クズ男は遊び心がなくてつまらない

 

『遊び心』と言っても、

何をすれば楽しいと思うのかは人によって違う。

 

それに、自分では『楽しい遊び』のつもりが、

人によっては、

『からかい』、『いじめ』と感じる場合もある。

 

 

『私、飲んでる薬の副作用と歳のせいでちょっと太ってきたんだよね。』

と言ったとき、

『ほんとだよね。白豚~(笑)』とクズ男が言ってきたが、

これは、『遊び』じゃない。

ただの嫌がらせだ。

 

じゃあ、『太ってきた』等と言わなければいいと言われるだろうが、

女って、こういう男がくだらないと思うことを言うんだよ。

 

そういう時、

『薬や歳のせいじゃ仕方ないよ。

 歳には誰も勝てないし。

 でも、太るのって、糖尿病とかの病気になる可能性があるから、

 体を良い状態に保つためにも、あまり太るのは良くないよね。

 出来る範囲で運動した方がいいよね。』

くらいの対応をしておけばいいだけだ。

 

それを、

『女ってなんでそういうどうでもいい話するの?』、

『めんどくさい』等とクズ男も言う。

だから、『お前に私の相手は無理だ。』と言ったのだ。

 

男性がこのような話をくだらないと感じ、

聞きたくないと思っていることは十分知っている。

 

だから、そう思う男性と話をしなければいいだけなんだ。

 

最近よく聞く、

『見なければいい、聞かなければいい、関わらなければいい』

というやつだ。

 

けれど、クズ男は、『男と女の違い』を認識して接することもせず、

ただただ、『そういうことを言うあなたが悪い』

と言うだけで、こちらの気持ちはお構いなしだ。

 

こういう対応はもうおなかいっぱい。

十分言われてきたこと、聞いてきたことだ。

 

だから、こういうことを言う人と関わりたくない。

こういうことを言う人は、私が痛みに苦しんで辛い時、

『もっと大変な人がいるんだよ。』等と見当はずれなことを言う。

 

邪魔なんだよ、こういう人。

 

病気になって大変な思いをしている人がいる時、

 人の痛みに耐えれる人、最後まで逃げない人、

 人の痛みに耐えられず、めんどくさがって暴言を吐く人、

 

どっちのタイプが見分けることが出来るようになった。

クズ男は、

人の痛みに耐えられず、めんどくさがって暴言を吐く人』だ。

そもそも自画自賛する人で、まともな人間なんていないと思っている。

 

 

ある時、ペヤングの激辛版をお店で見つけた。

 

辛いラーメンなどを食べて、動画にアップしている人が多々いる。

そういう人たちの動画を見て、

『私も食べてみたい。』と思ったし、

友人数人でわいわい楽しく食べているのを見て、

楽しそうだなと思っていた。

 

そこで、

『このペヤングってどのくらい辛いんだろう?

 食べれるかな!?』

等と私が言ったところ、

 

『俺、こういうの嫌いなんだよね。

 なんかくだらないじゃん。

 なんで辛くさせるの?

 普通に食べれば美味しいんだから、

 それでよくない?

 激辛を食べるとか、大食いとか

 くだらなすぎる、馬鹿すぎる。』

等とクズ男が言ったのだ。

 

つまらない。つまらな過ぎる。

 

私は派手に遊ぶことは出来ない。

ほんとにちょっとしたこまごまとしたことで遊び、

楽しむしかない。

 

変な話、カードゲームやボードゲーム等、

部屋の中でちまちまと遊ぶことでしか楽しめない。

 

だから、辛みにどれだけ耐えれるか、

どれだけ食べれるか等の、そういうお遊びで

楽しめたらそれが良い。

 

けれど、クズ男がしたいことは派手なことだ。

 

『遊んで楽しい。』というのは、

遊園地に行くとか、どこか遠くに旅行に行くとか、

そういう派手なことでしか『遊んで楽しい』を

感じることは出来ないと思い込んでいる。

 

『私はちょっとしたことで楽しむしかないんだよ。』

と何度言ってもクズ男は理解出来ない。

 

何か理解しようと努めたのか、ある時、

『ここ、あなたが好きそうだと思ったんだ。』

と言って、その地域に出来た新しいお酒を売っているお店に連れて行かれた。

 

その時、すでにもうそのお店の存在を知っていたし、

別に、特に私があらためてほしいと思う物もなかった。

 

『ね、こういうお店好きでしょ。』とクズ男がどや顔で得意げに言ってくる。

 

もう来たことあるし、

別にこの程度のお店で『どうだ!!!』って得意になるって

こいつどんだけレベル低いんだろう。。。。と呆れて言葉が出ない。

 

『あぁ、、、』と私が言うと、

『せっかく連れてきてあげたのに、何その態度』

とクズ男が怒る。

 

仕方ないので、

『わぁ、私、オリーブ好きなんだ♪

 今まで買えなくて困ってたんだよね。これでやっと食べれる♪』

と嘘をついて、大げさに喜んで見せた。

 

今のネットショップが充実している時代に、

家にいて買えない物なんてほとんどない。

オリーブなんて、Amazon楽天等のネットショップで

簡単に買えるし、ずっとネット購入していた。

 

『そんなにオリーブ好きなのに、

 今までどうしてたの?』とクズ男に聞かれ、

 

(やばい!嘘ついたのがばれるーーー)と焦り、

『うん、ひたすら我慢してた。』

ととんでもなく動揺しながら答えた。

 

誰が見ても、嘘をついているのは丸わかりの対応。

でも、バカで人の表情で判断することの出来ないクズ男は

私が嘘をついていることに気がつかず、

 

『ふーん、それだけ好きなのに我慢するなんて大変だったでしょ。

 でも、これからは我慢せず食べれるよ。 良かったね。』

とクズ男が言ったのだ。

 

え?

私だったら、『ネットショップでも買えるよ。』とか

言いそうだけどな。。。

 

『誰よりも問題解決力が高い。』とか言っておいて、

この程度?

 

私を理解して喜ばせようとした結果がこれ???????

 

つまらないし、見当違いの対応もいいところ。

 

いつも思っていたけれど、

10歳くらいの子供の相手をしているみたいでめんどくさかった。

 

(まだ子供で何も分かってないから仕方ないか)

と自分に言い聞かせ、

 

『わぁ、クズ男ってすごいね。えらいねーーー』

等と言ってあげていた。

 

考えてみれば、あのブラック企業の半数は主婦で

子育て経験者だ。

 

皆、クズ男のことをこんな風に子ども扱いしているんだろう。

 

『先生、すごいでちゅね。お仕事出来るんでちゅね。』

と言ってあげてるだけなんだろう。

 

子育て経験もなく、ただ、若いだけの人がそろっていたら、

きっとクズ男は無視されて、大変なことになっているだろう。

 

 

『こんなことをして何が楽しいの?』とよくクズ男が言っていたけど、

 

何よりも、誰よりもくだらなくつまらないのは

お前だよ、クズ男。

お前といる時が一番くだらなくつまらない。

時間の無駄。お前に使う時間がとってももったいない。

 

『良いように導いてあげます』って?

 

だったら、関わらないでほしかった。

クズ男が関わらないことが、

『良いように導く』ことだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする