読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズ男が、ただの弱虫で情けない人間だと知った日

 

クズ男は、異常なほど体が細い。

男らしさなんてみじんも感じない。

 

ただ、過去に、

『俺は体質でどうしても筋肉がつかない。

 体も細く、10代の頃もやしっ子といじめにあった。』

と言っていた人がいたため、

異常に体の細い男性は、何かしらの病気を抱え悩んでいるのだろうと

体のことには触れないように気をつけていた。

 

クズ男は、自分の体がコンプレックスなのか分からないが、

とにかく、『俺は男だ!』、『強いんだぞ!』と強調してくる。

 

それは、コンプレックスのうらがえしなんだろうけれど、

あまりのやり過ぎに、哀れを通り越して、

滑稽にさえ感じていた。

 

会社でも態度がでかく、『俺は誰に対しても頭を下げない。』

と訳の分からないことを言っていたが、

外出先でも、絶対に人に道を譲らない。

 

当たり前だが、ぶつかりそうになった相手は怒る。

2度ほど、クズ男に殴りかかりそうになっていた男性もいた。

その度に私が頭を下げ、相手の怒りがおさまるまで謝っていた。

 

それなのに、『ちょっと、来るの遅いよ。』とクズ男は怒る。

 

今にして思えば、あのまま放置し、怒った男性に殴ってもらえばよかった。

 

ある日、買い物にクズ男に連れて行ってもらったのだが、

そのお店の駐車場から出る時に、

クズ男の車の位置が悪かったらしく、

対向車がうまく駐車場に入りきれない状態になったことがあった。

 

対向車の運転手は男性。

はじめは、『どけよ。』と軽く言っていたが、

クズ男は一切車を移動しようとしない。

 

あの状況では、とりあえず、クズ男が少しバックをし、

対向車を駐車場に入れた方が良かったと思う。

 

ところが、クズ男は一切何もしない。

 

対向車の男性は、相当腹が立ったのだろう。

 

『どけよ!こらーーーー!』と大きな声でわめきだした。

 

もちろん、車越しなので声は聞こえない。

だが、そのヤンキー風の男性は、口を大きく開け

『てめぇ!!!こら!どけやーーーー!!!!』

と言っていたので、十分読唇術で読み取れた。

 

対向車の助手席には女性が座っていて、

その怒鳴っている男性に、『やめなよ。』と言っていた。

これも、声は聞こえないので、読唇術で読み取っただけだ。

 

あまりの男性の怒りように、これはまずいと思いクズ男を見ると、

 

。。。。。。。。。

 

驚くことに、クズ男は固まっていた。

無表情で、ただひたすらに前を向き、その怒り狂っている男性を

一切見ることなく、ただひたすら前を見ていた。

 

うそでしょ。。。。。。

 

言葉が出なかった。

 

私たちには、『あぁ!???こらーーーー!!!』と脅してくるくせに、

『俺、皆に怖がられてるんだ。』等と得意になっているくせに、

本物のヤンキーご登場になったとたん、

青ざめた顔をして、ただひたすら前を見ている。

 

この後、どう対応するんだろう。

『問題は起きたら解決すればいい』と言っていたが、

ヤンキーをあれだけ怒らせて、この後どう対応するのか

お手並み拝見することにした。

 

ところが、結局何もしなかった。

 

車の列が途切れ、その駐車場から出ることが出来た。

怒ったヤンキーが車で追いかけてくる様子もない。

 

とりあえず、何事もなく終わったが。。。。。

 

その後、落ち着いたころにクズ男が何かを言っていたが、

何を話していたのか全く覚えていない。

 

ただ、ぼーぜんと弱虫のクズ男のことをぼーっと見ていた。

 

別に、車を降りて喧嘩をしてこいとか、殴り合いをしてこい

と思ったわけではない。

 

自分の車のせいで、対向車が駐車場に入れなくなっていたのだ。

まず、人様に迷惑をかけているのだから、

手をあげて、口パクで、『ごめんなさい。』と言い、

自分の車をバックさせ、対向車が駐車場に入れるようにするべきだった。

 

そうすれば、いくらヤンキーと言ったって、

理不尽に怒ったりはしないのだから、

あんなに怒って、『てめぇ!こらーーーーー!!!!』

とはならなかったはずだ。

 

そして、怖いのは、あの車の同乗者が女性ではなかったら。。。

もし、男性が2人以上乗っていたら。。。。。。

 

運転手は車から降りることは出来ないが、

他の人間は降りることが出来る。

 

同乗者が血気盛んな人間で、車から降りてきて、

『てめぇ!なめてんのか!?こらーーー!!!』等とこちらに来て、

車をガスガス蹴りだしたら????

 

こんなことを話しても、『また変な妄想してるの?めんどくさい』

等とクズ男は言うのだろうが、人はどんなことで怒り、

何をしてくるか分からない。

 

自分が思っていることとは違うことで怒り、

自分が想像もしないようなことをしてくる。

 

だからこそ、最低限におさえるために常に危険回避する術を

考えておいた方がいい。

 

なるだけ頭を下げ、相手を怒らせないようにした方がいい。

 

クズ男は頭を下げるということを知らないし、

どんな態度が人を余計に怒らせるか理解していないから、

いつも些細なことを大きな問題にする。

 

この時だって、自分の車を少しどけるだけで終わったのに、

クズ男が何もしなかったから、対向車の運転手が怒り狂って、

『てめぇ!こらーーー!!!!』とわめく事態に発展したのだ。

 

それに、相手が怒鳴って怖くて逃げるくらいなら、

普段から縮こまって生活しろよ!

 

そういえば、私が怒り狂って怒鳴りつけたとき、

泣いたこともあった。

そして、ある時は、小さな子供が悪さを親に見つかった時の、

『まずい、どうしよう。』という、ひきつって恐怖におびえた顔を

したこともあった。

 

あの時も、『こいつ終わってる。』と思ったのだが、

あのヤンキーに絡まれたときも、クズ男は逃げた。

 

あの時は車が守ってくれたけれど、

道を歩いているだけの時にヤンキーを怒らせたら、

ぼこぼこに殴られていたことだろう。

 

クズ男といて、何度も怒らせた男性に謝った時にも思ったが、

いつかその怒りの矛先が私に向き、

私も殴られるのではないかと思ったことがあった。

 

男性の友人知人に聞いた時、

『女性といる時は、必要以上に周囲に気を配るよ。

 ヤンキー映画じゃあるまいし、どんなに強い人でも、

 一人で何人もの人間を相手にするなんて無理。

 

 空手を習っていても、素人には手を出せないから逃げるしか出来ないし。

 だから、外出するときは、人様の迷惑にならないように

 行動してるよ。

 

 クズ男って、なんか頭の中が幼稚園児というか。。。

 

 外って、自宅の庭じゃないんだから、

 公共の場にいる時は、人の迷惑を考えないと。

 

 俺は何をしても許されると言ったって、

 実際は人を怒らせているわけだからね。。。。

 

 クズ男は何を言っても直すことはないと思うから、

 あなたの身に危険が及ぶ前に、一緒に外出するのはやめたほうがいいよ。

 

 クズ男以外でもそうだけど、

 周囲に配慮のない行動を取る人とは、関わらないほうがいい。

 何かが起こってからではどうしようもないよ。』

と言われた。

 

やはり、男性には男性にしかわからない、

怒りを持った時の独特の行動があるらしい。

 

『クズ男のような周囲に気配りが出来ない。

 自分の行動が周囲にどのような影響を与えているのか分からない。』

こんな人間とは関わるなと言われたが、

 

会社でも、どこで聞いても『その人は宇宙人?』と言われるクズ男って

一体何なんだろう。

 

クズ男が、ただの弱虫だということははっきりしたが。