『俺、運転中に歌を歌うけど気にしないで』とクズ男が言っていたが、『耳障り』という言葉をご存知かな?と思ったこと。。。

 

クズ男は変な声をしているうえに音痴で歌が下手くそなのに

なぜか歌を歌いたがる。

運転中、自分の好きな曲を入れた自分勝手な独りよがりの

曲を流す。

クズ男と私は完全に好きな物が真逆のため、

クズ男が好む曲は全て私は嫌いだ。

その曲を聴いているだけで苦痛、耳障り。

ほんとは曲を流すことすらやめてほしい。

 

それなのに、さらにその嫌いな曲に合わせて

クズ男の『ふほんほわーーん』的な変な歌声を

強制的に聴くことになり、ほんとに苦痛。

 

(歌うのやめてほしいな。。。)と思っていると、

 

『あ、俺ね、運転中に歌うけど気にしないで。』とクズ男が言ってきた。

 

『うーーん、歌わずに運転するとか出来ないの?』

と私が聞くと、

『別に歌っててもいいでしょ?』とクズ男が言う。

 

『でもさ、歌わなくてもいいよね?』と私が言うと、

『なんで?俺は歌いたいから歌うよ。

 あなたが気にしなければいいだけだよね。』とクズ男が言う。

 

出た、一切人に気を遣うことのできない自分勝手妖怪。

あぁ、どこが、

(俺は誰にでも合わせれる人)なんだよ。。。

 

自分以外の人といる時は、

1人でいる時と全く同じ振る舞いをすることは出来ないでしょう。

少しでいいから、人に合わせるって覚えてくれないかな。

何をどうすれば、ここまで1人でいる時と全く同じ行動がとれるんだ?

と疑問しかわかない。

 

 

『歌うのやめれないの?』と聞く私。

『俺歌うけど、気にしないで』と言うクズ男。

 

このくだらないやり取りを、いったい何度したことか。

 

 

人からほめられることが全てのクズ男のことだから、

笑われたらやめるかなと思い、

クズ男が音を外した時、

『(笑)何今のーーー(笑)音外してるよ(笑)』等と笑った。

すると、

『え?なんで笑うの?』と戸惑った顔をするクズ男。

 

おっ!これは効いてるぞ!

このままおせば、私の前で歌うのはやめてくれる!と思い、

さらに、『だって、音外してるからーーー(笑)』と笑ったが、

不機嫌になっただけで、歌うのをやめることはなかった。

 

結局、2014年の1年間、

クズ男の変な声の歌声をずーーーーと聞く羽目になったが、

はっきり言って苦痛以外の何物でもなかった。

 

不細工の気持ちの悪い歌声。

耳障りでしかなかった。

 

聞きたくないものを無理やり聞かされた時の苦痛を味わわせてやろうと

1度、無理やりカラオケに行ったことがあった。

 

下手くそな音痴のクズ男のただ声がでかいだけの気持ちの悪い歌声を

聞かされ、その後、私はわざと音を外しながら、

『あれ?声が出ない。。。』等と言いながら歌っていた。

 

すると、

『あなた、ほんとに歌、歌えるの?』とクズ男が馬鹿にして言ってくる。

 

ね、下手くそな人の歌声って苦痛でしょ?

耳障りでしょ?馬鹿にしたくなるでしょ?

 

クズ男、その時あなたが感じたその気持ち、

私がずーーーーっとクズ男に感じている気持ちだよ。

 

やめてくれーーー、聞きたくないーーーと思うでしょ?

 どこがうまいんだ? 下手くそだぞ。

その歌声気持ちが悪い。耳障り。

歌うのやめろ―――――って思うでしょ?

 

『歌うけど気にしないで』と言われても、

『うん、分かった』って了承出来ないでしょ?

 

やっと私の苦痛が分かったかな????????

 

一応目的は果たしたと思い、

(あぁ、疲れた。。。)とぼーっとしていると、

クズ男が、どこかのバンドのボーカルの真似をしながら、

『へい!へい!』と私の目の前に来て、

私をあおる。

 

うざい、そして、気持ちが悪い。

クズ男は骨と皮だけの異常に細い体。

そして、異常にでかい頭。

クズ男が何か動くと、『骨あるの?』と聞きたくなるくらい

グニャグニャに動く不気味な体。

10代ならいざ知らず、さすがに30代になったら、

自分がどのように見えるのか、自分が動いた時変な動きになる等

何らかのタイミングで知り、色々行動の仕方を考えると思うが、

なぜクズ男はそのようなことがないのだろう。

 

あのバンドのボーカル風の動き、

クズ男的にはかっこいい動きになっていると思っているのだろうか。

クズ男の好きなバンドのボーカル○○さんのように

かっこよく決まっているとでも思っているのだろうか。

全然違うよ。

 

グニャンぐにゃん、デロロロロローーーンと

タコかイカのような動きになってるよ。

気持ち悪いよ、思いっきり不気味だよ。

 

過去に、どこかのバンドのギターを頼まれたと言っていたが、

きっとステージにいたクズ男は、最強に不気味だったろうね。

ギターに体の一部が隠されて、

余計にクズ男の体のアンバランスさが浮き立ち、

さらにリズムに乗りながらギターを弾いていたら、

怖かっただろうね。

クズ男がピアノ弾いてる姿も、ピアノに妖怪がへばりついているみたいで

気持ちが悪かったし。

なぜ、過去に誰も注意しなかったんだろう。

私も結局言えなかったけど。

 

『クズ男の動き変だよ。』ではなく、

『クズ男の歌い方って、○○の○○さんみたいで素敵だね。』

と結局嘘をついた。

 

その○○バンドの○○さんは、歌い方が独特で

好みがわかれる。

私は嫌いだ。

その人を好きな人には申し訳ないけれど、

歌声が気持ちが悪い。

 

『ほんとに歌がうまいと思う?

 歌うまいって言われたの初めてだし、

 ○○さんに似てるってほめられたのも初めてだよ。』

とクズ男が気恥ずかしそうに言う。

 

 

え。。。。。。?

(俺、今までほめられたことしかない。)って言ってたよね?

 

(あなただけだよ!俺のことここまで非難する人!!!)

って怒ってたよね。

この嘘つきやろーーー。

やっぱりな。

人に面と向かって『あなたは嘘つきだ。』って言う人って

それを言っている人が嘘つきなんだよね。

 

あぁ、、、、、、、

むかつく。

やだな。

嘘ついてほめたのに、それを本気にされて、

『俺の歌声いいって言ってくれた人がいるんだ。

 ○○バンドの○○さんに似てるねってほめられたんだ。』等と

今後言われたら嫌だな。

やっぱり、クズ男嫌い。

嘘ばっかり。不細工ゴミ太郎、いい加減にしてくれよ。

 

 

 

 

クズ男のバンドのボーカル風の動きは、

休んでないで盛り上げろ!ということなんだろうけれど、

そのカラオケに行った時間帯はお昼。

もちろんアルコールは1滴も飲んでいない。

 

これは私だけかもしれないが、

お酒を飲み2次会で行くカラオケと

お昼から気晴らしに行くカラオケでは歌い方、対応の仕方が違う。

 

酔っ払いカラオケに行ったときは、

皆盛り上がり、ライブ会場の観客席のお客さんのような感じになるが、

昼間は皆、自分の番がくれば歌い、

待っている間は歌っていない人同士で話をしたり、

注文した料理などを飲んだり食べたりするか

歌う曲を選ぶか、とにかく夜のカラオケと違いゆったり落ち着いている。

 

昼間から『へい!へい!』とやる人は

私の周囲にはいない。

 

クズ男の友人と私の友人では対応が違くて当然だが、

どうもクズ男とは合わない。

それに、こういう行動を見ていて思うのだが、

ほんとはクズ男は友達があまりいないのではないだろうか。。。

 

クズ男の行動は、社会人3年~5年目くらいの行動に見える。

まだ学生気分が抜けず、大人の付き合い方を理解しきれていない

学生から社会人に変わる微妙な時期の人間がする行動を

クズ男がよくするのだ。

 

学生対応から社会人対応に、どれだけうまく切り替われるか、

それは、自分の周囲に、そういうのを教えてくれる人が

どれだけいるかにかかっているが、

クズ男の場合、そういう人がいないように思えてならない。

 

そして、クズ男は人として面白みがない。

人の楽しませ方、対応の仕方など分かっていない。

お笑い芸人じゃあるまいし、別に盛り上げ役をしろとは思わない。

男性が女性を楽しませろとも思わない。

話が苦手ならただ黙っていればいいだけだ。

だいたい、2人でいて沈黙に耐えれないというのは

人間として合わないからだ。 

相性の合う人同士なら、何時間でも黙っていられる。

私はそういう友人が何人もいる。

同じ部屋にいても、お互いが好きなことをして

休憩するときに話をし、また何かしたければそれぞれの時間に戻る。

 

 

クズ男は、話下手の自分を知られるのが嫌なのか

無理やり楽しい人間を演じる。

私が黙っていると、

『何?どうしたの?つまらない?』と言い、

歌を歌ったり踊ったり、英語の発音練習をしたり

理解不能な行動をして何か場を盛り上げようとするのだが、

クズ男が何かをすればするだけ、どんどんしらける。

 

誰にでも得意不得意、向き不向きがあるのだから、

自分が出来ないことは素直に認めて

何もしないという選択をすればいいだけだ。

 

ところが、クズ男は全てにおいて1番になろうとするから厄介で、

つまらない人間のくせに、

人を楽しませることのできる人間でいようとするから

おかしなことになる。

 

それに、20代と30代の遊び方だって変わるだろう。

20代の頃と同じ騒ぎ方を求める人はそうそういないだろうし、

私はあまり騒ぎたい人間ではないため、

『私ね、ほんとは人と話すのあまり好きじゃないんだよ。

 (話してないと死んじゃう)とか言っている人がいるから、

 会社ではやむを得ず話しているけど、

 ほんとは、きついんだよ。

 体力がないっていうのもあるけど、

 そもそも話すのが好きじゃない。

 

 会社では話好きのすごくうるさい人みたいになってるけど、

 ほんとはあれやめたいんだよ。 

 他の人の仕事の邪魔になってるし、

 普通、会社って私語厳禁じゃない。。。

 でも、P部署で話さず黙ってる人が

 (あの人は会話に入ってこない)、

 (周囲とコミュニケーションをとろうとしてない。)

 と悪口を言われてるのを聞くと、世間話、せざるを得ないと思うんだよ。

 ほんとは面倒に感じるし、

 会社なのに世間話しないとダメなの?って疑問を感じながらも

 話はするけど、あれはあくまでも会社だからだよ。

 上司、先輩、同僚接待してるだけ。

 これって、私だけじゃなく、社会人なら

 部下、後輩、同僚接待とか、皆してるから私だけしたくないなんて

 わがままも言ってられないしね。。。

 

 でもほんとはね、黙ってたいの。

 休みの日くらい黙ってたい。

 そうでなくても週に1度外出するのきついのに、

 無理やり外出したうえに、会社でするのと同じように

 テンション上げて盛り上げて話ししないとダメなんて

 体的に無理。

 もし、黙ってるのがダメって言うなら、外出するのほんとにやめたい。』

と何度もクズ男に言い、頼むから大人しくしてくれーーーと

アピールしていた。

 

クズ男は、話をする度に、

『そうだったんだ。別に話さず黙ってて大丈夫だよ。』と言う。

それも、(今日、初めてその話を聞きました)という顔をして、

初見対応をする。

 

あのーーー、この話、もう〇度目ね。

お前は、ほんっとーーーに記憶力がないな。

頼む!何度も同じこと言わせないでくれと

毎度毎度イライラしていた。

 

昼間から行ったカラオケで、

『おらーーー!盛り上がれーーー!!!』というのも

ほんとにやめてほしかった。

2人しかいない。

1人が歌えば、1人が観客になり、

『うえぃ!うぇい!!』みたいに盛り上げ役をやれってことか????

しらふで?

酔っぱらってないのに?

なんで??????

 

しかも、

『あぁ、疲れた――――。

 もう無理。。。』と言い、今にも倒れそうになっている私に

なぜ、『盛り上がっていきましょーーーー!!!』等と

見当外れな対応が出来るのか。。。

 

人の顔を見れば、何を考えているか分かると言うわりに

全く分かっていないクズ男。

ただ、ほんとに分かってしまえば、

誰にも声をかけることが出来なくなるだろうな。。。。

 

あの引きつった顔、ゆがんだ表情などの本音を知れば、

話しかけるのは無理だろう。

それに、外出するのも無理だろう。。。

 

 だから、『クズ男は人の表情を見て正確にその人の考えていることを

見抜く力はないよ。』等と言えなかった。

 

どんなに嫌いな人間にでも、

そこまで追い詰めることを直接言うことが結局出来ない。

クズ男は平気で言うけどね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする