『今日送っていきますよ。』は呪いの言葉

私が歩いて通勤していること、

車の運転が出来ないことを知ったクズ男は、

『じゃあ、今後出勤日が同じ時は、

 帰り、送っていきますよ。』

と言ってきた。

 

家の場所を知られたくなかったし、

会社以外で極力顔を合わせたくなかったので、

『歩いて帰れるので不要です。』

と言ったが、しつこいクズ男が納得するわけがない。

 

いつものように、

『いや、俺大丈夫だから、送っていきますよ。』

としつこく言ってくる。

 

クズ男はとにかくしつこい。

自分の要求を相手が受け入れるまで言い続ける。

これって、強要罪にならないの?

カラオケで歌うことを強要したり、

お酒を飲むことを強要しても強要罪になるんでしょ?

 

この、送っていくとしつこく執拗に言ってくるのも、

受け取り手が不快に感じたら強要罪になるんじゃないの?

と思いつつ、まだこの時、クズ男がここまでバカとは知らなかったので、

これらのことは言えなかった。

 

いつも通りしつこく『送っていく』とクズ男が言い続けたので、

『じゃあ、お言葉に甘えて。』と答えた。

 

私としては、この『お言葉に甘えて。』は拒否の言葉だ。

社交辞令で使う、一見すると受け入れたように聞こえるが、

実は拒否をしているときに使う言葉だ。

 

ところが、このような言葉を使う習慣のないクズ男は、

これを完全な受け入れの言葉ととらえたようだ。

 

私の『弁護士=良家のお坊ちゃま』と思い込んでいたのが悪かった。。。

 

なにせ、私の知人の法曹界の人間は、

皆、良家のお坊ちゃま方なので、

クズ男のような貧乏人で弁護士を目指している人を見たことがなかったのだ。

 

クズ男と関わったことで、『弁護士=良家のお坊ちゃま』は私の勝手な

思い込み勘違いだと勉強になったが、

こんな貧乏感覚で、どうやってあのお坊ちゃま弁護士と関わるんだろう???

 

私が『お言葉に甘えて。』と答えると、

『うん、じゃあ今後送っていきますね。』と満足げにクズ男は言っていたが、

この時、なんとも言い表しようのない不安がこみ上げてきた。

 

なんだろう、この不安。

 

そして、この不安は的中する。

 

この後、私はほんとに地獄のどん底に突き落とされることになる。

 

私の所属するP部署の社員Tさんが

『クズ男は人間じゃない。』

『クズ男は人を不幸にする。』

言っていたが、ほんとにその通りだと思う。

 

クズ男と関わった後では、逃げることが出来ないので、

お願い!社内で、『猛犬注意』的に、

『クズ男には絶対に関わるな。』とはじめから通達を出しておいてくれ!!!

 

 

いまさらなんだけどね。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

広告を非表示にする