『思っていることは隠さずに言って』

クズ男とメールして間もないころから、

 

『考えていること、思っていることは全部言ってね。

 隠したり嘘をついたら、絶対に許さないよ。』

とずっと言われていた。

 

こんなことを言われたのはこれまた人生初。

 

言われた当時は、

『これってまさかの弁護士ごっこ?????』と思った。

 

弁護士に依頼したとき、弁護士が依頼人に言う、

『今後は私たちのことを信じて、全て話してください。

 隠したり、嘘をつかれたら勝てるものも勝てません。』

の真似か?????と思った。

 

でも、弁護士さんたちにプライベートで

『考えていること、思っていることは全部言ってね。

 隠したり嘘をついたら、絶対に許さないよ。』等と言われたことは一度もない。

 

これについて弁護士に

『なぜ、プライベートで

   考えていること、思っていることは全部言ってね。

   隠したり嘘ついたら、絶対に許さないよ。』

と言わないのか聞いた。

 

『はじめて会った人のことをすぐに信用して話を出来る人はいないでしょ。

 何年も長いこと付き合いのある人だって

 簡単に人を裏切ることもある。

 

 こういうことを言うのは、

 あくまでも仕事を問題なく遂行するためだよ。

 

 依頼人も、目の前の人間を信じているわけではなく、

 『弁護士』という職業を信用して話をしてくれているだけ。

 それを、『俺(私)という人間を信用してくれた。』等と勘違いするのは問題外。

 

 『弁護士』というものが世間から一切信用されなくなったら

 仕事が出来なくなる。

 

 それに、弁護士には守秘義務というものがある。

 下手なことをすれば弁護法で罰せられる。

 最悪の場合は、弁護士の資格をはく奪される。

 

 依頼人にはこの話をするし、

 さらにこちらは秘密を守りますという誓約書を見せ、

 依頼がこれらに納得・同意をして、必要書類にサインをした場合のみ

 契約成立となり、その結果、

 依頼人の要望、それまでの経緯全てを聞くことが出来る。

 

 あくまでも『弁護士という職に就いている人間』だから、

 話を全て聞けるだけ。

 

 クズ男は他人の心の内を全て聞く権利は一切ない。

 信用することを強要する権利も一切ない。

 

 クズ男が信用できる人間なのか、何をもって保証されているの?

 クズ男が裏切った時、どうやってクズ男に責任を負わせるの?

 人の心を全部見た結果、クズ男はその人に対して一生責任を負えるの?

 

 クズ男のことだから、『一生なんて大げさな』と笑うだろうけど、

 『弁護士として知りえた情報は墓場まで持っていく』がお約束だよ。

 弁護士にかせられている『守秘義務』に時効はない。

 そもそも、『守秘義務に時効』があったら、

 怖くて依頼人は何も話せなくなるでしょう。

 

 クズ男に対する安心材料、保証出来るもの、対応出来る機関がない以上、

 クズ男が他人に自分を好きになること、心を全て見せること、

 信用することを強要すること、これら全てできない。

 

 誰を好きになって、信用して、仲良くなって、心を見せるか、

 これらを決めるのはあくまで本人であって、他人じゃない。

 

 例えば、親権者が保護すべき子供に行動・思考等を話すことを

 ある程度強要し求めることは出来る。

 なぜならば、親権者には子供を保護し、指導し、

 何かあった時に責任を取る義務があるからだ。

 

 クズ男はあなたの親権者なの?

 あなたが何かしでかした時、

 何かあった時、全ての責任を取ってくれるの?

 違うよね?

 

 しかも、実際、2014年にクズ男はあなたにひどい痛手を負わせた結果、

 『それは俺の責任じゃない。』、

 『責任転嫁するな』、

 『それはあなたの問題だ。俺には関係ない。』、 

 『俺のせいだという証拠は?』と言って、

 逃げたよね?

 

 証拠はそろえたよ。

 賠償請求と慰謝料請求することは出来るよ。

 あとはあなた(私)次第だよ。

 

 

 クズ男は結局いざとなれば幼稚園児並みの言い訳をして逃げる。

 それなら、他人に何もかも強要してはいけない。

 そもそも、他人に何かを強要してはいけないんだよ。

 

 どうでもいい話に思えるかもしれないけれど、

 『俺を好きになれ、信用しろ、全て話せ、隠し立てすれば許さない。』

 と人に言い続けた結果、相手が脅迫された、強要された、

 心を拘束され続けた等、精神的苦痛をこうむったと思えば、

 十分訴えることが出来るよ。

 

 なんでもやり過ぎは禁物。

 『いい言葉なら何度言っても問題にならない』というクズ男の考え自体が

 そもそも間違えている。

 

  一見いい言葉も、度を過ぎれば心を突き刺すナイフに変わる。

 

 『好き、愛している、仲良くしたい、会いたい』

 これらの言葉を何度言っても問題にならないなら、

 『ストーカー』、『セクハラ』等のいくつかの問題が存在しなくなる。

 

 いい言葉も、嫌い・苦手な相手に言われ続ければ嫌な言葉に変わるんだよ。

 言葉を武器にする弁護士という職を目指しているわりには、

 クズ男はだいぶ言葉や、人の心理に対する理解、

 現在社会で問題になっていること、なぜ問題になるのか等

 色々なことに対する認識が低いし甘い。

 

 

 仲良くなりたなら、好きになってほしいなら、

 『俺(私)は、あなたと仲良くなりたいんだ。』と

 軽く言って終わらせるべき。

 

 というか、子供じゃあるまいし、いい歳の大人同士がいちいち

『俺(私)は、あなたと仲良くなりたいんだ。』って言うかな?

 

 状況によるとは思うから、絶対に間違えているとは言わないけど、

 場合によって、人によっては違和感を覚えたり、

 気持ち悪いとか恐怖を感じる人はいるよね。』

と弁護士が言っていた。

 

やっぱりクズ男ってどこか変なのかな???

 

『クズ男って、自分は礼儀正しい、いいとこの坊ちゃんだ。

 って思い込んでて、そういう感じの対応をするの。

 でも、ほんとはいいとこの坊ちゃんではないから、

 やっぱり違和感を覚えるんだよ。

 

 どこかのお坊ちゃまの真似してるのかな?

 でも、○○さんたち(弁護士さんたち)は相当いいとこのお坊ちゃまだけど

 そういうのないよね。。。。

 

 なんでだろ?』

 

『中途半端な奴ほど、かしこぶったり坊ちゃんぶったりする。

 それだけでしょ。

 金持ちって、それだけでねたまれるから、

 子供の頃に嫌がらせを受けることがある。

 だから、なるだけ素性を隠すようになるし、

 不要な敵を作らないように、

 不必要な攻撃を受けないように、

 品のない行動をとったりするんだよ。』

 

『いずれにせよ、クズ男みたいに強要する人間とは

 関わらないほうがいい。

 クズ男ってモラハラ男だと思うよ。

 

 相手の手の内を全て把握して、

 自分より格下だと確信した途端、一気に攻撃して

 その人からやる気、自信、全てを失わせ、

 

 私はダメ、何も出来ない人間。

 この人しか相手をしてくれない。

 この人がいなくなったら自分は生きていけなくなる。

 この人に逆らったら怒られる。怒鳴られる

 侮辱される、殴られる、怖い。

 この人の機嫌さえ良ければ何も問題なく終わる。

 私が悪いからこの人は怒るんだ。

 ダメで出来の悪い私が悪いんだ。

 私が我慢すればいい。

 この人の言うことが正しい。

 この人の思う通りにすれば全てがうまくいく。

 とにかく怒らせないようにしないといけない。

 

 等と思わせ、さらに自分に対する恐怖心を相手に植えつけ奴隷化させ、

 自分の思う通りに人を動かすモラハラ男だと思う。

 

 すでに会社でもそういう行動を全ての人に取っているでしょ。

 

 面と向かって人を侮辱するのは、そういうこと。

 皆、クズ男の作戦通り戦意喪失して注意出来なくなってるじゃない。

 

 そして、会社でクズ男帝国を作って、皇帝のごとく振舞ってるでしょ。

 『皆俺のことが好きだ。』、

 『皆俺を信用している。』、

 『皆が俺のすることを認めている』、

 『俺は何をしても許される。』等と言っているでしょ。

 

 本来、『怖い』、『悪魔』と言われたら、

 『人から嫌われている』、『まずい』となるんだよ。

  『怖い』、『悪魔』と言われている時点で、

 『怖い・悪魔=好かれている、信用されている』とはならないんだよ。

 

 でも、『怖い』、『悪魔』と言われることをクズ男は喜んでるんでしょ?

 普通じゃないよ。思考が異常だよ。

 

 クズ男にとって、『人が自分を怖がっていること。』

 『悪魔と呼ばれていること』は勲章でしかない。

 

 これらは、モラハラ男、自己愛性パーソナリティ障害が言うセリフ・思考だし、

 その他のこともこの症状によく似ている。

 

 クズ男は、相当やばいよ。

 とんでもないのに、ピアノを頼んだね。

 

 なんでもっと早くに相談してくれなかったの?

 

 まさか、怒られるとでも思った?』

 

『うん、何やってんだよって怒られると思った。』

と言うと、

 

『完全にクズ男の術中にはまってたよ。

 それと、そのブラック企業の考え方でおかしくなってたね。

 

 何があっても絶対にあなたを怒ることはありません。

 あなたが何をしても馬鹿だと思わないし、嫌いにもなりません。

 

 だから、少しでもおかしいと思ったら

 どうでもいいと思えることでも言ってね。

 

 あなたの悪い癖を言うなら、

 どうでもいいことはよく聞いてくるし話すのに、

 重要なことほど言わないことかな。

 

 持病のことだって、一人で悩んで10年以上隠してたでしょ。

 今後はもっと頼ってよ。』

と言ってもらえた。

 

だいぶ安心した。

 

でも、クズ男ってやっぱり相当やばい奴だったんだ。。。。。。

 

 

 

 

PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト