読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭を下げれる人はかっこいい

 

『表裏のある大人は汚い。』、

『ペコペコ頭を下げてカッコ悪い』、

『あんな大人になりたくない。』、

『私はあんな風にならない。

 心のままに動き、人に頭を下げることなんてしない。』

 

このような、誰でも幼少期に思うことを

私も子供の頃に思っていた。

 

だから、20代前半までは少々反抗的に見える態度を

取っていたこともあった。

 

後輩や部下に厳しいのに、上司や取引先にペコペコする人を

『この人カッコ悪い。気持ち悪ーい』と思っていた。

 

でも、相手によって態度を変える必要性、

自分が間違えていなくても、頭を下げなければならない理不尽なこと

仕事をするごとに、イヤでもそうしないといけないことを知り

先輩方を手本にして、社会人としてやるべきことを覚えた。

 

そうすることで、人に頭を下げること、理不尽なことを受け入れることの

大変さを身を持って知った時、過去に自分が思っていたことを深く反省し、

軽蔑した大人たちに心底申し訳ないと思うことが出来た。

 

そして、自分の愚かさ、恥を知った。

 

そうやって心を入れ替えて周囲の人を見ると、

すんなりやっている人を見ると、カッコいいなと思うようになった。

 

部下・後輩への態度、上司・取引先への態度の違い。

それを、あからさまに変えるのではなく、ほんとに自然に出来る人がいる。

 

ほんとにすごいと思う。

私もそうできるようになりたいと思うようになった。

 

 

ところが、クズ男は、このようなことに対する考え方が幼少期のままで、

いまだに、

『俺は誰に対しても態度は変えない。態度を変えるなんて卑怯だ。』、

『俺は違うと思えば、相手が社員だろうが役職者だろうが

 関係なく自分の意見を言い続ける。』

等とドヤ顔で言ったいた。

 

おそらく、

『クズ男かっこいい!男らしい!』等と思われると思ってるのだろう。

 

はっきり言って、かっこ悪い。ださい。男らしさなんてない。

ただの頭のわるいバカにしか見えない。

30歳越えたおじさんがすることではない。

 

こんなことを20代の若手がしていれば、

『いつまで学生気分でいるんだ。早く社会人としての常識を持て。』

と上司に怒られる。

 

クズ男に、このことを教えてくれた人はいないのだろうか。

どれだけ、『どうでもいい人。』と思われ適当に扱われ続けてきたんだ。

 

30歳越えて出来の悪い人間は、それまで誰も手をかけてくれなかったからだ。

 

クズ男はあまりにも幼稚で、言葉で言っても伝わらないため、

行動で示すことにした。

 

あの会社の最終日、一人ひとりの席に行き、

これまでのお礼をし、頭を下げ最後の挨拶まわりをした。

クズ男に見せるためだったので、必要以上に頭を下げた。

された側はきっと、ウザったく思ったことだろう。

 

これをわざとクズ男に見せつけるように、おおげさにしたのだが、

その日の帰り、

『今日挨拶してたね。あなたも一応ああいうことが出来る人なんだね。

 出来ないと思ってたから見直したよ。』、

『人って知れば知るほど出来ることがあるんだと思ったよ。』

等と、上から目線で偉そうに言ってきた。

 

は?お前に『できる人なんだね。』と言われたくない。

というか、『出来ない人だと思ってた。』ってどういうこと?

なんで、このことが出来ていない出来の悪い人間に

偉そうに上から目線で言われないといけないんだ!???

 

出来てないお前に分からせるために、私が手本を見せてやったのに、

何?その感想????

お前、出来ていない分際で、なんで上から目線なの?

これを、お前がやれ!って、私は態度で示したの。

何か思うことはなかったの!???

ほんとに腹が立った。

 

お前さ、誰に向かって口きいてると思ってるの?

本来なら、お前ごときが簡単に口きけるような人じゃないんだよ。

人のことをなめるのもいい加減にしとけよ(怒)

 

と、人生で初、『このわたくしにむかって!』という、

傲慢で天狗な怒りを経験した。

 

私はたいした人間じゃない。

どこにでもいる普通で普通のとりえのない人間だ。

誰でも簡単に口をきける人間だ。

 

だから、こんなことを思ってはいけない。

なのに、思ってしまった。

どうでもいい人間の分際で、『このわたくしに』的ことを

思ってしまった。

クズ男といると、変なことばかり思うから、ほんとに嫌になる。

 

どうせ『クズ男のせいだ。』と言っても、

『それはあなたの性格が悪いから。』で返される。

 

あぁ、そうだよ!私は性格が悪いよ。

だからこそ、『○○をしてはいけない。』と自分を戒めているんだよ。

お前といると、それが簡単に外れるんだよ(怒)

だから、『私に関わるなーー』と言ったんだ。この、厄病神(怒)

 

でも、クズ男といると、なぜだろう?

普段感じたことのない得体のしれない怒りや

持ってはいけない思いなどを持ってしまう。

 

 クズ男は、長期司法浪人のためバイト経験しかないようだ。

 だから、一般企業に務めたことのある人なら知っている常識を

 全くと言っていいほど知らない。

 社内で法的対応の出来ることすら、一般人以下の知識だ。

 

 たまに、『ほんとに司法試験の勉強してるの?』と思うことがある。

 

 大きな声では言えないが、あの会社は本来やるべきことをやっていない。

 そのため、あの会社で働いている人が、本来身に着けるべき知識・常識

 を持っていない。

 

 クズ男に『○○を知らないの?』と聞くと、

 

 『あなたが言っていた○○。あれ、友達に聞いたんだけど、

  俺も知らないけど、友達も誰も知らないって言ってた。

  あなたからしか聞いたことない。それほんとなの?嘘?妄想?

  それとも、ドラマの見過ぎ(笑)』

 と、聞くたびに上記の言葉で私を馬鹿にする。

 

『なんで社会人なら知っていて当然のことを、クズ男も友達も知らないの?』

と、ずっと不思議で仕方がなかった。

 

クズ男が知らないのはバカだから仕方ないとしても、

友人まで知らないってなぜ????

 

そして、自分の無知さを恥じることなく、

知っている私をばかにするってなぜ?

 

私が知っていることは、全て人から教えてもらったことだ。

あの教えてくれた人は、妄想の世界の人?

あの教えてもらったことは、私の妄想?

 

嘘や妄想にしてはよくできていると思う。

 

妄想の世界の中で、私が社会をまとめるためのルール、常識、

知恵、知識、あれだけのことを私一人で考えたなら、

ある意味私は天才だ。

 

でも、実際は、あれは考えた人がいて、教えてくれた人がいて、

私はただ覚えただけだ。

バカな私にできることは、教わったことを覚え、忠実に実行するだけ。

 

人に頭を下げられない。

上司や先輩に横暴な態度をとる。

知っていて当然のことを知らない自分を恥じるのではなく、

知っている人を侮辱し、潰すようなことをする幼稚な行動。

 

クズ男を知れば知るほど、ほんとに救いようのないどうしようもない人だと思う。

 

そして、人に頭を下げ、一生懸命生きて、仕事をしている人を

前以上にすごいと思うようになった。

 

歳をとれば、自然と気がついて当たり前、

出来るようになって当たり前と思っていたが、

そう出来ていないクズ男を知り、

 

余計に、ちゃんとできる人を素直にすごいと思い、

尊敬できるようになった。

 

出来のいい人ばかりだと、当たり前のことになるから

誰もすごいと思わない。

 

けれど、出来の悪い人がいると、出来のいい人が光って見える。

 

クズ男は、自分がゴミを演じ、他人を輝かせていることに

なぜ気がつかないのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする