人に痛みを与えて逃げること

人に痛みを与えて逃げる。

やってはいけないことだが、

こういうことは成長過程で誰もが経験することだと思う。

 

人に痛みを与えて逃げることの卑怯さ、愚かさ、

そして、そのようなことをした時、

誰からも信用されなくなる、

人としての評価が下がること等を知る。

 

そうなると、人は気軽に他人のことに口出しをしなくなる。

 

クズ男のように、偉そうに他人のやることに口を出したり、

『人生を良いように導いてあげます。』等と人の人生にまで口を出すのは、

経験途中でまだ何も分かっていないから出来ることだ。

 

目の前でいつまでも人がグズグズしているのは、

見ていていい気持ちはしない。

ましてやそれが、自分のせいであれば、

罪悪感などを持つため、イヤになる。

 

だから、そのような罪悪感から逃げるため、

傷ついて苦しみ悩んでいる人に、

『ウザイ』、『しつこい』、『責任転嫁するな』、

『自業自得』、『被害妄想が強い』等とひどいことを言う。

 

けれど、人のことに不要に口を出す人も悪い。

 

クズ男は常に上から目線で私のやることに口を出してくる。

『司法試験のことで私に口を出されたら嫌でしょ?』と聞くと、

目をかっぴらいて、

『あぁ、嫌だね!!!!』と言ってきた。

 

『それと同じように、私もクズ男に色々言われるのは嫌なの。

 私のやることに口を出してほしくない。』と言うと、

 

『は?それとこれとは話は別。

 俺のやることにあなたが口を出す権利はないけど、

 俺があなたのやることに口を出す権利はある。』と言ってきた。

 

『なんで?なぜ私はあなたのやることに口を出す権利がないの?』

『司法試験に対して無知だから。』

『それなら私のやりたいことに対する理解がないクズ男も

 同じように私に口を出す権利はないよ。』と言うと、

 

『それは、何をしたいのか俺に教えていないあなたが悪い。

 何がしたいの?』

『言っても理解出来ないよ。』

『言ってもいないくせに、はじめから出来ないと決めつけないでください。』

『言ったところでクズ男にはわからないよ。』

 

ほんとに分かるわけがない。

見た目だけで分かる。

だっさださのださ男のクズ男が、センスがあるわけがない。

自分の外見を整えることすら出来ない人間が出来る仕事ではないのだ。

 

『絶対に無理。』

『絶対!???絶対なの!????それほんとに!???』等と

いつものごとく気持ち悪い顔を押し付けて言ってくる。

 

その後、しつこいクズ男に根負けして色々話すことになるのだが、

結局、私のやりたかったことが出来なくなった。

 

それに対して、

『お前、なんてことしてくれたんだよ!!!』と怒ると、

 

『それが俺のせいで出来なくなった証拠は?』、

『それはあなたの問題でしょ。責任転嫁しないでください。』、

『いつまでもグチグチうるさい。しつこい。』、

『そういう人、大学時代寮にいたけど、皆ウザいと言っていたよ。

 そして、その人は嫌われて無視された。』等と言い逃げた。

 

クズ男、お前が言ったこと、したこと、

これらは10代~20代の時、まだ精神状態が未成熟な人間がすることなんだよ。

 大学時代に無視したことで何か学ぶことはなかったのか?

何か気がつくことはなかったのか?

その人だって、傷つけたのはクズ男かもしれないんだぞ。

 

そもそも、お前みたいな傲慢で傍若無人の人間こそ嫌われるんだよ。

それに今は気がつけたのか????

 

30歳以降は、このような苦い経験をかみしめ、

理解し学んだ人は、余計なことはしないんだよ。

 

お前がダメ人間な証拠、信用に値しない証拠、

精神成長していない証拠、

これらすべてはお前自身が証明しているんだよ。

いい加減に気がつけ、ゴミクズ男(怒)

 

だいたい、物事がうまくいかなくなったり傷ついた人間は

責任転嫁するのは当たり前なんだよ。

『自分が悪い。』、『自分のせいだ。』と思うより

責任転嫁する方が気が楽になるから、人は責任転嫁するんだよ。

 

だから、責任転嫁されて責められるのが怖いから、

人は他人のことに簡単に口を出さなくなるんだよ。

 

ダメになった時、人に責められた時、

耐えきれずに『責任転嫁するな』等と言い逃げるくらい

人のドロドロした感情に触れることが出来ないなら、

人の怒りを受けとめるだけの強い精神力がないなら、

人のやることに口をだすな。

 

 

こんな簡単なことも分かっていない、

こんなダメ人間のくせに、

『俺は誰よりも優秀。』、

『人間のことは完ぺきに理解している。』

とか言ってるんじゃない。

 

だけど、クズ男、ずっとそのままでいてください。

こんな、他人を傷つけて逃げる人間を人は信用するわけもないし、

好きになるわけもない。

 

今していることは、万が一、奇跡が起きて弁護士になれたとき、

自分に返ってくるぞ。

 

『あの弁護士、司法浪人中に勤務していた会社で

 ハラスメントは当たり前、上司や目上に対する口の利き方はなっていない。

 失礼・非常識な態度連発だったんだって。

 

 人を傷つけたこと等を怒られ注意されても、

  

   は?何が問題なんですか?

   それが問題になると思っているんですか?

   それはあなたの問題でしょ?

   責任転嫁しないでください。

   もっと法律の勉強してくださいね。

 

 等と言っていた人だよ。

 

 さらに、『言ってない』、『やってない。』、『記憶にない』、

 『そういう意味で言ってない。』、『あなたの記憶違い』、

 『それ絶対なんですか?』、『証拠出せ』と詰め寄る。

 

 それでも足りなければ、

 『あなたはこういうことをしたことがないんですか?』、

 『正しいことしかしたことないんですか?』

 等と論点をとにかくずらす。』

等と言いふらされ仕事に支障が出る可能性がある。

 

出来ればクズ男には、一生ろくでもない人生を歩んでほしい。

 

自分はとんでもなくダメなのに、

『あなたはさーーーーー』と偉そうに言い、

 

『なにあのおじさん。

 あんなダメなくせに偉そうに。むかつくーーー(怒)』

と今と同様に悪口を言われ続けてほしい。

 

皆の言う、クズ男の悪口が結構面白いのだ。

 

それに、人の悪口を聞いていると、

自分の悪いところにも気がつけるし、直すこともできる。

 

『人のふり見て我がふり直す』だ。

 

そういう意味では、

『俺は今まで全ての人を良くしてきた。』

というクズ男の言葉も、

まったくの嘘というわけではないかもしれない(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする