弁護士を目指しているからって、心が広いわけではない。

 

私は物を知らない。

自虐ネタで『私はバカだ。』と言っているわけではなく、

ほんとに頭が悪いと思う。

 

だから、人を馬鹿にして見下すことはしない。

自分だけが辛いとか、自分だけが頑張っているとか

そう思ったことはない。

皆、それぞれ、色々考え悩み苦しみ生きていると思っていた。

 

そして、馬鹿な私でも分かっていることなんだから、

こう思うことは特別なことではなく、

人間全てがこのように思っているのだと

ある時期まで思っていた。

 

ところが、そうでもない人がいることを20代に知った。

面と向かって人に向かって、

『浅はか。』、『何も考えていない。』、『ニュース見ろ』等と

何をもってして、『何も考えていないバカ人間』認定をして、

偉そうにそんなことを言うのか、不思議でならない人が

この世にいることを知った。

 

ある時友人が、

『今朝、会社でこんなメールがあった。

 

  人は日々変化しています。

  その変化は他人からは分かりにくいことばかりです。

  見ていて、何も考えていない人、だらしない人と思うような人も、

  一生懸命何かを考えています。

  何も考えていない、何も悩みのない人間などいません。

  

  あなたが何かを考え悩むように、他人もそうです。

  人にひどいことを言ってはいけません。

  温かい目で見ましょう。

  それが出来ないならば、人に余計なことは言わず、

  人に関わらないでください。

 

 ねぇ、小学生じゃないんだから、

 いまさら何?って、びっくりしない?

 社内で、嫌がらせをする女がいるから、その人たち向けなんだろうけど、

 恥ずかしいよね、いい歳してこんなこといわれるとかさ。』

と言っていた。

 

自分だけがちゃんとしていると思い、他人に変なことを言う人は

どこにでもいるのだと、この時思った。

 

そしてクズ男が、そういう人間だった。

 

このメールの話をした時、

私が『しっかりした方がいいよ。』と言われて

不快に感じたことがあるという話をクズ男にした時、

 

『え?あなたはそんなこと言われる人なの?

 俺、嫌だな、そういうこと言われる人。えー、信じられない。

 俺は、一度もそんなこと言われたことないよ。

 ほめられたことしかない。』

とクズ男が言ってきた。

 

いや、だかさら、お前みたいなやつを懲らしめるためのメールだよ。。。

『そういうことを言われる人嫌だ。』じゃないでしょ。

 

それを言われた私を軽蔑する前に、

『そんなことを人に言う人嫌だね。』じゃないの?

 

どういう思考回路なんだ?

絶対に理解したくない。

 

私の悩み事は、人に話すとめんどくさがられることしかない。

『病気で大変なの。。。』等と言えば、どうせ、

『やだー、悲劇のヒロインぶってキモーイ。』、

『あれ、かまってちゃんだよ。めんどくさいーーーーい(笑)』

と言われる。

 

だから、誰にも何も言わず、『いえーい!今日も元気でーーーす!!』

とちゃらちゃらした元気キャラ等を演じたこともあった。

 

元々騒ぐのが苦手なため、大人しくしたいがそうすると、

『大人しいんだね。』、『いつも本を読んでそうだよね。』

『会話したことないの?』等と言われる。

大人しいと何か問題でもあるんですか?と言われるたびにイライラする。

 

病人のイメージって暗いし、上記のようなことを言われると、

なんだかけなされている気がして、無性にイライラして、

『イェイイェイイェーーーーイッ!!!』と変なテンションで

対応していたけれど、ほんとに疲れるし、体調悪くなるし、

頭がおかしい人と思われるし、何もいいことはなかった。

 

黙って、落ち着いて、ゆーったりした時間を過ごせる人が

欲しかった。

 

数年前に亡くなった、ほんとーに仲の良かった大切な人は、

一緒にいるだけで癒され、黙っているだけなのに

ほっこり温かい気持ちになれて、幸せを感じられる人だった。

 

一人でも平気とは言え、彼の存在があまりにも大きすぎて、

やっぱりどこかで、彼と同じことをしてくれる人を求めていたのだろう。

 

いや、『だろう』なんて、気がつかないふりをしてはいけない。

過去の自分の悪いところを自覚して、

今後同じ過ちを繰り返さないために振り返っているのだから、

ちゃんと言おう。

 

クズ男と関わった理由のもう一つ。

『もしかしたら、長期浪人をして人生を踏み外したクズ男なら

 私の辛さを理解してくれるんじゃないか。』

と思ったからだ。

 

2014年1月のメールで、

『長期浪人をしていて周囲の目に耐えられなかった時もある。

 出口が見えず、どうしていいのか分からない。』等と

辛い浪人生の気持ちを綴っていた。

 

 

 

 

 

私は、長期浪人をしたことがないから、

クズ男が感じている気持ちはわからない。

けれど、辛い思いをした人は、辛い思いをしている人を責めない。

 

クズ男は例外で、自分のことは棚に上げて他人を攻撃する

ゴミクズ人間だったが。

 

『人から、人のことはいいから自分のことをやれと言われるのが辛い。』、

『人に、自分のことを色々言われるのが辛い。』

等と言っていたから、クズ男なら、

私のやることに口を出してこないと思っていた。

 

ただ、すでに私のことに口出しをしていたので、

この時点で、クズ男の矛盾には気がついていたのだが、

『もっと話せば理解し合える。

 それに、弁護士を目指している人なんだから、

 人の話を適当にあしらって聞いたり、

 無責任に逃げることはないでしょう。』

と自分に言い聞かせてしまったのだ。

 

この時、発狂してでも、

『私に関わるなーーー!!!』と言えばよかったのに、

大切な人を失った喪失感と、それを埋めたい気持ちと、

これ以上仕事で仕事仲間に迷惑をかけられない気持ちが

重なって、結局クズ男と関わってしまった。

 

結局、私もまだまだ精神的に弱い人間なのだ。

 

弁護士を目指しているからと言って、

法学部に通ったからと言って、人間力がつくわけではない。

 

人間力のある素晴らしい弁護士や法学部出身者もいるけれど、

クズ男みたいな無責任な卑怯者もいるんだよ。

 

 そして、こんなろくでもない人間と関わるくらいなら、

よっぽど一人でいる方がましだよ。