない。』という証明をしなければ!!!!!

 

私はプライドがないため、

何と思われてもどうでもいいと思っていたが、

どうやら私にも、嫌だと思うことがあったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする