読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『俺は社員Tさんにほめられてるんだよ』と威張るな(怒) その3

ダメな人をほめると言われている社員Tさん。

そのことを知らないクズ男は、

『俺は社員Tさんにほめられてるんだよ』

とドヤ顔で威張り続ける。

馬鹿すぎて、ムカつくのを通り越して呆れていた。

 

 

何度も上司Pから、『クズ男と関わるな。』と言われていた。

社員Sさんからも、

 『なんであいつ(クズ男)と関わってるの?

  嫌な思いして、会社を辞めたいの?』

等と言われていた。

 

ある日、

『あなたは俺のことを優しくないと思ってるよね?

 俺以上に、クズ男は優しくないよ。』

と上司Pが言ってきた。

 

本気で上司Pが優しくない人と思ったことはない。

上司Pは人の心の痛みの分かる人だし、

自分が悪いことをすれば反省もするし罪悪感も感じる。

普通にいい人だ。

 

上司Pは、自分の好きなことに忠実で、それを実現するための能力も高い。

そういう能力のないバカな私は、上司Pの独学で色々やるところや

夢中になれるところなど、羨ましく思うところが多い。

 

何度か、

『お前は俺のことが嫌いなんだろ。』、『この人(私)が俺をいじめる。』

と上司Pが言っていたことがあったが、

その度に、『上司Pのことは好きだ。いじめていない。』と言っていた。

 

ほんとに上司Pのことは好きだったし、いじめてもいない。

上司Pは頭のいい人でしっかりしている人だけど、

たまに見せるスキが可愛いので、からかっていたことはある。

もしかしたら、そのからかっているのを、いじめと思ったのかもしれない。

 

こっちがどう思ったかではない。相手がどうとらえたかが問題なのだから、

もし、上司Pが私の『親しみをこめたからかい』を『ただのいじめ』と

思っていたのなら、ほんとに申し訳ないことをしてしまった。

 

 

上司Pは幼少期に色々あったようで、少々心に闇を抱えている。

たまにその闇に飲み込まれ、たまに嫌なことをしてくる。

『この人も色々あった人だから仕方がない。

 この人をこんな悪魔にしたのは、過去に上司Pにひどいことをした人たちだ。

 上司Pも被害者だ。嫌だと思ってはいけない。』

と思っていたが、それでも私が不要と思う対応をされたときは、

 

『過去に嫌なことをしたのは私じゃないのに、

 上司Pを理解して接したいと思ってるのに、なにこの対応。

 ムカつく。』とたまに思うことはあった。

 

私は心の広い人間じゃない。

出来るだけ人を理解したい、優しくしたいと思っていても

限度がある。

 

仕事をせずサボり、後輩いじめに精を出している人は、

『注意すると倍にして返してくるから、注意したくない。』

と逃げるのに、

分からないなりに、一生懸命仕事をしている私たちに注意をしてくるので、

やはり不満は感じる。

あの会社は、『仕事をする人が馬鹿を見る。』と言われていて、

仕事をする人はどんどん辞めていき、平気でサボる人間だけが残る。

だから、会社の中は荒れ放題だった。

 

クズ男とのことと、会社のことで不満のあった私は、

『あなたは俺のことを優しくないと思ってるよね?

 俺以上に、クズ男は優しくないよ。』と上司Pに言われたとき、

 

『上司Pのことを優しいと思ってますよ。』と本音は言わず、

 

『クズ男は、上司Pよりいい人だし優しいよ。』と嘘をついた。

 

すると、上司Pがクズ男の悪口を言い始めたのだ。

『クズ男と関わるとろくなことにならない。』と前々から言っていたが、

まさか、上司Pがクズ男のことをそう思っていたなんて。。。

 

クズ男と上司Pは、少々性格が似ているところがあり、

価値観・考え方も似ているところがあったので、少し驚きだった。


上司Pがほんとはクズ男のことをどう思っているのか知りたくなり、

『上司Pより、ほんとにクズ男はいい人だよ。優しいしよ。』等と

言い続けた。

すると、こちらの狙い通り、上司Pはクズ男の悪口を言い続けた。

 

その日は、上司Pのクズ男にたいする思いを聞けて満足していたのだが、

その数日後、嫌な思いをすることになった。

 

上司Pは、『上司Pよりクズ男の方がいい人。優しい。』

と私が言ったことで、相当頭にきていたようで、

その話を社員Tさんに話したらしい。

 

数日後、社員Tさんと2人で仕事をしていた時、

『お前(私)、上司Pにあいつ(クズ男)より優しくないとか言ったんだって?

 上司P、傷ついてたよ。』

と怒りながら社員Tさんが言っていた。

 

『あいつ(クズ男)よりやばい人間なんていない。 

 あいつのことをいい人、優しいと言っている時点で、

 お前(私)は人として終わってんだよ。

 

 お前がそんな人間だと思わなかった。

 まともな人間だと思ってたのに、お前は最悪だ。

 

 これだけ皆が心配して、あいつ(クズ男)と関わるのをやめろ

 と言っているのにやめないなんて、お前はなんなんだ。

 

 今度、上司Pに同じようなことを言ったら、絶対に許さないからな。

 ふざけるのもいい加減にしろ!』

と社員Tさんに怒られた。

 

好きな社員Tさんから、『お前は人として終わってる。最悪だ。』

と言われ、なんとも言えない気持ちになった。

 

普段、上司Pは人の悪口を言わない。

だから、上司Pからクズ男に対する本音を聞き出すために、

『上司Pはクズ男より優しくない。』と嘘をついたのだが、

まさか、その話を上司Pが社員Tさんにして、

さらに社員Tさんから、あんな風に言われるとは思ってなかった。

 

元々社員Tさんは、私のことを良いように思っていないと思うが、

 『お前がそんな人間だと思わなかった。

  まともな人間だと思ってたのに、お前は最悪だ。』

と言っていたということは、少しは良く思ってもらえていたのかもしれない。

 

けれど、クズ男と関わったことで、『人の忠告を聞けないダメな奴。』、

『人を見る目のないダメな奴』と、どんどん評価が下がっていたようだ。

 

T部署の人から、

『社員Tさん、すごい怒ってたけど大丈夫だった?』、

『喫煙室でも、社員Tさんがあなたのことを悪く言ってたんだよ。

 だから、クズ男と関わるのはやめた方がいいと言ってたのに。』

と言われた。

 

社員Tさんに怒られた日、クズ男も出勤だったため

いつものことながら、嫌だったけれど送ってもらった。

 

車内で、『問題、起ききったからもういいよ。』

と私が少々怒り気味で言ったところ、

『はっ!!!!』とクズ男が、ものすごいぶっさいくな顔をして

『こいつ、まじめんどくせーーーー』的顔をして鼻で笑い飛ばしてきた。

 

よく、人のこと馬鹿にして笑えるよね!???

お前のせいで、私が社員Tさんに怒られたんだけど!???

 

お前と関わったら、

 『お前がそんな人間だと思わなかった。

  まともな人間だと思ってたのに、お前は最悪だ。』

と言われたんだけど????

 

これのどこが、『社員Tさんは俺のことをほめている。認めている』なの?

 

社員Tさんが、ほんとにクズ男のことを認めているなら

こんなことにはならないよね!????

 

クズ男の、周囲のことが全く見えていない感じ、

嫌われているのに、好かれていると全く真逆に理解・記憶するところ。

 

やっぱり、あの病気じゃないのか。。。。

 

それにしても、クズ男のせいで散々嫌な思いをしている私に、

よく、あんな態度が取れるな。

 

クズ男は、『皆に嫌がられてるよ。』、『嫌われてるよ。』

と言うと、目に涙をためて

『そんなことない。それは、あなたの嘘・妄想』と言うけれど、

 

『皆に好かれていて、信用されていて、皆に認められている』

というのが、嘘で妄想なのに、なぜ気がつかないんだ???

 

今にして思えば、なぜ私が全て引き受けて我慢して、

クズ男の過ごしやすい状況を作ってあげていたのか疑問で仕方がない。

自分の行動だけれど、なんでだと自分に疑問を感じる。

 

あんな、自分のことしか考えられないゴミクズのために、

なぜ私が我慢しなければならなかったんだ。

 

クズ男は、大切にするような価値のある人間ではないから、

体力・精神力・時間・お金を無駄に使ってまで

大切にする必要がなかった。

 

社員Tさんに、『2人の会話に私の名前を出すな。』と言われたため

2014年は我慢したが、今はあの我慢した日々のせいで、

いまだに何かをきっかけに、あの頃のことを思い出し憤慨してしまうので、

我慢せず、面と向かって言えば良かったと後悔している。

 

『それほんとなの?嘘?妄想?』等と言われようと、

ケンカになろうと我慢せず、言っておけばよかった。


 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする