読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ほめてほしい』がとまらない

 

クズ男は、とにかくほめ言葉が大好きだ。

異常なくらい大好きだ。

 

普通の人なら、あまりにほめられると

『この人、自分のことを馬鹿にしている。』と

腹が立つものだが、クズ男は一切そう思わない。

 

嫌味で言った『すごいね』ですら、ほめ言葉ととらえ、

『そう言ってもらえて嬉しいな。』と喜ぶのだ。

馬鹿だ。

なぜ、嫌味で言ってるのに喜ぶんだ。

一時、嫌味に嫌味返しをしているのかと思ったが、

そうではなく、ほんとにほめられてると思っていることが分かり、

ただただ怖かった。

 

 

ある時、私がipodtouchを使っていた時のこと。

突然、手にすごい力がかかり、ipodtouchの画面が真っ暗になった。

 

私は画面に集中していたし、周囲の動きには一切気がつかなかった。

手は痛いし、ipodtouchの画面は真っ暗になるし、

何が起こったのか分からず困っていた。

 

例の、突然画面が真っ暗になる機械不良かと思い、

『壊れたの!?』と焦った。

 

すると、

『電源ボタンを押すとスリープモードになるんだよ。

 知らなかったの(笑)』

とクズ男が私を馬鹿にして笑いながら言ってきた。

 

 え?今スリープモードになったの!?

ホームボタンを押すと、通常通り動いた。

 

良かった。壊れたわけではなかった。

ただ、安心したと同時に、クズ男に異常な怒りを感じた。

 

『もしかして、今電源ボタン押したのってクズ男?』と私が聞くと、

『そうだよ。電源ボタン押すとスリープモードになるの

 知らなかったんだね。すごいびっくりした顔してたもんね(笑)』

と、また私を馬鹿にして言ってくる。

 

電源ボタンを押せばスリープモードになることくらい知ってるわ(怒)

もし知らなくても、Apple製品はネット検索すれば

いくらでも使用方法を記載したマニュアルが出てくる。

 

誰でもネット検索すれば分かるようなことをやって、

それで、

『クズ男ってなんでも知ってるんだね!すごいね!さっすが!!』

と私が言うとでも思ったのか!?馬鹿すぎんだよ(怒)

 

 

あの時、何かを調べていたため、ipodtouchを使っていた。

人が何かをしている時に、画面を真っ暗にするバカがどこにいるんだ。

クズ男以外にいないだろう。

 

それに、私は飲んでいる薬が異常に体のカルシウムを使うため

万年骨粗鬆症だ。

多少のことでも簡単に骨にひびが入るし、骨折もする。

特に、指の骨は細いため、

重たい物を持つこと等、骨に負担がかかるようなことは

普段控えないといけない。

 

下手して、粉砕骨折などしようものなら、

指が使い物にならなくなる。

 

それについてもクズ男に話しているのに、

あのやろー、ipodtouchを持っている私の手ごと握って、

電源ボタンを押したのだ。

 

結構な力が私の手にかかったため、

私の指は打撲したような状態になり、元に戻るまで2か月ほどかかった。

 

それだけ、手が痛かったのだ。

驚いた顔をして当然だろう。

 

それなのに、『スリープモードになっただけだよ。』等と言って、

笑っている。

 

ぶん殴りたい。

 

怪我をさせられたのだ。

顔面を殴ったって、相殺されるだろう。

 

こいつ、どれだけ人の体を傷つければ気が済むんだろう。

 

それも、ただほめられたい一心で、

状況を考えず、不必要な知識自慢をしてくる。

 

こういう別の世界の感覚を持ってるから司法試験落ちるんだよ。

 

いたずらをしたいなら分かるが、

どこの世界に、自分の知識を自慢するために、ほめられたいために、

作業している人間の邪魔をして、怪我をさせてまで

知識自慢をする馬鹿がいるんだ!???

 

だいたい、なぜ端末の操作をしたんだ?

言葉で、『電源ボタン押すとスリープモードになるの知ってる?』

と聞けばいいだけだ。

何もわざわざ端末操作をする必要はない。

それも、『端末貸して。』と言わず、人の手ごと握って操作するとか。。。

 

頭がおかしい。

 

今まで、こんな理解不能な行動をする人がいなかったため、

ほんとに理解出来ない。

 

なぜ?

言葉で説明すればいいものを、不要な動作をする意味は?

 

知れば知るだけ、クズ男の頭おかしい?バカ?と思う気持ちが強くなる。

 

 

『ほめてほしい』という気持ちが先行しすぎるあまり、

クズ男は、こういうバカで愚かな行動をよくする。

 

でも、こういう時は、何も言わずに我慢をするようにした。

 

クズ男が完全にバカにして見下している私が何を言っても意味がないし、

それよりは、もっとクズ男が社会人として調子良くなった時、

その時に、大恥をかくように何も言わない。

 

我慢するのはつらいけど、今一瞬の仕返しより、

5年後、10年後の仕返しを選んだ。

 

弁護士さんから聞いた、時間のかかる復讐方法だ。

 

あの方たちにも、大学時代、クズ男のような面倒な人間がいたらしい。

いちいち知識自慢しては人を馬鹿にするその人に腹が立ち、

どうにか黙らせたいと思ったらしいのだが、

 

弁護士の父親に、

『今仕返しをしても意味はない。

 数年後の司法試験のことだけを考えろ。

 そんな奴は、司法試験に合格しないよ。

 

 お前のしたいことはなんだ?

 目の前にいる同級生と知識自慢して張り合うことが目的なのか?

 司法試験に合格して弁護士になることなんじゃないのか?

 

 ほんとにそいつを叩き潰したいなら、今じゃない。

 数年後、お前は高得点で合格し弁護士になればいいんだよ。

 

 そいつが一度でも試験に落ち失敗すれば、お前の勝ちだ。

 勝敗を決めるのは今じゃない。

 目先のことにとらわれて愚かなことをするな。

 もっと先のことを考えて行動しろ。』

と言われたそうだ。

 

そして、あの人たちはものの見事に弁護士になり、

そのクズ男のような人は試験に落ち続け、弁護士になるのをあきらめたそうだ。

 

 

『今すぐクズ男の悔しがる顔が見たいだろうけど、

 今より5年後、10年後のほうがよっぽどいいよ。

 歳を取ればとるだけ情けなさは増すんだから。

 

 あなたはクズ男が嫌いなんでしょ?失敗してほしいんでしょ?

 注意をするということは、相手が成長する機会を与えるということだよ。

 敵に塩を送ってどうするの?

 嫌いなら黙ってればいい。

 笑ってクズ男の望み通り、『さすがクズ男ね』と言ってやればいい。

 

 ほめ言葉で成長する機会を奪ってやればいい。

 ほめ言葉で努力・やる気を奪ってやればいい。

 

 そうやって今は我慢して、数年後のクズ男に復讐するんだよ。

 愚痴があるなら俺たちが聞いてあげるから、

 クズ男に教えたり注意はしないこと。』

と言われた。

 

このスリープモードの時も、ほんとに腹が立ったが、

『ふーん』と適当に流して終わらせた。

 

 

ほんとは、

『そんな、ネット検索すれば誰でも分かるような簡単なことで威張るなんて

 バカだと思われるよ。

 そもそも、そう教えたのはクズ男だよ。

 ちょっと分かるくらいで、

 分かるよと言うと人に馬鹿にされて笑われるんでしょ。

 

 今クズ男がそれをやってるんだけど、大丈夫?』

と言いたかったのだが。。。。